Marlboro W-Burst Amber 5 Box を吸ってみた

Marlboro W-Burst Amber 5 Box

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 ダブルカプセルの元祖はダブルバーストに加えられたカプセル差分の一つ。

  「マールボロ・ダブル・バースト・・アンバー・5・ボックス」を吸ってみた。

 発売より今まで、タールバリエーションの展開も無く単品でシリーズが構成されていたダブルバーストに加えられた二種類の内の一つです。相変わらずタールバリエーションは無くTar5mgのみの展開ですが、ようやくファミリーに格上げといったかたちとなっていますね。

 また「清涼ミント×メンソール」を謳う元祖ダブルバーストに対して、このアンバーと銘打つ新手は「完熟フルーティー×メンソール」と謳っているようです。パッケージの差し色からすると、緑色のカプセルはダブルバーストシリーズで共有のカプセルであると思われますので、このアンバーの個性は「完熟フルーティー」と謳うオレンジ色のカプセルに集約されていそうな感じなのかな。

Marlboro W-Burst Amber 5 Box Marlboro W-Burst Amber 5 Box

 パッケージデザインはダブルバーストに準拠したものとなっていますが、完熟フルーティーというキャラクター性からか、カラーリングは先に同社より発売されたラークのトロピカルアイスという銘柄と似たようなものとなっていますね。私的には、やや一抹の不安を感じさせてくれるカラーリングなのです。

Marlboro W-Burst Amber 5 Box Marlboro_W-Burst_Amber_5_Box_05c

 パッケージ背面では、ビニール包装のプリントにてキャンペーンの告知と製品特性の宣伝がされていました。その内容の通り、ダブルバーストというシリーズは世界で初めてカプセルを二つ搭載したシガレットなのだとか。

 ちなみに、パッケージ本体ではデザインも兼ねるように二つのカプセルについて軽く触れられています。このアンバーのキャラクターを決めている「アンバーボール」というカプセルと、ダブルバースト銘柄で共有している「フレッシュボール」というカプセルが搭載されているようですね。

Marlboro W-Burst Amber 5 Box Marlboro W-Burst Amber 5 Box

 インサーターでの製品宣伝もされていました。そのインサーターでは「ダブルバーストシリーズ新登場」と謳われていますが、何だかダブルバーストという銘柄そのものが新登場したようなニュアンスとなっていますね。無印のダブルバーストは、長らく一人ぼっちで頑張ってきたというのに。

 広告のためかインナーカットもマールボロにしては珍しい形状となっていますが、これは限定的なものかも知れません。

Marlboro W-Burst Amber 5 Box フィルターチップのデザインも新調したダブルバーストに準拠するものとなっています。小さめの空気穴が1列で配され、口元側にはアンバーボールで巻き側にはフレッシュボールという配置なのです。

 何だか、やや殺風景な印象かも知れません。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、詰まるところラークのトロピカルアイスと似通ったフレーバーが特徴的な味わいとなっています。

 まずはシガレットの香りですが、これは非常にPMらしいメンソールシガレットの香りとなっています。甘い香りが強烈であり、ラークのアイスミントを思わせる香りなのです。

 喫味の方は、まずはノンカプセルで喫してみると、これは他のダブルバースト銘柄と変わりは感じない味わいとなっています。先のシガレットの香りほど甘さは感じず、適度に落ち着いた甘い香りとメンソールシガレットらしい青臭さと苦味がバランスの良い、何とも喫しやすい味わいなのです。

 ダブルバースト銘柄に共通して言えることですが、別にダブルバーストしなくても十分に優秀な味わいは中々に好印象ではないでしょうか。適度にスイートなミント感を堪能することが出来ますよ。

 次に、フレッシュボールなる緑色のカプセルを潰して喫してみますが、こちらも他のダブルバースト銘柄と変わりは感じない味わいですね。やはりヒリヒリとする強烈な刺激の清涼感が付加されて、それによりノンカプセルで楽しむ時のフワリとした甘い香りなどがマスキングされる感じとなります。これは苦味と刺激に傾倒したメンソール感であり、かなりマッシブな印象の味わいに様変わりです。

 このフレッシュボールは、往年のメンソールカプセルといったところでしょうか。

 お次はアンバーボールなるオレンジ色のカプセルを潰して喫してみますが、こちらは中々に独特の香りが付加されますね。完熟フルーティーと謳うに納得な、フルーツミックスジュースのような香りなのです。ざっくりと言ってしまえば、先にラークからリリースされたトロピカルアイスと同じようなフレーバーですかね。

 また、このアンバーボールに関しては他のダブルバースト銘柄のパープルボールやボールとは異なり、スースーする冷涼感は控え目となっています。この点は、やはり完熟フルーティー感を演出するためなのでしょう。

 心なしか、ラークのトロピカルアイスよりも癖は無いように思える点は好印象かな。

 そして、本命であるダブルカプセルにて喫してみますが、やはりフレッシュボールによるヒリヒリ感がアンバーボールの香りを少し相殺して呈される構図となります。他のダブルバースト銘柄と同様の構図ですね。

 ただし、このアンバーではフレッシュボールの存在感が比べて大きいように思えたりもします。もとよりアンバーボールは清涼感が控え目であることが、このバランス感に影響していそうな感じなのです。

 総じて、ラークのトロピカルアイスのようなフルーティー感が好みなら、このアンバーのフルーツミックスジュースのような味わいも気に入るのかと。そのトロピカルアイスより清涼感の存在感も大きいため、あれでは刺激が足りないという方には打って付け。

 私的には喫煙後に少し気持ち悪くなるようなフレーバーでもあるため、やはりPMのオレンジ色で表現されるカプセルには苦手意識が高まってしまいました。

 このアンバーは強めの清涼感がフレーバーを適度にマスキングしてはいますが、それで良い塩梅かも知れませんね。

 う~ん。ダブルバーストへ新たに加わったアンバーとパープルですが、どちらも強烈な印象のフレーバーながら、やや既知感を覚えるために新鮮味には欠くのかも。特にアンバーでは、パープルと異なり「ここが少し違う」みたいなキャラ立ちも弱いように思えますし。たまにの一服なら大いに良いのですが、どうも苦手なのですよね、この系統のフレーバーは。

 やはり、フレーバーカプセル系は外国産より国産の方が親しみやすいと思えるのでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar5mg Nicotine0.4mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「PM Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る