Silk Rord Little Cigars を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻:「シルクロード・リトルシガー」の喫煙感想



 私的にリトルシガーでは最も気に入っている銘柄。葉巻「シルクロード・リトルシガー」を吸ってみた。


 リトルシガーという紙巻煙草に似た形状の葉巻製品に属する煙草です。正に葉巻と紙巻の中間的存在であり、気軽に楽しめるオルタナティブな葉巻といったところですね。成りはシガレットでも、味わいはシガーなカテゴリーなのです。

 ちなみに、煙草の銘柄でシルクロードと言えば、それは先に発売されているパイプ用の煙草であるシルクロードを思い浮かべる方もいるかも知れませんが、こちらのシルクロード・リトルシガーとは特に関係は無いそうです。銘柄が銘柄だからとパイプ用のシルクロードのリトルシガー版というわけではないようです。

 どちらも取り扱いが日本たばこアイメックスであったりと、少し紛らわしい感じは否めませんね。このリトルシガーは日本のブランドですが、製造をインドネシアで行っているとのことです。
 
 そんなシルクロード・リトルシガーは「キャラメル系スイートフレーバー」とのことです。パイプ用のシルクロードはオリエント主体のストレートに近いバニラフレーバーであるようなので、やはり元からが異なる銘柄なのでしょう。

 先に少しだけ述べてしまうと、キャラメル系スイートフレーバーとは謳われていますが、その実はメープルフレーバーのような香りが強い銘柄であるように思えます。キャラメル感はというと、濃厚さを演出する隠し味のような感じに思えますからね。
 


 写真のような素材を使用する中々に類を見ないデザインのパッケージで、とっても素敵な魅力を漂わせています。この手のデザインのパッケージはというと、キャラクターの方向性は真逆ですがニューヨーク・ニューヨークくらいでしょうか。




 夕暮れを背景に、ラクダにまたがる行商人のような人物がシルクロードを行くようなイメージのパッケージですね。場所のイメージはタクラマカン砂漠でしょうか、とっても素敵な異国情緒を感じることが出来るのです。
 
 また、ロゴの下部に連ねて表記されているのは、古代都市を含む都市の名前ですね。私は知識が無いので知りませんが、たぶんシルクロードに関係する中継都市なのかも知れません。

 ちなみに、シルクロードというのは、西は地中海世界に東は日本を終点とし、地中海世界と東洋世界との間で行われた交易のルートの総称だそうですね。海路も含めると、かなりの数のシルクロードが存在したのだとか。
 



 全体としては、非常にスッキリとしたシンプルデザインのパッケージとなっていますね。2008年に発売と、それなりに時を経ている銘柄ではありますが大きくはデザインの変更もありません。

 ただし、細かい部分は変更が行われてるようですね。発売当初はバーコード記載の反対側の側面に、下記の画像の通りメッセージが記されていました。



 「シルクロード」新たなオアシスへの旅路。甘草・カリンエキス、ミントを配合した未知なる味わい。ゆっくりと立ちのぼる紫煙のなか、悠久の古都がゆらぐ。

 ・・・というメッセージが現行品では削除されていて、銘柄のロゴがデザインされています。中々に情緒が感じられて気に入っていたデザインなだけに、変更に気が付いたときは少し残念な気持ちだったのです。
 


 リトルシガーらしくとでも言うのでしょうか、インナー部分のデザインは非常に普通ですね。



 シガレットデザインも、至極一般的なリトルシガーらしいものです。煙草葉を加工したシート煙草が使われていて、フィルターチップはスタンダードなコルク柄のものが使用されています。シルバーのロゴやラインも主張は非常に控えめですね。

 それよりも、特筆すべきはチャコールフィルターが使用されているということでしょう。プレーンフィルターを使用するものが多いリトルシガーでは、数も少ない少数派ですよね。

 あとは、葉の詰まりが甘いというのか、かなり刻みの量が少なめであるように感じます。比べるとリトルシガーは葉の詰まりが甘いことが常ではありますが、それにも増してシルクロード・リトルシガーは葉の詰まりが甘いのです。シガレットの作りそのものは良くも悪くもなく「リトルシガーだなぁ」説いたところなのですけれどね。
 

[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、シガレットのように喫しやすい軽快さと、リトルシガーらしくシガーのように濃厚な味わい深さをと、それぞれ両立している素敵な煙草となっています。

 まず、パッケージの開封と同時に放たれる甘い香りは、何とも上品に良い香りです。詰められた20本のリトルシガーに鼻を近づけると、まるでレーズンやブランデーのような甘く香ばしい匂いが感じられますね。とってもワクワクしてしまう香りなのです。

 そして、リトルシガー本体の香りはというと、こちらも上品ながら量感たっぷりの甘い香ばしさが心地の良い香りとなっています。それは、ふんだんにメープルシロップを付けたパンケーキのような香りです。このようなメープル系の香りのリトルシガーは数も多いスタンダードですが、ここまで量感たっぷりに品の良いメープルシロップの香りを堪能することが出来る製品は他に無いと思えるくらいに良い香りなのです。

 もうね、火を点けずとも楽しみ続けたくなるほどに良い香りとなっています。キースのアロマ・メルティのように儚すぎることもなく、ジョーカーのカオスのように余計なものでメープルの香りが邪魔されることもなくと、本当に良く出来た香りではないでしょうか。集合した箱詰め状態の香りと取り出した1本の香りとで、少し毛色の異なる香りを楽しめることも良いことです。

 量感こそ豊かながら、かりんだミントだと添えられていたわりには癖も無い香りで楽しみやすいのです。

 喫味の方は、これぞ王道と言わんばかりのメープル系リトルシガーとなっています。しっかりとした量感のメープルフレーバーであり、非常に再現度の高いメープルシロップの香りに酔いしれることが出来るのです。

 そこへ、キャラメルのような濃厚さが隠し味として含まれている感じです。

 また、しっかりと葉巻に属するリトルシガーらしく確かに味わいは葉巻のソレとなっていますね。一般的な紙巻煙草とは異なる豊かな味わいとなっています。

 それでいて、チャコールフィルターによる恩恵なのでしょうか、ボディは軽快でスムースな吸い心地に仕上げられているため、普及帯の葉巻製品にありがちなアクの強さのようなものはありません。味わいは豊かなシガーキャラクターながら、吸い心地はシガレット並みにフレンドリーと言って良いでしょう。

 上記のような特徴のため雑味の無い喫しやすい質感の煙であり、よりシンプルかつ最大限にメープルフレーバーとシガーの味わいを楽しめる仕上がりです。これは、正にリトルシガーらしいキャラクターではないでしょうか。

 ちなみに、紫煙の香りも火を点ける前に楽しむ香りに準拠したような、パンケーキを思わせる香りです。決して嫌と思う香りではないて思いますが、室内喫煙施設では料簡違いな喫煙者に気を使う場合があるかも知れませんね。

 あとは、リトルシガーらしく火種は風当たりに少し弱い印象です。風が吹く屋外では火種が少し心許なく、気が付いたら火が消えていたということも体験することでしょう。

 総じて、私的にメープル系の香りが楽しめるリトルシガーでは断トツに勧めたい製品なのです。キースのアロマ・メルティやジョーカーのカオスなどに比べるとブランドバリューや認知度が少し低いことは否めませんが、仕上がりは随一と抜きん出ていると思っています。味わい良しに吸い心地も良しと、多くの煙草製品と比べても素晴らしいものであると言えるでしょう。

 しっかりとした味わい深さがありながら、かなり取っ付きは良いと思える煙草です。わりと軽快な仕上がりなので、多くの煙草と同じように肺喫煙して鼻から煙を抜いて楽しむと、それはもう鼻腔がパンケーキの香りで満たされますよ。Tar6mgからTar10mgくらいのシガレットを丁寧に喫している方なら、いつもと変わらない喫し方でも特に大きな問題も無いでしょう。

 ちなみに、葉巻製品らしく口腔喫煙(ふかし)で楽しむと、より葉巻らしいコクがマイルドながら楽しめます。やはりチャコールフィルターの恩恵なのか、多くの葉巻製品のように舌で刺激感を覚えることも少ないため、ふかしでも取っ付きの良さは相変わらずなのです。日常はシガレットライクに肺喫煙して楽しみ、香りを楽しめるプライベートな室内では口腔喫煙という使い分けでも良いかも知れませんね。

 ものすごく、お気に入り。本当に良く出来ている煙草なのでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar---mg Nicotine---mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「Cigar & RYO Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る