Salem Alaska Menthol を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻「セーラム・アラスカ・メンソール」の喫煙感想

Salem Alaska Menthol

 真っ白けというメンソールシガレットにしては珍しいカラーリングの煙草。紙巻「セーラム・アラスカ・メンソール」を吸ってみた。


 この銘柄は、銘柄にも冠されている「アラスカ」の厳寒模様を表現するために「トリプルミント製法」というペパーミント・スペアミント・コーンミントの三種のミント成分をフィルター・煙草葉・アルミ中包装紙の三箇所に添加しているそうです。正にメンソールフリーク向けな嗜好性の煙草ということですね。穏やかなメンソールシガレットブランドといった印象のセーラムブランドにしては、打って変わって中々に過激でクレバーな印象の煙草と言えるでしょう。


Salem Alaska Menthol

 スノーカラーをイメージさせるような純白のパッケージには、トナカイの角をモチーフとしたエンボス加工が施されているのです。シンプルゆえか、妙にラグジュアリー感が漂っていますね。

Salem Alaska Menthol

 ちなみに、何気にセーラムファミリーであるアラスカ・メンソールなのですが、どうやら今後はセブンスターのメンソールラインナップの刷新に伴いファミリーを鞍替えするようなのです。特に味わいや香りには変更も無いとのこと。元より属するファミリー感が非常に希薄な銘柄であっただけに、そこまで意識するようなことは無さそうですね。

Salem Alaska Menthol

 チップデザインもパッケージデザインと同様に、余計な飾り気を排したようなシンプルさとなっているのです。空気穴は小さなものが2列となっていて、フィルターにはメンソールの清涼感を増すためにメンソールスレッドが仕込まれています。ふと気づいたことといえば、ご覧の通りで「Salem」の文字はセーラムブランドの頃から無い様子。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、トリプルミント製法という特別仕様や銘柄名のアラスカというイメージから想像する強烈なメンソール感とは少し異なる気がしました。思っていたよりも破天荒ということはなく、わりとスタンダードに思える味わいに落とし込まれている煙草となっています。

 何と言うのか、メンソールが増々だからと言って刺激が強いというよりは、正にアラスカをイメージしたのであろう「冷たさ」を感じるような喫味ですね。メンソールシガレットでありながらメンソールシガレットらしい「青臭さや苦味」を排斥することにより少しの甘味を含ませた冷涼感の抜群な喫味は、何ともスッキリとしたクリアな味わいに思えるのです。

 ただ、欠点とするのならばメンソール感の初期値が高いがために開封後のメンソールフレーバーの飛び方が目立つような気もします。元よりメンソールフレーバーに完全傾倒したような喫味であるために、メンソールフレーバーが弱まると非常に悲しいスカスカな味わいとなってしまうのです。一箱の消費に何日も要するような喫煙者には向いていないかも知れませんね。

 スーッとクリアに、ほんのり甘く、メンソールの青モノな部分が感じられない味わいは非常に良い感じなのでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar5mg Nicotine0.4mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る