Camel Menthol Box を吸ってみた

Camel Menthol BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

「NUTTY MENTHOL」という表示がワクワクさせてくれるキャメルのメンソールシガレット。

「キャメル・メンソール・ボックス」を吸ってみた。

ここ日本ではRJR時代のキャメルラインナップにメンソールシガレットは無く、同社がJTに買収されてからキャメルに加えられたメンソールシガレット。

メンソール製品として先に発売されていた「キャメル・ライト・メンソール・ボックス」は、おおよそ他のキャメルラインナップと同じようなパッケージデザインであったにも関わらず、このキャメル・メンソールという煙草は従来のJTキャメルとは打って変わり「モノトーン調」のデザインが妙に素敵なキャメルのメンソールシガレットなのです。

ちなみに、宮城県でのテスト販売を経て、わずか数ヶ月で全国販売に至った中々の人気銘柄でもあります。

そう、人気銘柄なのです。

RJRが作ろうが、JTが作ろうが、どうあがいても日本において人気は絶望的であったキャメルブランドにしては「唯一」と言っても過言ではない人気銘柄。

まぁ、実際には「それでもキャメルの程度」といったところで、終いにはブランドそのものの打ち切りにて廃止となってしまいましたが。

ちなみに、パッケージにもあるように「NUTTY MENTHOL」という謳い文句を掲げていて、JTキャメルらしくナッツのような風味が特徴となっています。

あと、一応は低臭気を謳うD-spec仕様で、D-specの宣伝も兼ねて限定パッケージが流通していたりもしたそうです。

Camel Menthol Box正面と同様の雰囲気で仕上げられたパッケージ背面は、デザインとメッセージ性を見事に両立しているのです。

このモノトーン調のパッケージデザインって非常に優秀で、色んなパッケージの煙草を喫煙しましたが、この煙草に勝るデザインは私にとって無いと言っても良いくらい。

キャメルらしい異国情緒の溢れる雰囲気と、時代の影響を受けないデザインは秀逸そのもの。

ちなみに、この「NATTY MENTHOL」という表示のパッケージは、途中から「MENTHOL」のみの表示のパッケージへ切り替えられているのです。

なんでも「喫味に対する偏見を与えてしまう」からだとかなんとか。

また、そのパッケージのデザインを変更した際に、パッケージ正面のオールドジョーの尻尾がピョコンと跳ね上がった「隠しパッケージ」が低確率で混じっているという遊び要素が追加されました。(隠しパッケージの詳細はコチラの記事をご覧ください。


喫煙の感想・味・香り

喫味の方は、私が吸ったことのあるJTキャメルの中では唯一にハッキリと記憶に残っていて、メンソールフレーバーは清涼感も非常に控え目なのでスースーする感じも全く無く、苦味と青臭さを少しだけ添えるような感じに留められていました。

メンソールシガレットと言うには少し肩透かしを食らってしまいそうなくらいにメンソールの存在感は薄めですが、パッケージに記載されている通り「NUTTY」と言うには納得な独特の香ばしい甘味がボディのコアとなっていて、そのボディを引き立てるように添えられたメンソールフレーバーが正に絶妙と言った具合い。

これは予め「NUTTY」と言われなければ気がつかない程度かも知れませんが、薄皮を剥いたアーモンドを食べた時のような香ばしさがフワリと感じられ、そこに添えられたメンソールの苦味が、まるでナッツ類の薄皮の苦味を再現しているかのようなのです。

D-specとは謳っていますが、特に紫煙が少ないというわけでもなければ、紫煙は少し甘い香りですが何が誇張されている印象もないので、わざわざD-specと言うほどでもないような様は人によって賛否も両論でしょう。

パッケージのデザインセンスも込みで、素晴らしい煙草だったなぁ。


Tar8mg Nicotine0.7mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る