Seven Stars Real Rich を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻「セブンスター・リアルリッチ」の喫煙感想

Seven Stars Real Rich

 セブンスター・リアルスモークとともにリリースされた「芳醇」を謳う銘柄。紙巻「セブンスター・リアルリッチ」を吸ってみた。


 この御時世に珍しいと思える、高タールでノンメンソールな新商品なのです。同時にリリースされ「濃厚」を謳うリアルスモークと対にり、こちらは「芳醇」を謳うリアルリッチという銘柄なのです。

 ちなみに、オリジナルのセブンスターと同じくTar14mgなので、正統派生のように「媚びていない」というようなコンセプトがヒシヒシと伝わってくるシリーズでもあります。常に時代やニーズへ臨機応変に合わせてきた姉妹銘柄のメビウスと比べれば、メビウスの元ネタでもあるセブンスターは常に由緒に寄り添っていくのかなとも思わせるシリーズだったりしますね。

 何と言うのか、このシリーズの登場で、セブンスターはアパレル的イメージとは異なる「頑固職人」のようなイメージで完全に確立しそうなのです。


Seven Stars Real Rich

 黒単色のリアルスモークとは異なり、左右に濃淡を持たせたグラデーションカラーのパッケージデザインはブラッディーな重厚感のあるカラーリングなのです。

 しかしながら、このグラデーションの感じは私的に好きではなかったりします。画像の通り、このパッケージデザインは無断階ではなく段階的グラデーションとなっているのですが、それがどうも安っぽく見えてしまったりするのです。

Seven Stars Real Rich

 フィルターチップは白地のリアルスモークとは異なり、コンセプトとなっている「芳醇」を表現するかのようにコルク柄のものが使われているのです。セブンスターでコルク柄というのは少し特別な感じがしますし、ちょっと新鮮な気分ですね。

 ただし、国産初のチャコールフィルターブランドということもあり、セオリーの通りチャコールフィルター仕様となっています。空気穴は特に確認は出来ませんでした。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、中々に懐古的とも思える華々しさを感じさせてくれる味わいに仕上げられているのです。

 まず、シガレットから漂う香りは控えめに甘さを含むものなのですが、セブンスターのシナモンのような強い甘さとも違いを見せますね。相方であるリアルスモークの控えめにオイリーな感じとも異なる香りで、あまり特別な感じはしない「普通のアメリカンブレンド」といったところ香りのように思えるのです。

 喫味の方は、ベースとなるテイストこそリアルスモークと同様にガツンとパンチの効いたガッツのあるものとなっています。しかしながら、リアルスモークとは異なり香りに「華」が添えられているため、パワーに一辺倒ではなく確かにリッチな風味となっているのです。

 このような表現は語弊があるかも知れませんが、甘さや煙量などで誤魔化されたようなリッチ感ではなく、本当に煙草らしい風味が華やかなのです。風味が「豊か」な銘柄はゴマンと存在しますが、ここまで「華」を感じるシガレットは滅多に存在しないと思えるぐらいですね。

 余計に感じる甘さや苦さは無く、雑味も無く、全てが誤魔化しの類ではありまえん。必要だからこそ存在するといった程度が中々に本格志向な印象を与えてくれるでしょう。洗練された岩肌のようにハードでストレートなテイストのリアルスモークに対して、このリアルリッチはハードなのだけれど華のある絶妙な加減が心地よいのです。

 ただし、やはりセブンスターの特有の「ぼんわり」とした膨らみなどは無く、先の通りシャープでストレート感のある喫味はリアルスモークと同じくな感となっていますね。取り分けライト志向に需要が傾倒する現代的嗜好では、愛煙家にとっても好き嫌いが分かれそうな気さえします。

 また、セブンスターらしくチャコールフィルターを搭載してはいるのですが、そこらのプレーンフィルター製品にも引けを取らないほどに味わいはダイレクト感がありストレートなものとなっています。それでいて、チャコールフィルター製品らしく吸い方に対するキャパシティーは大きいという、何とも非常に巧く出来た製品ではないでしょうか。上手なクールスモーキングで楽しみたいことは当然ですが、シガレットというものは吸い方が十人十色でシーンによってもマチマチですからね。

 あと、紫煙の香りは優しく甘いものですが、特別に何が気になるようなものではないと思います。これは決して悪いものではなく良いことなのですが、特にフレーバーがあるわけでもなければ奇抜な個性がある香りでもないですし、この点はコンセプトに負けている気がしなくもなくもないですね。

 とはいえ、この手のノンフレーバーシガレットだと多くのユーザーは紫煙の香りまでは評価するまでに至らない気もしますし、やはり気になりません。テイストにマッチした程よく甘い香りは優秀なのです。

 総じて、比べればリアルスモークよりは万人向けな嗜好性なのかも知れません。それでも、それこそセブンスターらしくもなければJTらしさも皆無という、大枠ではリアルスモークと同じように直球勝負な銘柄となっているのです。

 リアルスモークはストレート過ぎるという方は、こちらのリアルリッチの「華」を試してみるのも良いかも知れませんね。この煙草といい、先に発売されているザ・ピースといい、JTって中々に色々な「華やか」の具現化に秀でているメーカーなのかも知れませんから。

 メビウスのプレミアムメンソールはオプションのようなことをやりつつも、先のザ・ピースやセブンスターのリアルシリーズといい。何と言うのか、JTは現代の喫煙者の嗜好に対して合わせたいのか矯正したいのか、媚びたいのか叱咤したいのか、本気で右往左往している感じがしますね。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar14mg Nicotine1.2mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る