Marlboro W-Burst Purple 5 Box を吸ってみた

Marlboro W-Burst Purple 5 Box

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 カプセル二刀流の元祖であるダブルバーストに加えられた二種類の内の一つ。

  「マールボロ・ダブル・バースト・パープル・5・ボックス」を吸ってみた。

 長らく単品でシリーズ構成されていたダブルバーストに加えられた二種類の内の一つです。ようやくファミリーになったわけですが、相変わらずタールバリエーションは無くTar5mgのみのラインナップとなっています。

 ちなみに、このパープルと銘打つ煙草は「さわやかフルーティー×メンソール」と謳っていますね。何となしにパッケージから予想してみると、カプセルはラークのアイスミントで使われている甘いミントのカプセルと、メビウスのオプションを意識したようなカプセルを使っていそうですね。

 となればですよ。パッケージにてパープルカラーで表現されているフレーバーは、同社にとっては新作のカプセルである可能性が高そうなのです。

Marlboro W-Burst Purple 5 Box このカラーリングは、どう考えてもメビウスのオプションを先にイメージしてしまうカラーリングなのです。やはり、あの煙草の印象は強烈でしたから、直近ではインパクトに勝る煙草も少ないのではないでしょうか。

 詰まるところ、やや既視感があるのです。

Marlboro W-Burst Purple 5 Box Marlboro W-Burst Purple 5 Box

 同時にリリースされたアンバーと同じく、パッケージ背面はビニール包装にて製品即製の紹介とキャンペーンの宣伝となっていました。ビニール包装を取り除けばパッケージ本体の簡単なカプセルの解説も参考にすることが出来ます。

 そのカプセルの解説によると、やはり「フレッシュボール」と銘打つカプセルはダブルバーストシリーズで共通のものとなっているようです。このパープルでは、その名の通りに「パープルボール」と銘打つカプセルがキモとなっているのでしょう。
 
Marlboro W-Burst Purple 5 Box Marlboro W-Burst Purple 5 Box

 インサーターでは特報と題してダブルバーストシリーズが新登場した旨がPRされています。長らく一人ぼっちで構成されていたシリーズなだけに、ようやくといった感じではありますよね。

 また、インナーカットも広告のためか少し変わった形状となっていましたが、これは初回広告のための限定的な形状かも知れません。

Marlboro W-Burst Purple 5 Box フィルターチップのデザインは最近のマールボロらしく非常にシンプルなものとなっています。他のダブルバーストシリーズと同様に空気穴は小さめが1列の配置で、巻き側にフレッシュボールと口元側にパープルボールという構成。

 やや安っぽく見えなくもないデザインではありますね。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、やはり二番煎じですかと思わせながら、よくよく楽しむと中々の個性が際立つ煙草となっているのです。

 シガレットの香りはラークのアイスミントと通ずる甘い香りとなっています。それほどまで量感は多くないものの、ややハーブ感のような癖のある香りが含まれているために独特な印象を覚えさせてくれる香りです。この香りって、何だか「あぁ、フィリップモリスのメンソールシガレットだなぁ」と思わせてくれる、このメーカーならではの香りだったり。

 また、火を点けずに喫しても中々に独特な味わいを楽しめます。スペアミントの爽やかな甘味が強く、いわゆる歯磨き粉みたいな風味を堪能することが出来るのです。マールボロのアイスブラストやクールのミックスなんかと比べると、かなりスイーツのような甘味も強いため、かなり個性が際立っていて好印象に。

 喫味の方は、まずノンカプセルで喫してみると、やはり意外にもアリですね。ややマールボロのメンソールシガレットらしく酸味が強いのですが、適度な清涼感とフワリと甘い香りが良い感じです。苦味や青臭さも適度に控え目なので、かなりライト&スイートなメンソールテイストを楽しめるのです。

 次に、フレッシュボールなる緑色のカプセルを潰して喫してみますが、こちらは他のダブルバーストシリーズと同じくな内容となっているようです。香りを付加するわけではなく、ヒリヒリする強烈な刺激の清涼感が付加されますね。この刺激感によりノンカプセルで喫した時のフワリと甘い香りが相殺されるため、確かにフレッシュなキャラクターにシフトするのです。

 このフレッシュボールは中々にマッシブなメンソール感を付与するので、味わいや香りよりも刺激に溢れるメンソールテイストを好む方には非常にウケが良さそう。

 お次は、この煙草の特徴であるパープルボールなるカプセルを潰して喫してみますが、こちらはフレッシュボールと打って変わり、スースーと強めの冷涼感とともに香りを付加する内容となっているようです。ざっくりと例えると、お察しの通り。これはメビウスのオプションを思わせるベリー系のフルーティーな香りなのです。

 ただし、単なる真似事には収まっていません。なぜなら、どことなく紫蘇のような爽やかさが含まれていて、中々に個性が際立っているからです。喫している時はグレープ風味のチューペットのような味わいなのですが、余韻はハーブっぽい爽やかさが含まれていて、これが良い感じに個性を立てていますね。メビウスの元祖オプションを思わせながら、しっかりと個性を感じることが出来るでしょう。

 そして、ダブルカプセルでダブルバーストしてみますが、こちらは先のメビウスの元祖オプションと大きな差は感じられない味わいに落ち着いていますね。特段に何と化学反応が起こることもなく、先の各カプセルの感想を足して2で割った味わいとなっています。

 ここで肝心なのは「割った」という表現であり、やはり元祖ダブルバーストと同じく、やや互いのカプセルが効果を相殺し合っている感じがするからなのです。フレッシュボールのヒリヒリする清涼感と、パープルボールのスースーする冷涼感が、互いに食い合っている感じ。

 総じて、まぁ、メビウスの元祖オプションが好みであれば確実に気に入る煙草のなのかと。ややソレよりも独特の癖が味わいにありますが、それが面白味に繋がっている感じなのです。最近の煙草は、特にメンソールシガレットはというと、毎度のこと結構な曲者ばかりで楽しいですね。いわゆる「たばこ」の需要が低迷している証なのかも知れません。

 ふぅ・・・。ちょっと色々と疲れる煙草なのです。

 要約すると、この煙草はチューペット。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar5mg Nicotine0.4mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「PM Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る