MEVIUS 100's Box を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻「メビウス・100's・ボックス」の喫煙感想

MEVIUS 100s Box

 マイルドセブン改めたメビウスのTar10mgは100's版。紙巻「メビウス・100's・ボックス」を吸ってみた。


 意外にも2009年の発売という、ファミリーの100'sラインナップとしては後発となる銘柄ですね。ややマイナーな「インパクト・ワン」よりも後にラインナップされているということなのです。

 とは言え、マイルドセブンの頃からラインナップされているメビウスの100'sシガレットにおける親玉的存在です。順当に考察すれば、100'sによる長いフィルターにより煙が濾過されるパートが長くなり、よりマイルドな味わいを楽しめるものなのかと思いますよね。しかしながら、実際のところはシガレットの変遷による外観上の嗜好性のようにも思えます。

 フィルターは味わいに作用する重要な要素ですが、複合的要素で成り立つ煙草の味わいはフィルターだけで決まるものでもないでしょう。ブレンダーがフィルターの長さによる喫味の差異を埋めるようにブレンドしたりもするでしょうし、取り分けバリエーションとしての100'sシガレットはユーザースタイルによるニーズのために充てられているように思えますから。

 ということで、あえて100'sシガレットの選択理由を口にするなら「100'sの方がフィルターが少し長いから気兼ねなく吸える」や「フィルターが少し長いから指で挟みやすい」などの旨が正当のように思えるのです。シガレットが長いから長時間の喫煙が出来るというのもキングサイズと比べて少しは巻きが長いために間違ってはいませんが、嗜好品においてケチな発想は如何なものかと。あくまで、この微々たる「ゆとり」が自分の喫煙ペースには合っているというのとでは、大きな違いなのです。

 もちろん、「なんとなく」も正解でしょう。

 先の通りに少しでも巻きの部分が長いことは事実ですし、他にも「フィルターが少し長いから得」という考え方もあるのでしょう。しかしながら、煙草は嗜好品であり贅沢品であるがゆえに「得」という価値観は土俵違いな気がするのですよね。

 誰もがイメージ出来るであろうほど存在も確かな「煙草を買う時にライターなどをタダで強要する喫煙者」なんて、同じ喫煙者として恥ずかしいばかりですから。


MEVIUS 100s Box



 何とも地味な仕掛けですが、メビウスへのリニューアルを機に開閉する際にクリック感を演出する「CLICK LOCK」を搭載しています。チップデザインはマイルドセブンの頃と変わらずの細かい空気穴が1列のチャコールフィルター仕様となっていますね。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、キングサイズのメビウスと比べて喫味に分かりやすい差異があるかというと、あまり無いような気がします。フィルターが長いこともあり、心なしかマイルドテイストに拍車が掛けられている気もしますね。しかし、Tar10mgという豊富な煙量ということもあり、その点の差も特には感じられないような気がするのです。

 価値観や吸い方、その人の癖や個性でチョイスすればよいのかなと。

 それにしても、メビウスって不思議な煙草ですよね。メビウスは売りにしている「スムース」という文句と併せて、普及率という多数決で「普通」といった特徴で認知されているのと思います。しかしながら、このウェットな質感と薄ら甘い感じは、他には無い何とも言えない個性のように思えるのですよ。

 甘味・辛味・苦味、何が突出しているわけでもないのに、確実にコレでしかない喫味。何より、どんなにスパスパと吸っても崩れる気配がない喫味。

 フィルターの長さも手伝ってか、微々たる差ではありますがメビウスの個性を最も感じやすい煙草なのだと思います。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar10mg Nicotine0.8mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る