Peace Infinity を吸ってみた

Peace InfinityInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

やや他のバリエーションとは毛色の異なる雰囲気なピース。

「ピース・インフィニティ」を吸ってみた。

この「ピース・インフィニティ」という煙草は、同時期に発売された「キャビン・プレステージ」や「さくら」などと同じく、少し高めな価格設定の「高級志向」な煙草なのですが、今となっては唯一の生き残りとなってしまいました。

当時のJTが持っていた技術やノウハウを総動員した「プレミアム・シガレット」であるようで、徹底して香りの良さを追求した結果としてバージニアリーフを贅沢に使用しているとのこと。

イレギュラーな雰囲気のパッケージなどからも察するように、感じる趣も他のピース銘柄とは少し異なる印象となっているので、中々にピースのラインナップでは異彩が特徴的な感じですね。

内容の方も「LSS」という旧称「D-spec」の改めであるJTの低臭気技術が用いられていますし、フィルターも「AFTフィルター」という歯車形状の特殊フィルターが用いられていて、他のピースとは一線を画する様は名実ともにと言ったような煙草なのです。

しかも、両切りかプレーンフィルターであることが多いピース銘柄にしては珍しく、このインフィニティのフィルターはチャコールフィルター仕様となっていますし。

ちなみに、AFTフィルターのAFTというのは「Advanced Filter Technology」の略記だそうで、当初はCVDフィルターと銘打たれていたそうな。

また、そのCVDフィルターのCVDは「Channel Ventilation Dam」の略記だとか。

Peace Infinity Peace Infinity

Peace Infinity Peace Infinity

渦巻くような模様をメインに配したデザインは、ピースにしては異色の雰囲気を醸し出すパッケージデザインですね。

メーカーの言うところでは「ベルベットのような深い紺色の布が上質な香りを包み込み、ロゴをあしらった黒いリボンで大切に封印されているかのような、上品で落ちついた雰囲気をもったデザイン」とのこと。

さり気なく「AFT FILTER + CHARCOAL」という謳い文句もデザインされてはいます。

Peace InfinityフリップサイドにはJTの低臭気銘柄に冠される「LSS LESS SMOKE SMELL」の表示があります。

これは詰まるところ、以前までの「D-spec」なのです。

他のピース銘柄には採用されていない仕様ですね。

恐らくは特殊な巻紙で嫌な臭いの発生を抑えているのかと思いますが、ピースの香りって元より嫌な要素も無い香りだと思うに、正に鬼に金棒と言ったところでしょうか。

Peace Infinity Peace Infinity

Peace Infinity意外にも中包装紙は極普通の銀紙でした。

フィルターチップは質感と口触りの向上のためにキャビンのプレステージと同じくエンボス加工が施されていて、適度な弾力を持つ「硬さ」もウリとなっているそうな。

そんな「くわえ心地」を追求したフィルターパートは、小さめの空気穴が1列で配され、ピースでは珍しいチャコールを使用した特殊フィルター仕様なのです。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、確かにピースらしさを踏襲しながらも、これまでのピースらしいリッチ感とは異なる志向性でリッチ感を体現したような煙草に仕上がっています。

まず、やはりピースということで気になるのはシガレットの香りですが、この香りはピースらしい香りとなっていますね。

瑞々しく品の良い甘さが非常に心地の良い香りなのです。

ただ、ややストレートさというか、華々しさに欠く感じもあり、そんな感じが量感も比べて控え目に思えるあたりに「マイルド感」を覚えなくもない香りとなっている気もします。

他のピースと比べて生々しさが抑えられている感じかな。

大差も無いピースらしい香りではあると思うのですが、恐らくはピース・インフィニティの放つイレギュラー感が感覚にもイレギュラー感を覚えさせるような作用をしているのかも。

しかしながら、喫味の方は確かに違いを感じることが出来るものとなっていて、かなり柔らかな印象の味わいがピース銘柄にしては特徴的な味わいとなっているのです。

中々にカッチリとした質感の煙草である印象が強いピースのキャラクターとは少し異なる感じ。

ピース銘柄らしく香ばしさに豊かさを覚える味わいではあるのですが、その香ばしさの内容が他のピース銘柄と比べ、特徴的な香りの華々しさや生々しさが抑えられている印象であるために、かなりマイルドに感じる味わいとなっていますね。

また、チャコールによる作用なのかピース銘柄にしては異様な輪郭の丸さを感じる質感なので、吸い心地も柔和さを帯び、ピースというカテゴリーでは独特な感じとなっています。

ピースの味わいをコーヒーに置き換えるなら、正にミルクを足したコーヒーと言ったような喫味であり、クリーミーな濃厚さに磨きが掛かったような感じ。

ピース銘柄の本来の味わいをベースに、上手くアレンジを効かせた煙草なのです。

私的には、従来のピースらしい味わいも好きですが、だからこそ、このインフィニティの味わいにも非常に好印象を抱くあたり、やはりインフィニティもピースなのだなと言ったところ。

何より、この他のピースと比べて格段に親しみ易い吸い心地が良い感じなのです。

総じて、中々に表現が難しいのですが、ピースの香りやら質感やらの突出したキャラクター性を程好く角取りし、ピースの本来の華々しいリッチさとは異なる、まろやかシルキーな路線でリッチテイストを成しているような印象の煙草となっています。

ピースの香り高いキャラクターなどは好きだけれど、どうにもプレーンフィルター製品らしい「質感の硬さ」が気になってしまう方とか、もう少しマイルドな口当たりでピースの個性を楽しみたいという方なんかには非常にマッチするのではないでしょうか。

古株として「ピースが好きだ!」という一途な方にとっては、偏見も相まって受け入れ難い要素も多い煙草かと思いますが、現代志向のもとにピースのキャラクターを昇華したような煙草として非常に優秀な仕上がりなので、中々に好印象な煙草なのでした。

もしかしたら、今の御時世でイレギュラーなのは、旧来のピース銘柄の方かも知れません。

あちらは胡椒の効いた鶏がらスープのように華々しさが「目立つ」と言った味わいの濃さですが、こちらはクリーミーな豚骨スープのように「濃厚」と言った濃さを持ち合わせる煙草。

どちらも味わい豊かに、その実は中々に違うものですよね。

多方面でガラパゴス文化が目立つ一方で、酷く本場志向を謳う島国日本気質が「珈琲はブラックが正義」と他を排他し、本場のブラジルではシュガーを「ガンガンいこうぜ」と言わんばかりに混ぜる、片や本場のイタリアではエスプレッソは苦すぎて飲めんからシュガーを「めいれいさせろ」とばかりに混ぜる、そんな現状を目の当たりにして口も開けなくなる偏執ブラック派。

器の小ささ、カッコ悪いです。

コーヒーと砂糖はセットで、辛党の意味、知っている?

そんな物言いの煙草なのでした。

と言うことで、ブラックコーヒーの本場って、実は日本なのですね。

正に、ジャン苦コーヒー。

レッツ!ジャングリッシュ!


Tar8mg Nicotine0.7mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る