Mongoose Artery 保安装置とスタンドを装着

Mongoose Artery Safety Devices Huh? Do it myself?

 Mongoose Arteryというクロスバイクを買ってワックワクのドッキドキな私でしたが、イマドキの自転車って必要な物が付いていないのですね。流石にブレーキは付いていますが、その他に私が今まで「付いてて当たり前」と思っていた装置が装備されていなかったのです。

 と言うことで、シブシブとワクワクが交錯しながらも必要装備を取り付けてみた記録。


▼警音器と前照灯


Mongoose Artery Safety Devices いわゆるベルとライトってやつですね。自転車には備え付けられているものだとばかり思っていたために、後付けするするなんて感覚も毛頭なく、とりあえずの適当なものを充てました。何と言うか、非常に不毛な気分ですね。モーターバイクで言うなら、それはもう「グリップが別売りでした」みたいなくらいに私の常識の外。

 ちなみに、物としてはPWTとかいうメーカーの小振りな防水ライトとキャットアイの小振りなベルを充てましたが、どちらも私にとっては大きな不満はありません。

 ただし、どちらのアイテムも人によっては小ささゆえに効果も小さいと思うかも知れないことは否めませんね。具体的に述べると、ベルはベル部の小ささに比例してか音の小ささも否めず、ライトもマーカー効果は程々ながら前照灯としては酷い暗がりにおいて不足が目立つだろう品物なのです。私の用途では街路灯の無い道を通ることも無いのですが、ライトに関しては後々と交換したいところかな。


▼スタンド


Mongoose Artery Safety Devices おい!たたないではないか!

 まさか、これが付いていないとは思わなんだ。ライトとベルは後付けでも良いかとは思いましたが、スタンドが付いていないとなると「何故にハンドルは付いているのだ!」と叫びたくなるレベル。私の常識は非常に古いのでしょうか。

 で、ベルトライトは事前に無いことを想定することが出来ていたため準備がありましたが、これこそビックリだったため、慌てて密林へ特攻。本当は片足ではなく両足のスタンドが良かったのですが、探してみるも装着に不安要素が残るものばかりだったので、さっさと素直に片足スタンドを選びました。

 物は「AKI WORLD(アキワールド)」とかいうブランドのスタンドなのですが、機構もシンプルながらチェーンステーとシートステーの二点でグリップする二点支持タイプなので、スタンドそのものが空転してズレていくということも無さそうで良い感じです。そのクランプパーツにはフレームとの緩衝材としてゴムがセットされている点にも親切感がありますしね。

 また、取り付け作業は可動パーツやクランプパーツが多いだけに位置決めなんかで少しだけ面倒を覚えますが、所詮は知れた程度といったところです。よっぽどバイクや楽器の手入れにウェブ関連の方が面倒くさいでしょう。


▼装着後


Mongoose Artery Safety Devices Mongoose Artery Safety Devices

 Mongoose Arteryはハンドルがテーパータイプだったため、ライトのバンド長が足りない雰囲気に少し焦りました。しかし、とりあえずグリップ側の細っこい箇所に巻きつけてから気合でポスト側の太い方にグリグリと押し込んでいったら、ベルトはパッツンパッツンながら何とか正面に光が向くようキレイに収まりました。問題は無さそうです。

 スタンドは少し貧相な接地感というか、クランプ部分は二点支持によりガッチリと頼もしい限りなのですが、肝心なスティックパーツが長さの可変機構により剛性感を欠いているような感じではあります。しかし、こちらもスタンドが接地したまま意地の悪い重圧を掛けるといったことをしなければ問題は無さそうです。今までの自転車とは段違いに車両自体が軽量ということもありますし。

 ベルは、加齢やイヤホンなどで耳が遠くなった人間に対してや、車の交通量が多い騒々しい道路などでの使用では確実に力不足となりそうです。が、ベルは口が代替するので問題ありませんね。非常時でもないのにベルを鳴らすというのもアレですし、そんな非常時こそ大声で叫びますよ。


▼思ったこと


 とりあえず、これで走り出すことが出来ますね。と言うか、走り出せない状態で売られてるんだね、自転車って。

 欲しいと思って調べてみればアホみたいな値段のものばかりだし、買ってみれば良いことも悪いことも今まで当たり前と思っていたことが当たり前ではないという現実を突き付けられ、とってもカルチャーショックの連続です。今までは「たかが自転車」と思って疎遠になっていたものですが、こればっかりは触れてみて納得の面白さがありますね。流行ることにも頷けるのです。

 とは言え、まだ走り出しません。まだ、その前にやらねばいかんことが数点ありますからね。


▼あわせて他記事どうぞ▼
小目録「Chari-nko Logs」へ戻る
大目録「Motorbike」へ戻る