Forte Lights を吸ってみた

Forte Lights

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 価格破壊と言わんばかりに国内上陸したブランドのライトバージョン。

  「フォルテ・ライト」を吸ってみた。

 きっちりと一箱に20本入りとなっていながら、まさかの250円という破格にて国内上陸した「フォルテ」というブランドのライトバージョン。かなり小振りなパッケージですが、しっかりと20本入り製品です。

 そんなフォルテは、葉巻に区分されるリトルシガーと呼ばれるカテゴリーの製品であるために、厳密なタール数値は明示されていません。しかし、このフォルテ・ライト取り扱い元によればTar11mg~Tar14mgの感覚で楽しめるとのことです。

 また、一応の親切かタールバリエーションのような感じで「フォルテ・オリジナル」というTar15mg~Tar18mgの感覚で楽しめる製品も同時に発売されています。どちらにせよ、底値と言わんばかりに低い価格に対してタール数値は突き抜けて高い印象ではありますね。それでも、民主党政権時の値上がり後に旧三級品が一気にシェアを伸長した例から鑑みればタール数値は高くても影響も無いのかな。価格こそ正義と判断を下す喫煙者も多いと踏んだのかも知れません。

 そんなこんなで、発売時のキャッチコピーも「たばこ代、いくらかかってますか?」と猛烈に価格を武器にしている銘柄でもありますし、その実力や如何に。

Forte LightsForte Lights

 パッケージは非常に小振りで、日本たばこ銘柄はホープと同じサイズ感となっています。そのホープ銘柄は10本詰め製品であるのに、フォルテ銘柄は同じサイズのパッケージに20本のリトルシガーが詰められているのだから驚きなのです。安い価格と小振りなパッケージからは誰もが10本詰め製品であると想像するでしょう。

Forte Lights この通り、きちんと20本のリトルシガーが詰められています。リトルシガー製品は多くの場合、キングサイズや100’sのシガレットと同等のサイズが採用されていることが多いため、非常に特異な製品であることが分かります。

 リトルシガーというか、スモールシガーなのです。

Forte LightsForte Lights

 特異なサイズさえ除いてしまえば、シガレットのデザインは順当にリトルシガーらしいものとなっていますね。巻きの部分には煙草葉を加工して作られる「シート葉」というものが使われている点もリトルシガーならでは。バリエーションであるフォルテ・オリジナルと比べるとフィルターチップがライトバリエーションらしく明るい色となっていて、巻きの部分とのコントラストが良い感じ。

 また、そのオリジナルには無かった空気穴もライト化のために設けられています。もちろん、フォルテ・オリジナルと同じくフィルターにはチャコールフィルターが使用されていて、この点は最近のリトルシガーといった感じなのです。

 キングサイズのシガレットと比較してみても、まるでキングサイズのシガレットが100’sに見えてしまうようなミニサイズのリトルシガーです。流行りのスーパースリムと殆ど変わらない太さであり、フィルター付きレギュラーサイズのエコーなんかと同じような長さとなっています。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、一口にライトと言えど、その味わいにはオリジナルとも大きな異なりを見せる仕上がりとなっているのです。

 まず、シガレットの香りですが、こちらはオリジナルと変わらず煙草葉らしい甘辛い感じの香りとなっています。やはり加香は施されていない感じであり、特に何のフレーバーということもない香りなのです。売り方からしてシガレットの代替としての需要が高くなりそうなブランドですし、この控え目な香りは普遍的で良い塩梅かも知れませんね。

 喫味の方は、あまりオリジナルと吸い応えは変わらないような気がしなくもない、ややライトバリエーションらしさに欠ける印象の味わいに思えるかな。オリジナルで良いと感じた口当たりの柔らかさや素朴ながら香ばしさが素敵な甘味はというと、確かに空気量を増したライト化により減衰を感じさせてくれます。このような意味ではライトかも知れませんが、この点は少し残念に思えるところ。

 しかしながら、そのライト化によるのか甘味や香ばしさが失せた分だけ相対的にシャープなビター感が目立つようなバランスとなっていて、同時に口当たりにも空気の混入によるエッジのような質感があります。これにより、タールレベルや香り立ちは抑えられているものの吸い応えを補填するような構図となっているため、あまりライトと謳うわりには軽快な印象を全く覚えなかったりするのです。

 何と言うのかな、ライトバリエーションらしく味わいはマイルドになっていますが、その代わりに輪郭というパンチがあるため、むしろ吸い疲れるような感覚を覚えるといったところかな。オリジナルが柔らかいタッチと豊富な色数によって表現された画であるならば、このライトはコントラストをガンガンに上げて一見の見映えはするものの表現に含まれる色数が減った「のっぺりとした画」みたいな感じ。

 オリジナルの味わいは甘くて口当たりも柔らかすぎるという方は、ビター感が味わいに輪郭を持たせているライトの方が良いのかも知れませんね。

 その他に紫煙の香りや燃焼速度はオリジナルと変わりも感じずとなっています。ほんのりと甘いながらも癖の無い紫煙の香りは汎用性に富み、小振りなシガレットながら一般的なシガレットと大差も無い喫煙時間を呈するのです。

 総じて、このライトの方がシガーらしい味わいに傾倒した仕上がりとなっています。意外にもシガレット感覚で楽しみたければオリジナルの方が向いていると思いますね。どちらも吸い応えには題目ほどの差は感じられませんし。

 何だろう、このオリジナルとライトのキャラクターの違いは、マイルド化の仕組みがチャコールフィルターのみであるか空気穴との合わせ技であるかというところによる影響が大きいと思います。私的にはチャコールフィルター製品らしい質感が顕著なオリジナルの方が喫しやすく感じるのです。

 やはり煙草は区分に関わらず香ばしさこそが正義と思いますし、色んな意味でライトの方が意外とキツく感じるのでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar—mg Nicotine—mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「Cigar & Hand-Rolled Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る