しんせい(新) を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻「しんせい(新仕様:小包装ありフィルター付き)」の喫煙感想

Shinsei FR

 特別税率の廃止により仕様を大きく改めた煙草。紙巻「しんせい(新仕様:小包装ありフィルター付き)」を吸ってみた。


 2016年に旧三級品へ適用されていた特別税率が廃止となる決定が報じられたことは、愛煙家の皆様にとって記憶に新しいことかと。しんせいも例外ではなく、従来の両切り仕様からフィルター付きへと大幅にリニューアルされましたね。

 また、漏れ無くパックにビニール外装を施さない簡素な包装形態であった仕様も改善され、パックごとにビニール外装が施されました。値上がりが決定した手前でクオリティを一般的なラインまで上げたと言えば聞こえは良いかも知れませんが、こと両切り仕様であった旧三級品はフィルター付きとなったことによりタール数値も変更されています。

 ちなみに、しんせいは旧来のTar21mgからTar15mgへの変更ですね。内容や経緯からして確実にメーカーの善意ではありますが、感じることは人それぞれなのかと。

 もちろん、旧来の両切り仕様であった製品を愛していた方にとっては迷惑なのかも知れません。しかしながら、一律的かつ高圧的な値上げが続く煙草市場では価格に魅力を感じて旧三級品を選ぶ方も増えていたと思います。後者にとっては決して嫌な出来事とも言い切れないのではないでしょうか。


Shinsei FR

 画像は旧仕様パッケージとの比較ですが、新仕様パッケージも変更初期に限りタール数値の変更やフィルター付きとなったことなどの変更点が告知されているものの、基本的にデザインの変更は無いようですね。ぱっと見では何も変わっていないように見えるからこそ、そこそこ目に留まりやすい告知となっています。

Shinsei FR

 こちらも旧仕様パッケージとの比較です。今回の仕様変更より旧三級銘柄もビニール外装が施されるようになったため、パッケージサイドの表示は少しだけ変更が加えられています。より些細なところだと、新旧では問い合わせ先として紹介されている電話番号も異なるようですね。新仕様ではフリーダイヤル化されているのです。

Shinsei FR

 先の通りですが、しんせいは同様に仕様が変更されたゴールデンバットよりもタール数値の変わり方が大きいものとなっています。しんせいもゴールデンバットも今回の仕様変更によりTar15mgへ一律的に仕様を改めたわけですが、しんせいは旧仕様がTar22mgであったために、その差は7mgと中々なものなのです。


Shinsei FR

 いざ、新たに加えられたビニール外装を取り除いて中包装を開封すれば、やはり新しいゴールデンバットの時と同じ感覚を覚えさせてくれますね。今までは両切りゆえに茶色い葉っぱが挨拶をしてくれましたが、これからは白いフィルターが挨拶をしてくれます。むしろ両切りのような光景の方が珍しいはずなのに、何とも不思議な感じなのです。

 ちなみに、仕様としてはゴールデンバットと同じように空気穴を設けない白色のフィルターチップと、相変わらずのレギュラーサイズシガレットらしく短いプレーンフィルターという組み合わせとなっています。しんせいではロゴの他に三本ラインもデザインされているため、比べればゴールデンバットよりも洒落っ気のあるチップデザインと言えるかも知れませんね。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、私的に少し「?」な煙草となっているのです。

 まず、シガレットの香りですが、これは旧しんせいと大きな違いも感じない香りに仕上げられていますね。旧三級品に属していた銘柄にしては控え目な量感で、素朴な甘い香りと少しの酸がフレッシュさを覚えさせる、何とも穏やかな香りです。目立った印象は特に無いながらも、非常に心地の良い素敵な香りなのです。

 ただし、こちらもゴールデンバットと同様に、旧品よりシガレットの香りは強めとなっています。もしかするとブレンドの変更によるものなのかも知れませんが、やはりビニール外装は効果も抜群なのでしょう。特に、しんせいはゴールデンバットと違い本のシガレットの香りが非常に控え目であったためか、より新しんせいの方が香りは格段に強めとなっていますね。

 喫味の方は、私的に少し腑に落ちないといった味わいとなっています。やはりTar22mgからTar15mgへとゴールデンバットよりも数値上の変化が大きいからか、ブレンドにも大きなアレンジを加えたのでしょうか。何と言うのか、旧しんせいと比べて「御褒美」が非常に淡白なものとなった印象を覚えてしまいました。

 そう、ゴールデンバットでは見事に「ブラッシュアップした」という印象を覚えたのですが、この新しんせいは旧しんせいの特徴とも言える「丁寧に喫した時に楽しめる素朴ながら素敵な甘い香り」が非常に淡白なものとなったように思えるのです。いくら丁寧に喫しても、それは到底として旧しんせいの素敵な甘さには至りません。それなのに、フィルターが付加されたにも関わらず真摯かつ丁寧に喫さないと両切りの頃と同様に嫌な刺激が目立ち味わいが崩れます。かなりシビアでストイックな様は、まるでタール数値の低下やフィルターの恩恵を感じさせてくれないのではないでしょうか。

 丁寧に喫した時も、旧しんせいのような甘味というよりは香ばしさが御褒美として呈される印象で、それでも刺激は中々に目立つ感じです。ゴールデンバットはキャラクターも確かに踏襲しながら、よりイージーに楽しめるようにブラッシュアップしました。しかしながら、しんせいは正に「様変わり」といった感じですね。なるほど基本は確かに新旧ともに「しんせい」といった味わいなのですが、あの丁寧に喫した時の素朴で素敵な甘味を好いていた身としては、何だかイマイチと微妙な気にさせてくれるのです。

 いやはや、流石にTar7mgも数値が変わればキャラクターも変わるといったところでしょうか。ベースといった根幹部分は納得のしんせいに仕上がっていながらも、どうして少し御褒美の価値も低下してしまったように思えてしまいます。何より、フィルター付加やタール数値の低下をファクターとするメリットを非常に感じにくい仕上がりなのです。

 それでも、確かに少しはフィルターによりラフな喫し方にも対応する柔軟性を感じますが、やはりゴールデンバットとは訳が違う感じですね。仕様の変更内容にしては全くイージーに相成っていない煙草といったところです。

 総じて、ゴールデンバットとは異なり、新しんせいは全体的に薄らいでいる感が強く印象に残る仕上がりとなっていました。総合的な香ばしさ然り、丁寧に喫した時の御褒美も然り、仕様の変更内容にしては全体的に刺激も目立ちます。むしろ両切りの頃の方が味わいの豊かさもありながら、それでいてマイルドで喫しやすいとすら思えるくらいです。これは旧来からの愛飲者はおろか、新たにしんせいを楽しもうとする者も旧しんせいを知っていると腑に落ちないのではないかと思うくらいなのです。

 ちょっと、本より旧三級品の中では地味な存在であっただけに、しんせいは先が危ういかも。決して新しんせいが悪いというわけではないのですが、どうも、ちょっとね。

 ちなみに、フィルターを取り外して喫してみたところ、やはりゴールデンバットと同じように旧品とは異なる印象でした。それでも、刺激は増しながら妙にマイルドな味わいではありますが、ゴールデンバットよりは旧品に近い印象となります。旧しんせいを野暮ったくしたような味わいですかね。もったいない気もしますが、新しんせいはフィルターを取り外して喫するのも時としては私的にアリなのです。

 うーん。新ゴールデンバットの感動も一入(ひとしお)に、新しんせいは少し微妙な出来映えかな。確かに、しんせいらしい味わいとは思うのですけれどね。何だか、よりストイックな煙草となったあたりは腑に落ちないのでした。

 念を押しておきますが、単品で評価すれば新しんせいも決して悪い煙草ではありませんよ。念のため、あしからず。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar15mg Nicotine1.0mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る