Peel Sweet Melon を吸ってみた

Peel Sweet Melon

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 スイートなメロンでピールという実でなく「果皮」な珍フレーバー煙草。

 「ピール・スイートメロン」を吸ってみた。

 フレーバーシガレットが得意なように思える「DJ TOBACCO」という香港のメーカーの煙草で、他に類も無いと思われる「メロン」をフレーバーとして採用した珍しいシガレットなのです。そんなピールという銘柄は、メロンフレーバーの他にオレンジやピーチといったフレーバーのメンソールシガレットなんかも展開されているのですが、いずれにせよ珍しいフレーバーを採用したシガレットとなっていますね。同社は「DJ MIX」という銘柄も擁していて、そちらもイチゴにレモンに青リンゴと、中々に珍しいフレーバーが異彩を放つラインナップであるために、日本ではフレーバーシガレットが強い印象のメーカーとなっていると思われます。

 ちなみに、日本で輸入代理を勤めるのはブラックデビルなんかでもお馴染みの「柘製作所」となっているのです。ここも好きだね、こういう煙草。非常に好感が持てます。

Peel Sweet Melon Peel Sweet Melon

 同じピールでもTar8mgであるメンソールオレンジやメンソールピーチとは異なり、このスイートメロンはパッケージには「3mg」と明示されています。わざわざ表示されているということもあり、ピールではTar3mgは異色という扱いなのかな。

Peel Sweet Melon Peel Sweet Melon

 パッケージサイドにはピールでは名物のフルーツイメージが表示されているのです。もちろん、この煙草はメロンの絵となっています。

Peel Sweet Melon あまり馴染みを覚えない「D J Tobacco Company Limited」というメーカーは、わりと新しい1999年に設立された香港の煙草企業です。このピールの他に社名を冠する「DJ Mix」という銘柄も擁しています。どれにせよ、フレーバーシガレットが目立つ印象のメーカーですね。

 ありふれたシガレットで溢れる市場に新たな選択肢を与えるということを信条としているようで、風変わりなラインナップが特徴的なメーカーとなっているのです。

Peel Sweet Melon 銀色の中包装紙にはピールらしく「PEEL」というロゴマークが散りばめられたポップなデザインとなっています。この散りばめられたロゴマークは、何気にスイートメロン専用に緑色となっているあたり、さりげない芸の細かさを感じさせる銘柄ですよね。銘柄の持つ個性に負けない、素敵なデザインではないでしょうか。

 また、インナーカット部分もパール調になっていたりと、何となしに新興メーカーらしい若々しさに溢れる銘柄なのです。

Peel Sweet Melon Peel Sweet Melon

 フィルターチップのデザインもピールらしいポップなキャラクターなものとなっていますが、白色が基調とはいえ情報量が多いわりに嫌味に感じないデザインは良い感じですね。

 ちなみに、フィルターはチャコールを使用しないプレーンフィルターなのですが、同社のDJ Mixと同じく形状が特殊なものとなっていて、フィルター外周が歯車状にギザギザしたフィルターが採用されているのです。これは特に何と銘打たれている様子でもないフィルターなのですが、JTのピース・インフィニティなんかに採用されている日本フィルター工業のAFTフィルター(CVDフィルター)と同じもののようで、空気と煙をコントロールして味わいを向上させる狙いがあるのかと。

 あと、ピールでは唯一に「スイート」と謳うだけあってか、このスイートメロンのフィルターチップには甘味料が塗布されています。ブラックでビルなんかでも有名な仕様ですね。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、とってもスイートな味わいでありながら程好くハードな質感のテイストがアクセントとなっている印象の仕上がりの煙草なのです。

 まず、シガレットの香りなのですが、ビニール包装を解けばフワッと漂いだすほどに強めな量感でフレーバーが付け加えられているのです。もはや煙草とは思えないスイートな香りを、喫煙前から存分に楽しむことが出来ます。これは正に「メロンの香り」で、どちらかと言うとメロンそのものの香りというよりは、メロンの果汁や香料を使用した嗜好品の香りですね。メロンと言っても青臭さは含まないような、メロン味のアイスとかキャラメルとか焼き菓子みたいな香り。

 これは非常に大好きな、とっても良い香りです。嫌いな人類なんているのか疑問なくらいで、もし嫌いだというのなら、それは生き物として人間独特な何かしらのエラーを抱えてしまっているのかと。メロンが好きと言うよりも、メロン味が好きという方にマッチしていそうです。

 喫味の方は、ここまでの印象から予想する「らしさ」も多分にありながら、意外にも反するような要素も見受けられ、少し意表を突かれたような感じかな。可愛らしいパッケージやシガレットのデザインにメロンというフレーバーから、フワフワした質感の煙草かと思わせといて、その実は質感こそリトルシガーライクなパンチのあるハードな質感であるために、Tar3mgとは思えぬ吸い応えを有しているのです。そのカッチリとしたテイストをベースに、この煙草の肝でもあるフンワリとスイーティーな奥にメロンらしい香りを感じる甘い風味が包み込むように配されている味わいなのです。これはフレーバーに一辺倒過な味わいを過度に期待をすると、この手のフレーバーシガレットでは常套と言ったように、シガレットが放つ香りほどのフレーバー感は喫味には感じられないと思うので要注意。

 とは言え、かなりスイートな味わいではあります。フィルターチップに添加された甘いシロップも他の同仕様製品と比べて量感が非常に多く、味覚として呈される甘味も際立つため、スイートメロンと謳うに相応しい仕上がり。かっちりと少しハードに仕上げられたベーステイストに対して、甘いフレーバー感とフィルターチップのシロップの甘さが非常に妙と言ったコンビネーション感であり、中々に一工夫を感じられる様は好印象なのです。

 Tar3mgという超ライト級な仕様の煙草ではありますが、強めの香りとガッシリとしたボディ感が相まって中々に吸い応えは高めなのも良い感じですね。

 総じて、苦味や渋味にエグ味といった要素も無く吸い易い煙草ではあるものの、喫味はもちろん火を点ける前から紫煙に後味まで、少しの硬派な要素を含みながら全過程が全力でスイート感に傾倒している煙草です。中々に人を選ぶ煙草であることは間違いもないのですが、はまったら最後の代えがきかない最強な煙草だと思われます。

 私的には、かなりアリなのです。強いて残念な点とするなら、スタートダッシュが強烈なだけに開封後の時間経過によるフレーバーの弱まり方が目立つということでしょうか。仕方の無いことですね。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar3mg Nicotine0.3mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「OTHER Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る