MEVIUS Premium Menthol Option Yellow 1 100’s を吸ってみた

MEVIUS Premium Menthol Option Yellow 1 100sInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

お口スッキリなフレーバーのメビウスはオプション・イエローのTar1mg。

「メビウス・プレミアムメンソール・オプション・イエロー・1・100’s」を吸ってみた。

ブルーベリーのようなフレーバーを武器に登場し、世の喫煙者たちに強烈な印象を与えたであろうメビウスはオプションシリーズの派生。

この派生したイエローシリーズは、イエローというネーミングから察するように、レモンのような柑橘系のフレーバーカプセルが搭載されているのです。

また、フレーバー以外にも「カプセルを潰して喫煙すると、喫煙後に口の中に嫌な感じが残りにくい」という実用的機能も有していたりします。

ちなみに、先に述べると、イエローシリーズはフレーバーこそオプションらしく強烈ですが、割りと万人に受け入れてもらえそうな製品となっていますので、ご安心を。

MEVIUS Premium Menthol Option Yellow 1 100s MEVIUS Premium Menthol Option Yellow 1 100s

バリエーションの中では唯一の100’sシガレットで、パッケージ背面にはカプセル入りフィルターであることが説明されていました。

MEVIUS Premium Menthol Option Yellow 1 100sフィルターチップのデザインは、表面積の多い100’sシガレットということもあり、情報量は多めながら比較的シンプルな印象となっているのです。

空気穴は小さめながらハッキリとしたものが1列だけ設けられています。

フレーバーカプセルは、かなり口元側に設置されていますね。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、強烈なフレーバーがウリのオプション・イエローの中では、最も穏やかな仕上がりとなっているのです。

Tar1mgとなり空気量が増えたからなのか、同シリーズの高タール版で強く印象に残った独特なフレーバーや苦味の個性は、それらと比べると非常に控え目で、わりと穏やかな優しい喫味に仕上げられているように思えます。

強い柑橘系のフレーバーと共に、キレの良い独特な苦味と辛味が目立っていた高タール版とは違い、苦味は殆ど無く、辛味も非常に控え目。

どちらかと言うと、至極メンソールシガレットらしい清涼感にフレーバーが添えられているような印象で、ほんのりと甘味があります。

ちなみに、この甘味はフワッとしていて決して濃いものではないのですが、タールバリエーションの中では空気量が最も多いことと、苦味や辛味が最も控え目ということもあり、相対的に目立っているような感じなのです。

この喫味は、フレーバーが喫味の全てを支配している印象のTar8mgやTar5mgとは全く異なる点で、比べると普遍的なバランスの良さを思わせる点でもあります。

柑橘系のフレーバーも強いと言えば強いのですが、空気量が多いTar1mgということもあり、非常に穏やか。

タールバリエーションの中では、かなり万人向けな喫味なので、もしかすると極端な面白味には欠けるかも知れません。

喫煙後の「お口スッキリ仕様」に関しても、最も空気量が多いTar1mgという仕様と相まってか、喫煙後の口腔に残る嫌な感じは全ての煙草と比べても少ないと思うのです。

また、Tar8mgとTar5mgは喫煙後にキレのある独特な苦味が後味として残りましたが、このTar1mgの後味は苦味が非常に弱く、ほんのりとした甘味が残ります。

喫味から後味まで、全体的にタールバリエーションの中では唯一に煙草らしい柔らかな甘味を感じる点が、正にTar1mgのタールバリエーションでの特徴なのです。

吸った気がしないとかいう愛煙家あらずな発言は置いておくとしてね。


Tar1mg Nicotine0.1mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る