Pianissimo Bevel 6 を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻「ピアニッシモ・ベヴェル・6」の喫煙感想



 色々な遍歴を持ちながらも地味に販売が継続している銘柄。紙巻「ピアニッシモ・ベヴェル・6」を吸ってみた。


 いわゆる、この煙草は以前までのベヴェル・ライトという煙草ですね。それが独立銘柄よりピアニッシモブランドに編入し、銘柄とデザインを改めたものなのです。

 ちなみに、内容としては以前より変わらずなのだそうです。あくまでブランド等の変更のみとのことで、発売当初から引き続きフルーティーバニラという味わいを特徴とする煙草となっています。

 始まりはキャスターブランドにラインナップされていた銘柄で、その後に独立し、今度はピアニッシモブランドに編入と。さらには、始まりのキャスターブランドはウィンストンブランドに編入したためブランドそのものは消失。このように、中々と苦労していそうな銘柄のように思えてしまいますね。

 それでも、地味ながら販売が継続している点を鑑みるに、確かな煙草なのでしょう。

 先に述べてしまうと、この煙草は私的に「隠れ名品」であると思っています。そこそこ長いこと販売されていながら存在の地味さというのも否めない銘柄ですが、これがまた意外と美味い煙草なのですよね。
 


 ブランド変更に伴いパッケージデザインは変わり、垢抜けた印象に様変わりしましたね。旧べヴェルブランドのロゴはピアニッシモブランドのロゴに変更され、タールバリエーションも無いためかライトの表記は無くなりました。




 ブランドやパッケージのデザインは変わりましたが、べヴェルという名が残っている手前では特殊な五角形パッケージは引き続き採用されているのです。この形が変わらないためか、あまり「変わりました!」という印象は覚えない不思議な感じです。

 ちなみに、べヴェルというのは「斜めのもの」を意味するそうですね。この五角形パッケージにも取り入れられている要素なのです。このパッケージ形状を採用する煙草も現在では唯一かと思われますので、ある意味では非常に個性的な煙草なのかも知れません。
 


 インサーターでは「味・香りは変わりません」とアピールされていました。取っ付きの良い包容力から特徴が無いようにも思えてしまう味わいの煙草ですが、その実は非常に特徴的な味わいの煙草です。そういった意味では、変える必要も特には無いのでしょう。




 中包装紙やフィルターチップにはピアニッシモのロゴが入りましたが、全体的な雰囲気は旧べヴェルブランドの頃のものが踏襲されているように思えますね。

 仕様としては、小さな空気穴を2列で配するチャコールフィルター仕様となっています。ピアニッシモブランドに編入する以前からですが、ピアニッシモらしくスリム100'sシガレットであることも特徴でしょう。
 

[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、やはり以前のベヴェル・ライトと同じように、何気な名品といったように思えるのです。

 まず、フルーティーバニラということで気になるシガレットの香りですが、これは意外と穏やかな香りとなっていますね。甘いだけではなく、どことなく酸っぱいと思える香りも含まれていて、中々に独特な香りなのです。

 確かに、どこかキャスターを彷彿とさせる甘い香りではあるのですが、それよりは煙草はらしい青さの香りが勝っています。そして、全体的にはシガレットの香りも穏やかな印象なのです。

 喫味の方は、確かにキャスターブランドの一派だったのだなと感じさせる味わいとなってはいますね。使われている葉もキャスターと同じように、かなり明るい色味のものとなっていますから。

 しかしながら、キャスターブランドは良くも悪くも実像というのか、芯の無いボディでバニラの香りを楽しむことに全力傾倒していましたが、この煙草は異なりを見せます。決してズッシリとはしていないものの食パン程度のボディ感があり、煙草らしさも確かに味わえるのです。

 そして、その煙草感とともに適度なJTのバニラフレーバーらしい味わいが楽しめます。フルーティーかどうかは微妙な感じですが、わりとバニラ系にしてはカッチリとしたボディが、どことなくフルーティーな印象を覚えさせなくもない味わいですね。

 これがまた、どうして全体のバランスが良く、何気に良いと思える煙草なのですよね。適度なボディ感に適度なバニラフレーバーと、決して何かが突出しているわけではなくとも中々に魅せてくれるのです。

 ややキャラメルのような要素も感じる味わいですし、適度な濃厚さのフレーバーは何とも絶妙ですよ。

 紫煙の香りや鼻腔に燻る余韻も、シナモンをスパイスとして加えたような甘い香りですし、個性があり中々に楽しめます。

 総じて、ふわりと甘い香りのバニラフレーバーは好きだけれど、あまり香りに傾倒しすぎて煙草らしいボディ感が無いのも嫌という方。この煙草は中々にお勧めなのです。

 特に、何度も思うように、昔にラインナップされていたTar7mgの無印キャスターが好みであった方。やや硬質さを帯びたキャスターの個性という点に似たような印象を覚えさせてくれるだろう味わいとなっていますので、意外とマッチするかも知れませんよ。

 私は、この煙草は何気に優れている煙草だと思うのでした。

 それゆえに、男性である私としては今回のブランド変更に伴い完全に女性志向へシフトしたことは少し残念に思えたりもしますね。意外と味わいは男性受けも良さそうですから。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar6mg Nicotine0.5mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る