MEVIUS 100’s Box を吸ってみた

MEVIUS 100s BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

マイルドセブン改めメビウスのTar10mgは100’sバリエーション。

「メビウス・100’s・ボックス」を吸ってみた。

意外にも、インパクト・ワンなんかよりも遅い2009年の発売というファミリーの中でも後発に当たる銘柄ですが、マイルドセブンの頃からラインナップされているメビウスの100’sサイズ。

100’sで長いから「お得」だと思い込んで100’sを好んで選択する方も多いと思いますが、シガレットサイズの変遷からも窺えるように長い分はフィルター部分であるという解釈が正しいと思われますので、やや誤解であるような気がします。

正しくは、フィルターが長いということは「より濾過される」ということだったり、シガレットの変遷による外観上の嗜好性だったり、もしくはタール数値は同じでも喫味が軽快になったりといった効果を期待する方が良いのではと。

まぁ、ブレンダーがフィルターの長さ分の喫味の差異を埋めるブレンドにしていたりもするでしょうし、味わいに関してはフィルターよりもブレンダーの意向に依るのでしょうけれど。

ということで、もし100’sの選択理由を口に出すなら「100’sの方がフィルターが少し長いから気兼ねなく吸えるんだよね」とか「フィルターが少し長いから指で挟みやすい」などの旨を伝える方が正解のように思えるのです。

もちろん、「なんとなく」も正解。

まぁ、それでも巻きの部分が長いことは事実ですし、他にも「フィルターが少し長いから得」という考え方もあるのでしょうが、煙草は嗜好品であり贅沢品であるが故に「得」という価値観は土俵違いな気がするのですよね。

MEVIUS 100s Box MEVIUS 100s Box

何とも地味な仕掛けですが、メビウスへのリニューアルを機に開閉する際にクリック感を演出する「CLICK LOCK」を搭載し、チップデザインはマイルドセブンの頃と変わらずの細かい空気穴が1列のチャコールフィルター仕様。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、キングサイズのメビウスと比べて喫味に分かりやすい差異があるかというと、あまり無いような気がします。

フィルターが長いこともあり、心なしかマイルドテイストに拍車が掛けられている気もしますが、Tar10mgという豊富な煙量ということもあり、その点の差も特には感じられないような気の方が大きいかな。

価値観や吸い方、その人の癖や個性でチョイスすればよいのかなと。

にしても、まぁ、メビウスって不思議な煙草ですよね。

メビウスはウリにしている「スムース」という文句と併せて、普及率という多数決で「普通」といった特徴で認知されているのですが、このウェットな質感と薄ら甘い感じは、他には無い何とも言えない個性のように思えます。

甘味・辛味・苦味、何が突出しているわけでもないのに、確実にコレでしかない喫味。

何より、どんなにスパスパと吸っても崩れる気配がない喫味。

フィルターの長さも手伝ってか、微々たる差ではありますがメビウスの個性を最も感じやすい煙草なのだと思います。


Tar10mg Nicotine0.8mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る