Peace (10) を吸ってみた

Peace (10)Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 缶入り50本詰めのシガレットが手軽に楽しめる10本詰めの両切りピース。

 「ピース(10)」を吸ってみた。

 国産煙草の重鎮と言わんばかりのポジションに君臨し、もはや異論は認められないであろうステータスを名実ともにするような煙草です。これを不出来と言う喫煙者は、この極東列島には存在しないのではないでしょうか。

 そんな煙草は「ショートピース」やら「両切りピース」に「ショッピ」などの愛称で親しまれている「ピース(10)」という煙草で、製品名に冠される「(10)」という表記は入り本数を示していたりします。これは「ピース(50)」という50本詰めの缶入りパッケージが存在するためだったりで、その50本詰め缶入りピースの10本詰めバージョンが「ピース(10)」というわけなのです。

 そんな二種類のパッケージで展開される両切りのピースは、中に詰まっているシガレットそのものは両方とも同一品なのですが、缶入りの方が保存性に優れているために味わいも上々であるなんて言われていたりしますね。

 ちなみに、今でも一貫して踏襲されているピースがピースたる所以の1つでもある「オリーブを口にした鳩」のパッケージデザインなのですが、これは後に多くの広告に影響を与えた「ブルズアイ」と呼ばれる手法によるラッキーストライクのパッケージと同じデザイナーが手掛けたことでも有名なのです。それまで機能性一辺倒であった工業製品に「デザイン性」という付加価値観を持たせたインダストリアルデザインのパイオニアであり、その活躍は「口紅から機関車まで」のフレーズでも有名な「レイモンド・ローウィー」というパリ出身のデザイナー。検索エンジンで「Raymond Loewy」と検索すると、主に自動車や鉄道といった方面で活躍していた様が見てとれ、そんな彼がデザインした小さな箱が今でも脈々と小さな列島で受け継がれていると思うと、何だか感慨深いものがあります。

Peace (10) Peace (10)

Peace (10) 同社のホープ銘柄と同じサイズのパッケージは非常に小振りながら、ピースのテーマカラーでもある濃紺色が何とも言えない品格と重厚感を漂わすパッケージ。

 もはやね、他の煙草とは重みが違いますと言わんばかりのパッケージなのです。

Peace (10) Peace (10)

 この煙草で採用されている「クラムシェル」という名称のパッケージは、引き出しのように開閉させるのです。中包装紙に使われている銀紙も、他の煙草とは少し質感の異なるステレオタイプ的な銀紙となっています。

 ところで、この煙草の中包装紙って、以前は銀紙の内側に白い紙を配した二重包装であったような気がするのですが、これは記憶違いでしょうか。

Peace (10) このように、銀紙一枚の中包装となっています。

 両切りシガレットながら、ピッチリと詰められ葉こぼれも少なく非常に良好で、話だと他の多くの煙草よりも煙草葉を多く使ってるのだとかなんとか。

Peace (10) 巻紙と煙草葉のみで構成された両切り煙草なのでフィルターチップは無く、その巻紙にはピースのロゴがスタンプされています。

 何てこともないデザインなのに、妙に風格を感じさせる素敵なシガレットなのです。

 シンプルながら弾力に富むシガレットは中々に頼もしい品質を感じる造りであり、やはりピースクオリティといったところ。


喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、日本の煙草を嗜む者のなら誰もが「美味い」と唸るピースの総本山らしく、非常に美味たる煙草であり、異論は認められないでしょうと言った仕上がり。

 まず、小降りながら重厚感の溢れる品の良いパッケージを開封してシガレットの香りを楽しんでみると、高級なバージニアリーフを惜しげ無く使用したシガレットらしさに併せ技なピースらしい品のある甘さで酔いしれることが出来ます。不思議とボックスパッケージで展開されているピース銘柄たちと比べて瑞々しく絢爛な華やかさが抑えられている印象の香りであり、それにより量感こそ少し控え目に感じられますね。よりシルキーな柔らかさに富む非常に上品な香りは同じピースという煙草は数あれど、このショートピースなる両切りピースの最大の特徴です。

喫味の方も、やはりフィルターシガレットで展開されているピースと比べると瑞々しさや絢爛さは控え目に感じるものの、その代わりにシルクのように上質な質感と最上に豊かな香ばしさに全力で傾倒して味わいを挺してくれている感じ。この味わいは「コッテリ」とか「濃厚」なんて野暮なものではなく、これこそ「豊か」と言うに相応しい、上品な甘さと香ばしさが非常に心地の良い煙草となっているのです。

 もう、これは本当に非常事態。エマージェンシー。

 今となってはノンフィルターと驚異のタール数値に怖じ気付くことも多いだろうシガレットであることは否めませんが、その実は豊かな煙量による香り高い味わいであり、苦味や渋味にヤニっぽさという嫌な要素は微塵も含まれないため、むしろ突出したスペックのわりには吸い易さを覚えるのではないでしょうか。正しい喫し方をすれば、これらのネガティブとも捉えられるファクターは一変して最大限のポジティブファクターであることに気が付くはずです。

 両切りと言ってもゴールデンバットなどとは違い葉の詰まりが非常に良いため、両切りでは多くに煩わしいと思われる「口に葉が入る」というネガティブファクターも、そこまで気になりません。喫煙前の「トントン」とかも無用ですからね。

 また、フィルターが無い故に「キツそう」という喫煙前のインプレッションも、正しくクールスモーキングを心掛けて喫すれば「キツさ」が「心地の良い豊かさ」に昇華されるため、挺される数字よりも喫する者の次第と言ったところ。むしろ、この吸い方に対してリニアに応える感覚は、ひと度でも味わうと優秀ながら応答が均一なフィルターシガレットでは満足することが出来なくなってしまいそうな程に「病み付き」な要素を孕んでいますね。フィルターシガレットでは辿り着けないであろう高みに達することが可能ではないかと。

 この煙草を喫すると、既に「非常に良い」と思っていたフィルターシガレットにて展開されている他のピース銘柄たちですらフィルターや空気穴による硬質な質感に上品さと豊かさを少しでも欠いていたと思えてしまうくらいです。喫煙後の余韻も香ばしい甘さが非常に心地も好く、これだけのタール数値なのにスッキリしているとすら思えるヤニっぽさなどの嫌な感じが残らない仕上げには天晴れ。

 過去の大衆が求め喫した史実も納得な、素晴らしい「日本の煙草」なのでした。


Tar28mg Nicotine2.3mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る