Peace Super Lights Box を吸ってみた

Peace Super Lights BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

ピースファミリーでは最軽量のタールバリエーションとなる銘柄で、ピースにしては非常にフレンドリーな仕様Tar6mg。

「ピース・スーパーライト・ボックス」を吸ってみた。

ぱっと見はライトと見間違えそうなほどデザインが似ていますが、紺色部分の面積が減っている分だけあり、ややシンプルな印象のスーパーライト。

このシンプルさは中々に好きな人も多そうな洗練されたデザインで、私も気に入っていたり。

ということで、この煙草はノンチャコールでライト系という、日本では中々に珍しい仕様の銘柄なのです。

Peace Super Lights Boxフィルターチップのデザインは、さり気なくラインカラーがライトの紺色二本に対して一本を金色に変更されています。

中々に印象も変わるもので、私的に「ヨーロピアンブレンドのコーヒー」みたいな感じ。

空気穴は小さいものが2列で、ピースらしくフィルターはノンチャコールなのです。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、流石にTar6mgでスーパーライトと謳うだけあり、ピースファミリーの中では「シガレットらしさ」が目立つ喫味となっているのです。

ピースにしては中々に軽快な味わいで吸い易さは頭一つ抜きん出ているのですが、その反面で紙巻らしい「薄さ」も非常に目立つ点は賛否両論に分かれそうな印象。

しかしながら、ノンメンソール製品として今時は珍しいノンチャコールフィルター仕様なので、そこらのタールランクが同等な銘柄と比べると、比較的しっかりとした味わいではあります。

あくまで「空気感が多めの紙巻」といったところで、チャコールらしい「ろ過してまっせ!」のようなマイルドさとは一味違うと思うのです。

まぁ、喫煙した感じを例えると「何故、これよりタールランクの低い製品がピースにラインナップされていないかが分かる」といったところで、ピースのキャラクターをギリギリなところで保っている感じなのかな。

ライトクラスまでのピースとは打って変わって「軽快さ」や「味わい」など、何に重きを置くかで価値は乱高下しそう。

ただ、味わいこそ軽快なのですが香りは据え置きで、シガレットが漂わせる甘酸っぱい香りや、ノスタルジックな紫煙の香りは健在。

この上なく上品な香りを楽しめるのです。

燃焼速度はピースらしく遅めなので、相変わらずマッタリと喫煙できる点も銘柄の個性にピッタリな程度。

このピース銘柄の遅すぎず速すぎずな燃焼速度は「ちょうどいい」ので好印象。

ピースを吸いたいと思った時、元祖の両切りシリーズは「・・・」だし、ロングピースはフィルター付きといってもTar21mgという石器時代仕様、かと言ってスーパーライトでは「ピースを吸いたい」という衝動は不完全燃焼に終わりそう・・・

私の場合は、ライトが「ちょうどいい」のかも知れません。


Tar6mg Nicotine0.5mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る