MEVIUS Premium Menthol Option Purple 5 100's Slims を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻「メビウス・プレミアムメンソール・オプション・パープル・5・100's・スリム」の喫煙感想



 元祖オプションのスーパースリムシガレット版はTar5mg。紙巻「メビウス・プレミアムメンソール・オプション・パープル・5・100's・スリム」を吸ってみた。


 数多くリリースされている現在のカプセル入りフレーバーメンソールシガレットに大きな影響を与えたであろう、そのブームの皮切りともなったメビウスのオプションシリーズ。そのシリーズも一旦は原点回帰でしょうか、元祖オプションのスーパースリムタイプがリリースされたのです。

 ちなみに、今回のオプションは製品名に「パープル」と銘打たれていますね。当初とは異なり、今やオプションシリーズもバリエーションが増えた中では、イエローやレッドのように呼びやすくなるかと思われます。今後はレギュラー巻きのオプションも製品名を改めてくれると有り難いですね。

 また、このスーパースリムのオプションは、先に発売したイエローと同じように「喫煙後の後味が残りにくい」という特性も備えているようです。今までのオプションシリーズではイエローのみで謳われた機能ですが、それは第三者公認がイエローのみというだけなのだとか。実際のところは、全てのオプションシリーズに備えられた機能なのだそうです。




 パッケージはスタイルプラスと同じくハーフラウウンドボックスが採用されていて、100'sということで相応のサイズとなっているのです。他社ブランドで例えるのなら、ラークのセレクションシリーズと同様のパッケージ形状ですね。



 ビニール外装では、パッケージ背面にて後味すっきり特性がアピールされていました。具体的には「カプセルを潰すと、潰さずに吸った時と比べて、吸った直後の息のたばこの臭いが気になりません。」という内容となっているのです。



 インサーターでは、ノンカプセルのスタンダードなプレミアムメンソールを始め、メビウスのプレミアムメンソールシリーズが紹介されています。アクアだインパクトだと散らかっていたマイルドセブンのメンソールラインナップも、メビウスとなってからはプレミアムメンソールというシリーズとして統一感のある展開となっていますよね。気が付けば、オプションシリーズも含め非常に賑やかなものとなりました。




 極細薄型なスーパースリム仕様ということで、シガレットは画像のように詰められています。それよりも面白いことは中包装紙で、このオプションシリーズを含めプレミアムメンソールシリーズの謳い文句でもある「天然メンソールを100%使用」という文言がデザインされているのです。包装紙そのものは一般的な銀紙なのですが、この箇所に日本語でメッセージがデザインされるというのは非常に珍しいことではないでしょうか。



 チップデザインはオプションシリーズを踏襲したものとなっていますね。スーパースリムゆえに情報が密集している印象は覚えるものの、大きく印象は変わらないだろうデザインとなっているのです。

 ちなみに、仕様としては少し大きめの空気穴が施されていて、カプセルは空気穴より巻き側にセットされています。この点は、カプセルが空気穴よりも口元側にセットされているスタンダードなオプションシリーズと異なる点ですね。妃都美にも大きく作用しそうな違いに思えます。

 また、このスリムシリーズではカプセルを搭載するにあたり「カプセル搭載キャビティーフィルター」というフィルターが採用されています。よくあるフィルターにカプセルを埋め込むタイプのカプセルフィルターではなく、セパレート化したフィルターの中間に空間を設けて、その空間にカプセルを転がしておくという仕様のカプセルフィルターなのですね。

 ざっくりと言ってしまえば、リセスドフィルターのような中空をフィルターの中腹に作り、そこにカプセルを転がしておくとでもいったところでしょうか。

 先に採用したものとしては、同社のピアニッシモブランドにてリリースされたヴィヴもカプセル搭載キャビティーフィルターを採用していました。厳密には、ヴィヴはプラスアルファでメンソールスレッドも仕込んでいたために名称は異なりますが、カプセルの仕込み方は同様となっています。

 私は素人なので、これらの仕様を使い分ける真意は分かりません。しかしながら、一つ言えることは「これらカプセル搭載キャビティーフィルター銘柄は、パッケージをマラカスのように振ってみるとシャカシャカと音が鳴る」ということなのです。フィルター内に設けた空隙にカプセルを転がしておくという特性上で、カプセルが空隙の中で遊ぶためですね。

 もし、この煙草を買ってみたら、パッケージを開封する前に振ってみると良いかと思います。スーパースリムゆえにヴィヴほどの音量ではないものの、シャカシャカと音が鳴りますよ。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、キャラクターこそ元祖オプションと通いながらも、スーパースリムによるのか少しの差異が見受けられる仕上がりとなっています。

 まず、シガレットの香りなのですが、これは特にフレーバー感も無くメンソールシガレットらしい香りとなっていますね。オプションシリーズはフレーバーをカプセルに依存しているため、今まで通りの印象と違いも無くといったところでしょうか。

 そして、カプセルを潰して喫してみます。そうすると、確かに元祖オプションと同じようにブルーベリーのようなフレーバーと強めのメンソール感が楽しめる煙草となっていることが分かるでしょう。

 しかしながら、当初は破天荒なキャラクターに鮮烈な印象を覚えたものの、あれからしばらくで慣れてしまったのでしょうか。不思議と元祖オプションを喫した時のような強いインパクトは感じられません。

 何と言うのか、これはスーパースリムによる作用なのか、広がりが狭くシャープに感じられる質感は煙草らしいボディを強めている印象を覚えるのです。それと相対的に、フレーバーやメンソール感は一段落ほど落ち着いたようなバランス感に思えるのですよね。どうも慣れだけではないように思えます。

 ちなみに、紫煙の香りはオプションシリーズらしく少し甘めの香りとなっています。喫煙後の後味も、メーカーが謳う通りに嫌なモチャクチャが非常に少ないですね。飲み物が無くとも、喫煙後に口を軽く濯いだ程度にまで軽減されているように思えるのです。

 また、カプセルを潰さないで喫すると、特に何てこともないミント感のメンソールシガレットとなります。意外とミントの香りが生き生きとしていて爽やかな味わいが楽しめるものの、やはりカプセルは潰して楽しみたいところです。

 いや、カプセル無しも意外とありかな。現状ではメビウスのメンソールシガレットでスーパースリムは選択肢が無いわけですし、単にスーパースリムのメンソールシガレットとして楽しむことも良いかも知れません。

 総じて、フレーバーやメンソールといった要素は広がりの強いレギュラー巻きの方が強めに思えます。こちらは程よい塩梅に落とし込まれている印象ですね。その代わりに煙草感は少し強めとなっていますので、シャープでダイレクトな質感が好みであればスーパースリムの出番でしょう。

 私は、何気に100'sならスーパースリムという仕様が好みなので、こちらの方が気に入っていたりします。カプセルもレギュラー巻きと比べて潰しやすいと思えますからね。

 あ、そうそう。あと、この煙草は何となく火種が弱いように思えます。風が強かったりすると火種ごと落ちてしまうこともありますし、それ以前に火種の火力が弱いようにも思えるのです。これといって特段の不便はありませんが、ふとした時に「あれ?」ということが何度かありました。
 

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar5mg Nicotine0.5mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る