MEVIUS Option Rich Plus One 100’s を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻「メビウス・オプション・リッチプラス・ワン・100’s」の喫煙感想

MEVIUS Option Rich Plus One 100's


 ノンフレーバーでカプセル入りという新ジャンルなシリーズのTar1mg。紙巻「メビウス・オプション・リッチプラス・ワン・100’s」を吸ってみた。


 ここ近年で著しい伸長に魅せた「カプセル入りフィルター」という仕様は、もはや市民権を得るに至っていますね。その内容はメンソールを強化することから始まり、次にはフレーバーを付け加えたりメンソールのオンオフを切り換えたり、挙げ句はカプセルが二つで二刀流のようにバリエーションを増やしました。兎にも角にも、実に様々な用途やキャラクター性にて「カプセル入りフィルター」を搭載した銘柄がリリースされましたが、これらは漏れなくして「メンソールシガレット」の範疇であったわけですね。

 ということで、この一連のカプセルブームを巻き起こす発端ともなったであろうメビウスは「オプション」というシリーズより、今度は新たに「メンソールじゃないカプセル系シガレット」がリリースされたのです。それはカプセルを潰さなければスムースなメビウステイストで、カプセルを潰すと「キャラメルマキアート」のような香りをプラスするという特性の「オプション・リッチプラス」なるシリーズです。

 ちなみに、カプセル搭載のメビウス銘柄ということで「オプションシリーズ」とはなっていますが、あくまでメンソールとは関係が無いのために「プレミアム・メンソール」ではありません。タールバリエーションは他のオプションシリーズと同じくTar1mgの他にもTar5mgとTar8mgが同時にリリースされていますが、やはりTar1mgだけは100’sシガレットとなっているのです。



MEVIUS Option Rich Plus One 100's


 パッケージはメビウスのTar1mgらしくホワイトカラーがベースとなっていますが、純白ではなく淡いクリームのようなホワイトカラーとなっています。スタンダードなメビウス・ワンとは異なり、リッチと冠する銘柄らしい上品さと落ち着きがある感じではないでしょうか。

 また、パッケージ背面のビニールプリントでは「カプセルをつぶすと、ほのかに香ばしく、なめらかな味わいへ。」とカプセルキャラクターについての簡単な説明が記載されているのです。



MEVIUS Option Rich Plus One 100's


 インサーターでは何処ぞのコンピューター機器やアプリケーションのように「RICH+に、ようこそ。」と、製品特性について語られた文言が記載されていました。近年でカプセル入りの銘柄は数を大きく増やしましたが、そのカプセルを「ゆったり」といったキャラクターのために用いるというのは、このシリーズが初めてではないでしょうか。

 また、インナーカットや中包装紙はメビウスにしては非常に珍しいゴールドカラーとなっていて、やはり派生シリーズだからなのかクリックロックは搭載されていませんでした。

MEVIUS Option Rich Plus One 100's


 メビウスらしく白色のフィルターチップながら、リッチプラスらしく要所のデザインはメビウスでは珍しい暖色系のものとなっていますね。このTar1mgはフィルターの長い100’sということもあって、やや余白感が印象に残るデザインかも知れません。仕様としては極口元側にカプセルが配され、空気穴は2列のチャコールフィルター仕様です。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、リッチプラスらしいキャラクターに「Tar1mg」という軽量仕様が相まって、より御上品に磨きが掛かったようなテイストの煙草となっているのです。

 まずは、メビウスらしく「スムース」と謳われているカプセルを潰さずに喫した場合の喫味で、これは謳い文句の通りにスムースかつスタンダードにメビウスらしさを感じられる味わいとなっていますね。この時点ではリッチプラス感は全く無く、至ってノンフレーバーと言ったところでしょう。

 ただし、心なしかスタンダードなメビウス・ワンよりも香りが穏やかというか、少し寂しい印象もあります。その代わりに妙な「ほっこり感」が感じられる味わいには「メビウス・ワンって、こんな感じだったかな?」や「まぁ、こんなもんか」といった印象を覚えさせてくれますね。

 まぁ、何はともあれカプセルを潰さないことには特別に何ということも無いでしょう味わいです。

 そして、カプセルを潰して喫する喫味の方ですが、確かにソレらしい「ほんのりとキャラメルのような風味」が感じられる味わいとなっているのです。マイルドでありながら「焦がし」みたいなロースト感のあるキャラメル感で、これはキャラメルと一口に言ってもグリコの一粒でゴールインしちゃうようなキャラメルや、昔ながらの森永ミルクキャラメルとは少し異なる感じです。

 香りにて甘さを多分に発揮しながら味わいにおいては甘さ控え目で、この甘さに傾倒しすぎないバランス感にこそ確かな「キャラメルマキアートっぽさ」を感じることが出来ますね。なるほど「リッチプラス」なキャラメル感は駄菓子屋なキャラメルではなく、おしゃれカフェなキャラメル感なのです。

 ただし、空気も相応に多く含まれるTar1mgであるためか、カプセルを潰しても「あからさまなフレーバー感」はありません。ほんのりとキャラメルマキアートのような香りが付加されると言った程度に留められてはいます。オプションと冠するには少し分かりやすさに欠くカプセルの色差といった仕上がりで、今までのオプションシリーズと比べると非常に大人しい感じと言えるでしょう。

 量感に風味と、とっても御上品な味わいですね。それでも喫煙は半ばを過ぎると「メープル系リトルシガー」のような華やかな甘さの香りが輪郭を立てて際立ち始めてきます。ようやく、分かりやすく個性を楽しめるようになる感じですかね。

 ちなみに、カプセルを潰して火を点けずに喫すると「チョコレート系ドライシガー」みたいな風味がしますよ。

 総じて、あくまでメビウスらしさの範疇で「メープル系リトルシガー」と「チョコレート系ドライシガー」を半々で足して、そこに「キャラメル」のような心地の良い甘さの風味をプラスアルファしたような味わいの煙草となっています。今までのオプションシリーズと比べてカプセルのフレーバーは品のある量加減となっているため、Tar1mgという仕様と相まってオプションながら取っ付きは抜群に良いと思われます。

 また、カプセルは有りでも無しでも楽しめる「使い分け」の利く製品特性も良い感じですね。ぱっと吸いは分かりやすさも弱いために面白味に少し欠きますが、吸いなれれば吸いなれるほど深味に感じられるといった特性は、他のタールバリエーションとは真逆なキャラクターで意外と面白かったり。

 破天荒なオプションのキャラクターを覆すような特性の煙草なのでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar1mg Nicotine0.1mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る