IQOS Marlboro Heat Sticks Mint を吸ってみた

IQOS Marlboro Heat Sticks Mint

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 メンソールに対して「ミント」と謳う電子タバコは「アイコス」の専用シガレット。

 「マールボロ・ヒートスティック・ミント」を吸ってみた。

 フィリップモリスが満を持してリリースし、度重なる延期を乗り越えた2016年の4月に全国拡販となり話題を呼んでいる電子タバコは「アイコス」という製品で使用する専用シガレットの「ヒートスティック」という製品。アイコスと併せて発売された四種類のヒートスティックの内の一つで、こちらは「ミント」と名に冠している銘柄なのです。

 ちなみに、アイコス本体の紹介や開封の様子なんかは「IQOS アイコスを買ってみた」にて触れているので、気になる方は読んでみて下さい。

IQOS Marlboro Heat Sticks Mint IQOS Marlboro Heat Sticks Mint

 ぱっと見は「恐らくメンソールかな」といった印象を与えそうなカラーリングのパッケージとなっていますね。四種類のバリエーションで構成されるヒートスティックには、メンソール製品らしく「メンソール」という名の製品もラインナップされている手前で、この「ミント」という名の製品は少し得体の知れない様相を漂わせていたりするでしょう。実施のところは「ミント」も「メンソール製品」であり、強烈なメンソール感が特徴となっている「メンソール」に対してメンソール感を抑えたバリエーションとなっているそうです。

 ちょっと、ややこしいですね。

 ただ、一見は「レギュラー」に対して単なるライトバリエーションのように見えた「バランスド・レギュラー」が、実際のところはライトバリエーションと言うよりも「味や香りに差異を持たせた製品」であったことを鑑みれば、このミントにも何らかのミスリード要素が含まれていそうな予感ではあります。

 詰まるところ、単なる「ヒートスティック・メンソールのメンソールが弱いバージョン」ではなさそう。

IQOS Marlboro Heat Sticks Mint 多くのシガレットボックスと同じくフリップトップボックスを採用しながら、中々に小振りな印象のパッケージとなっています。ヒートスティックを楽しむに必須な「チャージャー」は、ライターと比べれば決してコンパクトとは言い難いため、このパッケージの小振りさは嬉しいところではないでしょうか。

 ざっくりと感覚で言えば、ストライドとかみたいなガムのパッケージと似たようなサイズ感なのです。

IQOS Marlboro Heat Sticks Mint 中包装紙は10本ずつの個包装で、他のヒートスティック銘柄と共通の包装形態となっています。このミントもメンソール製品ということで、開封後の劣化が分かりやすいメンソールフレーバーとの相性は中々に良好なのではないでしょうか。もしかすると型崩れ防止策なのかも知れませんが、決して無意味な仕様ではないはずです。

 私は煙草の消費量も多い方ではないので、一般的なシガレットでも採用してほしかったりする仕様だったりします。

IQOS Marlboro Heat Sticks MintIQOS Marlboro Heat Sticks Mint

 実際のところは「ブランド借用」のような実態で「マールボロ」と冠しているヒートスティック銘柄ですが、しっかりと外観だけはマールボロらしさを踏襲しているようです。シガレットのフィルターチップにもマールボロらしいデザインが施されています。

 そんな特殊規格のシガレットは一般的な太さのシガレットと比べると少し細身で、感覚的にはスリムサイズに近いシガレットなのですが、長さが非常に短いために「細い」といった印象は全く受けませんね。

 これが転がっている様は、何とも「吸い殻」っぽい感じだったり。

IQOS Marlboro Heat Sticks Mint このアイコス用のヒートスティックも、巻紙に巻かれている葉は正真正銘の煙草葉となっています。しかし、カッティングが一般的な煙草製品とは異なり特殊なものとなっているのです。それは一般的な「刻み」に対して、一枚の葉を折りたたむようにして「詰め込まれている」と言ったような感じかな。

 加熱ブレードを刺す手前、刻みでは都合が悪いのかも知れませんね。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、清涼感に傾倒しないメンソールの役割がヒートスティックメンソールとは異なり印象的な仕上がりのメンソール製品となっているのです。

 まず、シガレットの香りなのですが、包装を取り除いた時点で強烈にメンソールの香りが解き放たれるヒートスティック・メンソールとは打って変わって、このヒートスティック・ミントは比べて穏やかとなっています。しかし、穏やかと言えど、それは比べての話です。それなりに不足も無くメンソールの香りではあります。

 その香りも、香りとしてはヒートスティック・メンソールと同じキャラクターであり、グリーンミントガムとかキシリトールガムを思わせる香りなのですが、スーッとする刺激的な清涼感はグッと抑えられているためフルーティーな甘さが際立つ香りとなっているのです。こちらの方が、よりガムみたいな香りとなっていますね。

 また、シガレットの巻きからはバニラのような甘い香りが感じられる点もヒートスティック・メンソールに同じくですが、フルーティー感に紛れるように少し際立ちは弱め。

 喫味の方は、やはりと言うのか何と言うのか、やっぱりバランスド・レギュラーに寄り添ったような喫味となっていました。

 メンソール製品ということですが、そのメンソールのテイストは非常に穏やかなものとなっていて、ヒートスティック・メンソールと比べてもスースーする清涼感は非常に抑えられていているのです。同時に、そのヒートスティック・メンソールでは強めに感じられたメンソールらしい苦味や青臭さも抑えられていて、相反するようにフルーティー感の突出がしています。

 このフルーティー感が中々にバランスド・レギュラーのソレと似通っていて、ベースがバランスド・レギュラーを踏襲しているものではないのかと察する仕上がりなのです。そのフルーティー感に少しのメンソールらしい青臭さや苦味がアクセントとして輪郭を形成しているような感じでしょう。スースー感をメンソールに求めて選ぶには少し趣や志向性に異なりを感じる仕上がりですが、その名の通りにメンソールと言うよりも「ミント感」を求めるのであれば、このフルーティ感とのコンビネーションが抜群なメンソール感は最良に思えるはず。

 また、四種類のヒートスティック銘柄の中では、最もアイコスらしい「煙草感」が控え目となっているようにも思えますね。

 あの、モナカ感。

 清涼感は穏やかながら確かに感じられる苦味と青臭さといったメンソールテイストと、バランスド・レギュラー譲りな中々に際立つフルーティー感のコンビネーションにより、ほっこりなアイコスらしい喫味は少し消え失せ気味なのです。

 一服後の余韻も、ミントらしい爽やかさに程好い苦味とフルーティーな風味が強く残ります。

 総じて、メンソール製品ということでヒートスティック・メンソールと近親感を漂わせておきながら、その実はノンメンソールラインナップであるバランスド・レギュラーと近い味わいに思える仕上がりとなっているのです。ヒートスティック・メンソールのメンソールが穏やかなバリエーションと言うよりは、ヒートスティック・バランスド・レギュラーのメンソールバリエーションと言った方が適切な感じでしょうね。ヒートスティック銘柄の中では、最も癖のある銘柄かも知れません。

 そして、ヒートスティック銘柄の中では最も煙草っぽくない、むしろミント系ガムっぽい味わいなのでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar—mg Nicotine—mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「PM Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る