Seven Stars 4 を吸ってみた

Seven Stars 4Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

有りそうで無い希少なタールバリエーションと思われる、Tar4mgのセブンスター。

「セブンスター・4」を吸ってみた。

セブンスターに新たに加えられたタールバリエーションの内の一つであるTar4mg。

Tar10mgとTar7mgはボックスタイプで既にラインナップされていたのですが、このTar4mgとTar1mgは完全新規のバリエーションとなっています。

探してみると細っこいのばかりだったりで意外と見つからないTar4mgは、隠れニーズが存在したりするのではないでしょうかね?

マールボロのウルトラライトが廃止となって、このセグメントのTar4mgって一時は姿を消していましたからね。

ソフトパックという時代に逆行したパッケージ形態も、この手の製品を好む傾奇者に向いているのでしょうか?

Seven Stars 4無彩色系のカラーリングイメージが強いセブンスターでは中々に目新しい印象のメタリックブルーがイメージカラーとなっています。

この効果もあり、タールバリエーションの中では少しだけ異彩を放っている気も。

ちなみに、パッケージに散りばめられた星にてシルエットデザインされた「7」も、Tar4mgのテーマカラーに合わせてメタリックブルーとなっています。

Seven Stars 4少しだけ異彩なパッケージデザインを余所に、中身のシガレットデザインは他のバリエーションと同様となっているのです。

ぱっと見だろうがジロジロ見ようが、他のタールバリエーションとの違いは空気穴の仕様で判断するしかありません。

ちなみに、その空気穴は小さめのものが2列となっていて、セブンスターということもありチャコールフィルターが使用されています。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、同じセブンスターのタールバリエーションの中でも少しだけシャープな喫味が特徴的な仕上がりとなっているのです。

セブンスターというと、あの独特の「モッサリとした甘味」が特徴的な喫味なのですが、このTar4mgは低タール化による空気量の増加のためか、「モッサリとした甘味」に少々の「キレ」が含まれている印象。

これにより、程よくシャープでライトな締りの良い味わいとなり、今までのセブンスターとは一味違った楽しみ方が出来るのです。

逆説的に言うと、セブンスターらしい個性が少し弱まっている気もするので、良い塩梅かは人の判断によりそうですが・・・。

このタールバリエーションと喫味の関係は、ラッキーストライクとラッキーストライク・ライトの関係に似ているような気がします。

ちなみに、空気量の多いセブンスター・1の方がセブンスターらしい「モッサリ感」を踏襲していて、セブンスター・4はキレが良いと感じるので少し不思議に思っていたり。

ビジネスシーンなどで歯切れよく物事をこなす合間のリフレッシュではセブンスター・4を、ゆったりと過ごすプライベートシーンではオリジナルタール値のセブンスターを、といったような使い分けで生きてくる煙草なのではないかなと思ったのでした。

まぁ、とは言え、この煙草も中々に「モッサリ系」ではありますよ。

あしからず。


Tar4mg Nicotine0.4mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る