Cherry を吸ってみた

CherryInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 日本たばこ屈指の名作品と言っても過言ではないと思われる煙草。

 「チェリー」を吸ってみた。

 これは日本専売公社時代に発売された日本初のアメリカンブレンドシガレットとしても有名なチェリーという煙草で、特定の時代を象徴するアイテムとして作品に登場したりもしているので、喫煙経験は無くとも御存知の方も多い煙草ではないでしょうか。

 ちなみに、明治時代に煙草専売局が発売した最初の煙草にも「チェリー」という名の銘柄が存在したようなのですが、そちらは細めのシガレットが特徴的な両切り煙草で、このフィルターシガレットのチェリーとは味わいが異なる製品なのだそうな。

 ただし、そんな初代のチェリーの趣そのものは、この二代目のチェリーにも踏襲されている様子なのです。なるほど明治時代を思わせる和でも洋でもない「和洋折衷」なデザインが、とっても素敵な雰囲気の煙草ですよね。

 まぁ、残念ながら東日本大震災による供給困難を受け廃止となっていまいましたが。

Cherry パッケージにもデザインされている桜のイラストがレイアウトされたフィルターチップは、他には無い妙な雰囲気を漂わせているのです。

 洋モクっぽさを漂わせながらも、繊細な桜の線画が日本らしさを漂わせる不思議な印象。

 ちなみに、時代背景ということもあり、フィルターはノンチャコールのプレーンフィルターが使用されています。


喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、今どき珍しいプレーンフィルター製品であるにも関わらず、非常に日本的煙草といったようにスムースで心地の良い甘味を挺してくれる煙草であったと記憶しているのです。

 似たようなところと比べると、比較的カッチリとした質感のピースやハイライトなどと比べて非常に柔和な質感と味わいだったと思います。端的に柔和とは言っても、風味を薄めて「とりあえずマイルドにしました」みたいなローカライズ洋モクなどとは違い、しっかりと程好い「華」を感じられつつも物腰柔らかな喫味だったのです。

 とりあえず、どっちかでいいから、タール数値とか現代仕様でもいいから、サクラかチェリー、復活しないかなぁ・・・。


Tar15mg Nicotine1.1mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る