Seven Stars 1 を吸ってみた

Seven Stars 1Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

時代に席巻されるように、セブンスターにもラインナップされたTar1mg。

「セブンスター・1」を吸ってみた。

目に見えてソフトパックが淘汰されていこうとしている、この御時世。

セブンスターのパッケージ&タールバリエーションとして新たに加えられた4種のソフトパック新製品の一つが、コレ。

ソフトパックが絶大な支持を得ているセブンスターらしく「あえてのソフトパック」なのですが、内容はTar1mgと、かなり現実に席巻されているものとなっているのです。

ここ最近の新商品では、Tar1mgこそ何も珍しい仕様ではないのですが、ソフトパックでTar1mgというコンビネーションの新商品は何年ぶりのことでしょうか?

Seven Stars 1封緘紙には誇らしく「SevenStars」の文字とともにタール数値を表す「1」が添えられているのです。

ぱっと見ではタール数値が分かりづらいデザインは、「セブンスター=ヘビー」というイメージからくるユーザーニーズに巧いこと応えていますね。

ただ、このTar1mgは封緘紙のカラーリングがシルバーということもあり、最もタールバリエーションとしては区別が付き易いとも思います。

Seven Stars 1フィルターチップのデザインはタールバリエーションで共通しているので、まさにセブンスターそのもの。

全く以てTar1mgとは思えない外観のシガレットは、見た目だけでも吸い応えを強く感じさせてくれそうな気がしてしまうくらい。

また、Tar1mgということで空気穴の数だけは細かいものが4列と多めですが、ぱっと見では何も分かりませんね。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、他のセブンスターのタールバリエーションと同じように、Tar1mgでありながらも確かなセブンスターらしさを残していて、軟派なようでキッチリ硬派な味わいに仕上がっているてんが非常に印象深いのです。

勿論、Tar1mgなので相応の味わいの淡白さはありますが、それでも、その中に確かなセブンスターの「もったりとした甘味」を感じることが出来ます。

煙の量感で吸い応えを演出しているセブンスターから、その煙の量感を取って捨てたような煙草なので、やはり吸い応えという点に関しては乏しさも覚えますが、セブンスターらしい「もっさり」とした味わいは健在なので、充足感は中々に高く感じるのです。

また、Tar1mgなどを好む低タール値ユーザーは、煙草の煙を強く吸い込みがちな方も多いと思うのですが、この煙草は強く吸い込んでも味わいが不味い方には崩れにくく、かなり優秀。

ソフトパックのTar14mgが至高に位置しているセブンスターファミリーに対しては「セブンスターでTar1mg?」みたいな侮蔑というか、疑念を抱く方も多いと思うのですが、まず試してみてもらいたい銘柄なのです。

そりゃ、Tar14mgを継続して喫煙した直後に吸えば風味も何も無いでしょうが、Tar1mgごときの風味も分からないなんて状況では、煙草という曖昧の塊を愉しむに値しないと思いますし。

きちんとTar1mgでもセブンスターですよ。

というか、タールバリエーションの中では、最もセブンスターのベーステイストを踏襲しているようにも思えますし。

まぁ、詰まるところ開発者の労が功を奏したのか、はたまたセブンスターのキャラクターが度を超えて頑固だったのか、どちらにせよタールを10mgそこら落としたところでセブンスターはセブンスター。


Tar1mg Nicotine0.1mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る