Seven Stars 7 を吸ってみた

Seven Stars 7Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

ある意味では、最もセブンスターらしいと言えるかも知れないTar7mgのセブンスター。

「セブンスター・7」を吸ってみた。

セブンスターのラインナップで新たに拡張されたソフトパック四種の内の一つ。

タールバリエーションとしては以前よりボックスパッケージでラインナップされていたTar7㎎のセブンスターなのですが、新たにソフトパック製品として加えられたもの。

ソフトパックが淘汰されていこうとしている御時世では、既存のボックスタイプと同じ内容のソフトパックタイプが遅れて追加されるというのは中々に珍しかったり。

印刷の質が良いのか、セブンスターのソフトパック製品って他の銘柄のソフトパック製品と比べると段違いに質感が良いのです。

「ソフトパック=粗野・野暮」みたいな印象が全く感じられないのですよね。

Seven Stars 7封緘紙のカラーリングはガンメタチックで、タールバリエーションを表す「7」のデザインがセブンスターという銘柄名と非常にマッチしているのです。

パッケージに散りばめられた星でシルエット表現されている「7」も相乗効果な感じ。

Seven Stars 7フィルターチップのデザインはタールバリエーション共通のものなので、パッケージと同様にシガレットもパッと見ただけでは普通のセブンスターと見間違えてしまいます。

セブンスターに対するユーザーの心理を考えて、あえて判別しにくさを狙っているのでしょう。

仕様としては極小の空気穴が2列で配され、セブンスターならではのチャコールフィルターが使用されているのです。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、タール値で言うとセブンスター(Tar14mg)の半分なのですが、喫味の方も大雑把に例えると、まぁ、そんな感じ。

ただ、セブンスターらしいモッタリ感の溢れる甘味は半分以上の減りに感じられるので、対して「キレ」に軍配が上がった喫味といった印象に仕上がっているのです。

この点は、タールバリエーションのセブンスター・4と同じ印象となっています。

セブンスターらしい持ったりとした甘味に重きを置きたければ、セブンスター・1やセブンスター・10を選択した方が良いかも知れませんね。

タール値に拠る吸い応えの程度といい、もたつかないテイストバランスといい、正に「日頃のセブンスター」というポジションに落とし込まれている煙草なのです。

逆に、ガッツリとセブンスターを堪能したいプライベートシーンなどの場合には、少し物足りなく感じてしまうかも知れませんね。

一気に上から下まで選択肢が増したこともあり、これからは「TPOに合わせてセブンスターを選ぶ」という楽しみ方も面白いのかも。

まぁ、こうなってしまうと、旧マイルドセブンもといメビウスの誕生意義が一層に分かりづらくなってしまう感も否めませんが・・・。

あ、セブンスター・4では明らかに煙量の不足を感じましたが、このセブンスター・7では煙量の不足というものは特に感じられませんでした。

最も「バランス重視」なセブンスターなのでした。


Tar7mg Nicotine0.6mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る