Lucky Strike Lights Box を吸ってみた

Lucky Strike Lights Box

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 ライトでハードボックスというスペックを携えたラッキーストライク。

 「ラッキーストライク・ライト・ボックス」を吸ってみた。

 このラッキーストライクのライトには、ソフトパッケージとボックスパッケージの二種類がラインナップされています。以前は同じライトでもソフトパックとボックスでニコチンの値が違っていたのですが、現在は両方とも0.5mgで統一されているようなのです。確か、以前のニコチン値はソフトが0.5mgのボックスが0.6mgだったはず。自信は無いですけれど・・・。

 ※ソフトパック仕様のラッキーストライク・ライトは廃止になりました。

 また、昔のラッキーストライク・ライト・ボックスはTar8mgだった様子のですが、それとは別にラッキーストライク・スーパーマイルド・ボックスなるTar6mgの製品も存在していたらしいですね。詰まるところ現在のラッキーストライク・ライト・ボックスは、ライトと冠せども先のスーパーマイルドの後継といったところなのかな。

Lucky Strike Lights Box ラッキーストライクはライトバリエーションでもコルク柄のフィルターチップを採用しているのです。ただ、ロゴは巻紙ではなくチップにスタンプされていて、どことなく野暮ったいTar11mgの方とは違い、やや都会チックでポップな印象を受ける気がします。仕様としては、小さめの空気穴が2列のチャコールフィルター仕様となっています。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は流石のライト仕様ということなのか、ラッキーストライクならではの「ほっこりまろ~ん感」は薄らいでいる印象で、少しだけ酸味が出てきている気がしないでもありません。それと合わせて、空気量が適度に増えていることもあってかTar11mgと比べてラッキーストライクにしては輪郭がカッチリとした喫味になっています。

 寝ぼけ眼が抜けない朝の「チーン!シャコーン!」というIT’S TOASTEDというよりは、システマチックな製パン工場で製造されるIT’S TOASTEDみたいな。

 丁寧に喫煙した時の薄く優しい甘味のある味わいこそTar11mgと似ていながら、空気量が増えたことによるシャープな質感は正反対とも言える印象なのです。これに関しては「BAT銘柄らしい素朴な喫味」という点では共通しているといるのですが、なんだか、こう、チグハグな感じですね。少し野暮に吸ったところで「不味い」という程に味わいが崩れないのもライトバリエーションらしく現代志向ならではなのですが、何というかな、しっかりと丁寧に吸った時の恩恵はオリジナルタールの方に軍配が上がりますね。

 Tar11mgのラッキーストライクが良い意味で野暮ったい感じだとすれば、こちらは幾らか整理整頓されたプチ都会チックな味わいなので、同じ銘柄でも選択には似て非なる個人の個性が窺えそうで面白いかも知れません。

 何だろうなぁ・・・、私の粗末で勝手なイメージだと、オリジナルの方は広大な荒野の炭鉱業の岩肌に腰を下ろした一服であり、このライトは都会の高層オフィスビル清掃業の非常階段での一服みたいな、そんな感じ。

 労働や喧騒が似合うブランドなのですが、その質には微妙な違いがあるように思えるのです。

 それは、見事に味わいや質感にも現れていて面白いと思います。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar6mg Nicotine0.5mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「BAT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る