Peace Aroma Royal 100’s Box を吸ってみた

Peace Aroma Royal 100s BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

ザ・ピースの登場も相まって、高級路線を地で行くピースブランドにラインナップされたプレミアムシガレット。

「ピース・アロマ・ロイヤル・100゜s・ボックス」を吸ってみた。

1箱に20本詰めで1,000円という高級志向な「ザ・ピース」をラインナップしたことにより、プレミアムシガレットブランドとしてのポジションを確立したピースファミリー。

その次段として「1箱20本詰500円」という、これまた比べれば安いものの中々な高級志向でラインナップされたアロマシリーズは、ザ・ピースと同じく100’sシガレットで、このTar10mgのロイヤルの他にTar6mgのクラウンとでタールバリエーションを展開しています。

メーカーが謳う特徴としては、厳選バージニア葉を贅沢にブレンドして香りと味わいを深め、煙草の刻みを瞬間加熱する「新トリミング製法」により雑味を取り除くことで香料を引き立てているということになっているのです。

まさに高級志向な内容ですが、ザ・ピースと同じようにバージニア葉100%であるかは明示された情報が無いので不明。

Peace Aroma Royal 100s Boxビニール包装やインサーターでは、ピースならではの特選バージニア葉による香りをアピールしているのです。

インサーターでは、ピースの楽しみ方として「開けたての香りを、愉しむ」という勧めが記載されています。

どうやら、このインサーターはバリエーションが存在するようなのですが、いくつくらいあるのでしょうかね。

Peace Aroma Royal 100s Box Peace Aroma Royal 100s Box

色々なところで謳われているピースのシガレットが漂わせる香りは、あの世界的高級銘柄である「トレジャラー」とも通ずると思うので、この香りこそ高い品質の証なのでしょう。

Peace Aroma Royal 100s Boxパッケージのテクスチャーは、ほぼ全面がエンボス処理によるレリーフのような感じとなっているのです。

ピースのイメージカラーとも言える紺色と、嫌味のない程度の金の差し色が何とも妙な高級感を演出していますね。

このテクスチャーは「高級時計」をイメージしているらしく、全体的には流線的に渦巻くような印象のテクスチャーなのですが、近くで見ないと分からないくらいに主張は控え目の仕上がりとなっています。

Peace Aroma Royal 100s Box Peace Aroma Royal 100s Box

Peace Aroma Royal 100s Box淡い金色の中包装紙には、手前中央にオリーブを咥えた鳩のシンボルがデザインされているのです。

この包装紙の質感が何とも言えず、かなりカッチリとした包装感を感じさせる、不思議な質感の紙質となっています。

品質が高そうな感じがヒシヒシと伝わってくる様は「たかが包装紙」とは言わせないを気込みを感じさせてくれますね。

Peace Aroma Royal 100s Boxシンプルでありながら寂しすぎない程度に情報をデザインした白色のフィルターチップ。

全体的に他のバリエーションと大きな差異があるわけではないのですが、100’sシガレットという仕様による長めのフィルターが程よい高級感を感じさせてくれるのです。

ちなみに、ピース銘柄らしくノンチャコールのフィルターとなっています。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、やはりピースらしく、素晴らしいクオリティに仕上げられているのです。

シガレットからはピースらしい非常に心地の良い甘酸っぱい香りがし、この時点で豊かな香りが楽しめるため、インサーターでも案内されていたとおりに火を点けずとも十分にピースを満喫することが出来ます。

この点はピースラインナップの全てに当てはまることであり、特別な目新しさは無いものの好印象なのですが、火を点けずに吸ってみるとフィルターの長い100’sシガレットということもあってか、やや感じる香りの輪郭は丸くなっているように思えます。

とは言え、この甘酸っぱい香りは火を点けることを躊躇ってしまう程のクオリティ。

喫味の方は、同じくTar10mgのピース・ライトと比べても大きな差は感じない程度に、香り高いピースのベースキャラクターを踏襲した味わいとなっているのですが、謳い文句の通りに洗練が成されている様は喫味に現れているため、確かに感じることが出来るのです。

これが「新トリミング製法」とやらによる効果なのかは知りませんが、ピース・ライトと比べて柔和な質感が足されてスムースな吸い心地となっているので、一言で言うなら「より上品」という言葉に尽き、まるで雑な要素を感じない喫味となっています。

そういった意味では、ダイレクトなフルーティー感や輪郭のシャープ感はピース・ライトの方が勝っているように思え、香りの華やかさはザ・ピースと比べると控え目に感じるものの、それらとは違う「吸い易さ」という個性があり不足は全く感じません。

しかも、クールスモーキングを怠ると甘味や心地の良い香りが失せ始めるので、あまり誉められた吸い方ではないのですが、たとえクールスモーキングに反してしまったとしても、その味わいは決してダメなものとまではなりません。

まぁ、製品の質が質なので、自然とクールスモーキングをしてしまうとは思いますけれどね。

苦味など全く無く、ピースらしい心地の良い甘さがストレート迫ってきながらも決して刺々しくない柔らかな煙の質感が、まさにアロマシリーズならではの特徴ではないでしょうか。

後味にも心地の良い香ばしさが残り、果実のような瑞々しさを奥に感じることが出来るので、非常に一服の充足感は高く上質です。

タール数値の高いノンメンソールのプレーンフィルター製品は後味にタールによる渋味や「ぎとつき」が目立つ物が多い中で、そういったネガティブファクターが感じられない様は、後味と言うよりも「余韻」と例えた方が良いのかな。

総じて、ややマスキングされているような印象も少しは受けるものの、それが程よい吸い易さとなっているため、ピースは良いんだけれど「少しキツい」という方なんかには、この柔和な質感がスムースな吸い心地となっているアロマシリーズは勧めることが出来ます。

社会情勢や怪しい健康的問題云々は別の台に挙げるとして、ピースという銘柄は本質主義的に「煙草は大人が楽しむものだ」ということを知らしめてくれる味わいなのです。

これ以上は無いでしょうと思わせてくれたザ・ピースの後に続くことや、ピースというユーザーから信頼された荘厳な看板のもとということもあり、それでいて、この喫味。

ブレンダーの本気度も数割ブーストされている様が容易に察することが出来ます。

日頃に主喫している銘柄が何であれ、是非とも味わっていただきたい煙草なのでした。


Tar10mg Nicotine1.0mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る