MEVIUS Option Rich Plus 6 を吸ってみた

MEVIUS Option Rich Plus 6Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

ノンメンソール&フレーバーカプセルの新ジャンルとして登場したシリーズはTar6mg版。

「メビウス・オプション・リッチプラス・6」を吸ってみた。

フレーバーカプセルブームの火付け役ともなったメビウスのオプションシリーズより、新たに「リッチプラス」と冠するノンメンソールでフレーバーカプセル搭載という新ジャンルが発売されました。

近年で勢いよく数を増やしたフレーバーカプセル系のシガレットは軒並みメンソールシガレットであった中で、ようやくと言わんばかりに「ノンメンソール&フレーバーカプセル」のコンビネーションが登場したのです。

ちなみに、このシリーズのカプセルフレーバーは「キャラメルマキアート」のようなフレーバーとなっているらしく、カプセルを潰さないとスタンダードなメビウスらしいスムース&マイルドな喫味を楽しめるという、いわゆる「切り換え系」なのだとか。

また、タールバリエーションはTa6rmgの上下にTar10mgとTar1mgがラインナップされていて、オプションシリーズながらプレミアムメンソールのラインとは異なる内容となっています。

オプションシリーズではあるものの、ノンメンソール製品ゆえに寄り添うはメンソールラインナップではなくノンメンソールのラインナップということですね。

MEVIUS Option Rich Plus 6 MEVIUS Option Rich Plus 6

MEVIUS Option Rich Plus 6パッケージデザインはメビウスのスーパーライトを踏襲したものとなっています。

何気に「ライト」などの表現を用いていないために言い訳が無く、スッキリとしたパッケージとなっていますが、カプセルを模したデザインが目印。

MEVIUS Option Rich Plus 6 MEVIUS Option Rich Plus 6

発売から間もなくということで、製品特性を謳うインサーターが仕込まれていました。

また、インナーカットや中包装紙はメビウスらしからぬゴールドカラーとなっていて、リッチと謳いながらクリックロックは搭載されていません。

MEVIUS Option Rich Plus 6リッチとは謳うものの比較的シンプルな印象のフィルターチップは、メビウスのキャラクターや客層の意を汲んでいそうな感じで好印象。

仕様としてはカプセルは極口元側に配され、空気穴は1列のチャコールフィルターとなっています。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、何とも上品にフレーバーをミックスした味わいの煙草となっています。

シガレットの香りは何だか「開封後しばらく」なメビウスの香りとなっていて、メビウス独特の甘さは控え目な印象ですが、フレーバー感も特に感じられないためフレーバーはカプセルのみに依存している様子。

ちなみに、喫味の方はカプセルを潰さないと至ってメビウスらしいスムーステイストとなっているのですが、やはりスタンダードなメビウスのスーパーライトと比べると少し甘さと香りが薄いような気もして、何となく淡白傾向な感じがしますね。

従来品より、さらにスムース&マイルドな味わいへと拍車が掛けられているような気もします。

とはいえ、謳い文句の通りにカプセルを潰さないと非常にスムースな吸い心地にて一服を堪能することが出来るため、決して悪くはありません。

カプセル補正というのか、せっかくカプセルが搭載されているのだから早くカプセルを潰したくてウズウズしてしまうのかも知れませんね。

そして、カプセルを潰して喫する喫味の方は、ほんのりとキャラメルやメープルシロップの香ばしさを思わせるスイーツチックな風味がオプションシリーズらしく豊かな量感にてミックスされた味わいとなるのです。

甘さも際立ち、まるで「焦がし」のような輪郭もありと、謳い文句にも納得な中々のリッチ感。

Tar6mgによる適度に豊かな煙量ということもあってか、Tar1mgと比べると「純粋なキャラメル感」という見方では劣る印象かも知れませんが、かなり確かなキャラメル感。

これには中間バリエーションらしさが如実に現れているといった印象で、メビウスらしい甘味とボワッとした煙の広がり方にリッチプラスのキャラメルのようなフレーバーが輪郭と華やかさを添え、それらがバランス良く感じられる仕上がりに思えるのです。

Tar1mgのようにベースの味わいとキャラメルのようなフレーバーが「分離」している感じも無いため、比べればフレーバーのキャラクターは分かりにくさを含んでいるのかな。

良く言えば「フレーバーもベースの内」と言ったような、非常に一体感のある喫味。

というか、キャラメル感と言うよりも「メープル系リトルシガー」のようなフレーバーとなっているようにも思えますね。

質感は至ってメビウスらしいジャパニーズシガレットの王道といった仕上がりなのですが、香りや風味はメープルフレーバーのリトルシガーのようで、そこにチョコレート系シガーのビターテイストも少し含んでいるような味わいは確かにシガレットにはないシガー風なリッチ感。

紫煙の香りには特殊な要素が感じられない点も、メビウスの需要を鑑みると良い感じ。

総じて、今までの「あからさまで分かりやすすぎる」といったフレーバー傾向だったオプションシリーズとは一線を画する仕上がりで、上品にベースの味わいと共存するフレーバー感が印象的な煙草となっているのです。

加香モノは嫌いではないけれどフレーバーがメインになるようなバランス感には苦手意識を覚える方で、煙草とスイーツが好きな方には非常にマッチする味わいです。

カプセルを潰して火を点けずに喫するとチョコレート系のドライシガーのような風味を堪能することも出来ますし、リトルシガーやドライシガーといった手軽なシガー製品の入門前に楽しんでみるのも良いことかと。

何とも、JTの発想力と実現力が衰えていない様を体感する、良い煙草なのでした。


Tar6mg Nicotine0.5mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る