MEVIUS Mode 6 100’s Box を吸ってみた

MEVIUS Mode 6 100s Box Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

JTにおける「低臭気仕様」の金字塔でもある煙草の新ラインナップは100’sバージョン。

「メビウス・モード・6・100’s・ボックス」を吸ってみた。

今や「モード」と冠するのみとなり、あまり低臭気という仕様をアピールしなくなったメビウスの低臭気シリーズで、いわゆる旧来の言い方なら「D-spec」というシリーズですね。

ちなみに、そんな「D-spec」という名称は既に廃されていて、新たに国外で同義として使用されていた「LSS」という名称へ名を改められています。

その「LSS」というのは「Less Smoke Smell」の頭字語らしいのですが、以前の「D-spec」よりは明らかにユーザーに伝わりやすい名称かな。

で、この煙草は、そんなモードシリーズへ新たに加えられた100’sシガレットバージョンのTar6mgとなっています。

何となくですが、今回のラインナップ追加によりモードシリーズは100’sシガレットの目立つ構成となり、既存のモード・ワンは元より100’sシガレットなので問題は無いとして、キングサイズのモード・6は孤立感が寂しい印象のポジションへ追いやられている様は否めませんね。

MEVIUS Mode 6 100s Box MEVIUS Mode 6 100s Box

MEVIUS Mode 6 100s Box ちなみに、同じメビウスでも、このモードシリーズにはクリックロックは搭載されていません。

メビウスへのリニューアルを機に、高級感を演出する一環で搭載されているクリックロックが無いとは、何だか不憫に思える気がしないでも。

また、インサーターでは「濃厚」という点をプッシュしていて、今までのウリであった「低臭気」という点に関しては、まさかの「隠れた魅力」という扱いとなっている不憫な感じ。

MEVIUS Mode 6 100s Box 100’sシガレットということで長くはなっていますが、フィルターチップのデザインは既にラインナップされているキングサイズのモード・6と共通なのです。

チャコールフィルターが使用されていて、空気穴は少し大きめのものが広い間隔で2列という配置。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、色んな意味でメビウスのパワーアップ版のような感じの煙草。

まず、シガレットの香りは、どことなく「瓜」というか「チューペット」のような甘さを含む香りのような気もしますが、そこまで特別に何と言うようなこともない甘い香り。

通常のメビウスとは異なり、明らかに種の異なる「甘さ」を強く感じる香りとなっています。

と言うか、この香り、何となくセブンスターっぽい。

喫味の方も、質感こそメビウスのソレであり非常にスムースな吸い心地ではあるのですが、香りが明らかに違うために味わいには中々の差異を感じるものとなっていますね。

JTの低臭気銘柄らしい独特の甘味が目立ち、やや不自然な印象の人工感ながら中々に香ばしさの強い味わいとなっているため、なるほど「濃厚」といった仕上がりなのです。

いや、スムースな吸い心地は相変わらずなので、この様は「濃厚」と言うよりも「芳醇」と言った方が良いかな。

ただ、先の通りに質感もメビウスらしくスムースとは言うものの、どことなくメビウスらしいウェットな質感は少しだけ鳴りを潜め、ややドライな傾向に振られている気もします。

これは、強い香りゆえに「濃さ」を喫味に感じるからでしょうか。

量感そのままに香りを強めて充足感を増しているような喫味に、キツさというドライ感を感じるような、そんな感じ。

吸い心地こそメビウスらしさ溢れるものである一方で、猛烈に甘さをプッシュした華やかな味わいには、メビウスと似て非なる印象を持ちますね。

何となく、あちらがスタンダードで、こちらが上位互換のように思えてしまうのです。

通常のメビウスと比べて味わいは濃いものの、喫煙後の後味はメビウスらしく軽めに残るアッサリとしたものである点も好印象で、嫌に味が残ると言うよりは程好く香りが残る感じかな。

ちなみに、低臭気銘柄と言うことで気になる「紫煙」の感じですが、香りは味わいと通ずる甘い香りであるものの、量そのものは普通と言ったところ。

紫煙の量を減らしたようなタイプではなく、香りを改めて「低臭気」と謳っているような感じとなっています。

総じて、通常のメビウスのTar6mgと比べて「甘い香気が段違いに強い」ために、メーカーが「濃厚」と謳う通りに吸い応えは非常に高めとなっています。

それなのに、量感はスーパーライトらしさ据え置きといった仕上がりなので、軽快さとリッチテイストを同時に楽しめる、何とも現代志向な煙草と言ったところ。

味わいが濃くなっている分だけメビウスらしい軽快さには少しだけ欠いていますが、スムースな吸い心地は相変わらずとなっているため、とびっきりに甘い味わいをライトに楽しみたい方は、とってもマッチするのではないでしょうか。

味わいとしては、私感としてメビウスと言うよりも「セブンスター」に通ずるものを感じる次第で、どことなく、そう、モサッとしているのです。

昔と変わり「セブンスター好き」となった今の私には、中々に好印象な煙草なのでした。


Tar6mg Nicotine0.6mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る