MEVIUS Premium Menthol Option Purple 1 100's Slims を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻「メビウス・プレミアムメンソール・オプション・パープル・1・100's・スリム」の喫煙感想



 オプションシリーズに加えられたスーパースリムのTar1mg。紙巻「メビウス・プレミアムメンソール・オプション・パープル・1・100's・スリム」を吸ってみた。


 ブルーベリーのようなフレーバーの元祖オプションを始め、柑橘系のイエローや林檎のようなフレーバーのレッドと、様々な個性派カプセルメンソールシガレットをリリースしてきたオプションシリーズ。今度は原点回帰のように、元祖オプションのスーパースリムバージョンがリリースされたのです。

 ちなみに、毎度のこと親切にTar8mgとTar5mgとTar1mgの三点盛りでラインナップされてきたオプションシリーズですが、今回はTar5mgとTar1mgのみのリリースとなっています。これには何か市場動向的な理由があるのかと思いますが、よくよく考えてみるとスーパースリムシガレットは比較的タール数値の低い銘柄ばかりですよね。スーパースリムで高タールというのは、受けないこと確定なのでしょうか。

 また、今回のスーパースリムシリーズでは、先のオプション・イエローと同様に「カプセルを潰すと、喫煙後の後味がスッキリ」という製品特性も謳われているのです。しかしながら、現在のオプションシリーズは全てのラインナップに同様の特性を持たせているようなので、これだけが特別ということでもないのだとか。その特性を謳うか謳わないかの差は、しっかりと検証を実施したかどうかの程度だそうです。

 詰まるところ、全てに同等の技術を充ててはいるけれど、既に技術的には検証を行ったために各銘柄では謳いたい時にしか検証はしていない。といったようなところなのでしょう。


 
 パッケージ背面ではビニール包装にて「吐く息のたばこのニオイ、気にならない」とアピールされています。カプセルを潰して喫した場合に限り、発揮される効果のようですね。

 ちなみに、謳い方は伊達ではなく、私的には確かに効果を実感した次第なのです。喫煙直後というよりは、喫煙終了後しばらくした時に「そういえば、口の中が不快じゃない!」といった感じなのです。
 


 スーパースリムシガレットなので、一般的な太さのシガレットのボックスパッケージと比べると半分程度の厚みとなっていますね。




 インサーターではオプション系を含むプレミアムメンソールシリーズが紹介されていました。気が付けば、中々に賑やかなラインナップとなっていますね。

 また、中包装紙にはプレミアムメンソールシリーズの売りとなっている「天然メンソールを100%使用」というアピールがされていました。この箇所に日本語というのは、中々に珍しいことなのです。




 シガレットデザインは、基本的に通常の太さのオプションに準拠したものとなっています。

 仕様としては大きめの空気穴が2列で配されていて、カプセルの位置は空気穴よりも巻き側となっているのです。この配置は通常の巻きのオプションとは逆配置ですので、味わいには少なからず差異を生みそうですね。通常の巻きのオプションでは、カプセルは極口元側に配置されていましたから。

 また、カプセルの仕込み方もフィルターに織り込む通常の巻きのオプションとは異なり、フィルターをセパレート化して設けた空隙にカプセルを転がしておく「カプセル搭載キャビティーフィルター」となっています。そのため、パッケージを振るとシャカシャカと音が鳴る点も特徴的なのです。
 

[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、中々にフレーバー感の強さはオプションならではといった煙草となっているのです。

 まず、シガレットの香りなのですが、これは特にフレーバー感も無くメンソールシガレットらしい香りとなっていますね。プレミアムメンソールらしく、中々にメンソールの強い煙草であることを察する香りなのです。

 喫味の方は、カプセルを潰すと相変わらずのオプションフレーバーを楽しむことが出来ます。シリーズが登場した当初は鮮烈なインパクトを受けたものの、慣れは恐ろしいものですね。もはや安定のフレーバーといった感覚すら覚える、ブルーベリーのようなフレーバーなのです。

 特に、Tar5mgと比べると空気量が増して煙草感が減らされている分だけ、よりフレーバーが顕著に感じられるでしょう。それでいて、スーパースリムによる効果なのかボディも中々に豊かであり、強めのフレーバーやメンソールと相まって吸い応えは上々です。ハードさはTar5mgに及ばないものの、味わいの豊かさという点ではTar1mgも負けてはいない印象すら覚えますね。

 取り分け、このTar1mgでは、ふんわりとしたバニラのような甘いフレーバー感も強く感じられます。このような特性から、キリッとクリアーなブルーベリーのフレーバーであったTar5mgとは打って変わり、わりとトロッとしたフワフワブルーベリーな味わいを楽しめるのです。この特性はボディがスカスカになりがちなTar1mgの弱点を見事にフォローしているように思えたりもしますよ。

 また、お察しの通りに紫煙の香りも独特です。何と言うのか、バニラフレーバーの亜種といったような甘さに際立つ香りで、ルームノートも強烈な印象ですね。共有の個室などでは、やや目立ってしまう香りかも知れません。

 私は全く気にしないし、気にもなりませんけれどね。世の中、偏屈な喫煙者も多いようですから。

 ちなみに、喫煙後の後味も謳い文句の通り、確かに嫌なモチャクチャは少ない仕上がりとなっています。具体的には後味が失せるまでの時間が短いような印象で、後味が無いわけではないものの、いつの間にか早々に消え失せている感じなのです。

 この特性はカプセルに依存しているため、カプセルのオンオフで手軽に効果を比較することが出来ます。気になる方は試してみると良いかも知れませんね。地味ながら、中々に実感が出来る程度に効果はありといったところなのです。どんな技術なのか、非常に不思議なものですね。

 総じて、わりと質感や香りの丸さが印象的な煙草となっています。予想通りのオプションらしいブルーベリーな味わいを踏襲しつつも、どこか一癖をプラスしたような味わいは、Tar1mgながら中々に味わい甲斐がありますね。

 今更になって、このブッ飛んだ味わいが一連のフレーバーカプセルブームの発端となっているのだと思うと、何だか感慨深いものなのです。当初、この前代未聞かつ滅茶苦茶なキャラクターが、これほどまでに発展するとは、どれだけの喫煙者が想像したでしょうか。

 まだまだ、煙も楽しみ甲斐に尽きませんね。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar1mg Nicotine0.1mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る