Marlboro Ice Blast 8 Box を吸ってみた

Marlboro Ice Blast 8 Box

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 マールボロ初のメンソールカプセル登載シガレット。

  「マールボロ・アイス・ブラスト・8・ボックス」を吸ってみた。

 マールボロ初のカプセル入りメンソールシガレットとしてデビューしたアイスブラストのTar8mgです。内容としては青色を差し色としたパッケージからもイメージすることが出来る通り、スペアミントを活かした爽やかな甘味が際立つメンソールシガレットとなっています。

 スペアミント系のメンソールシガレットとは何かと言われれば、例に挙げるならクールのミックスシリーズが有名かと思われます。同社ならラークのミントスプラッシュですね。巷では「歯磨き粉」なんて例えられることも多いタイプのメンソールシガレットなのです。

 ちなみに、タールバリエーションは同じくマールボロのブラックメンソールより少しだけ親切にTar5mgとTar1mgも用意されています。

Marlboro Ice Blast 8 Box Marlboro Ice Blast 8 Box

 最近のマールボロのパッケージデザインに倣って、フラットな印象のデザインとなっています。マットな触り心地が良い感じのテクスチャーですね。

 また、パッケージの背面によるとアイスブラストで使用されているカプセルは「アイスボール」と銘打たれているようです。このアイスボールというのは、オリジナルのダブルバーストでも使用されていたりするのです。

Marlboro_Ice_Blast_8_Box_04c インナーカットと中包装紙もブラックカラーで統一されていました。最近の煙草は度重なる値上がりに合わせてか、こういった細部も良い感じにブラッシュアップされていますよね。あまり差別的に値上がりされても困りますが、このように消費者へ還元されるように反映されるのなら、それは不幸中の幸いでしょうか。

Marlboro Ice Blast 8 Box フィルターチップのデザインは涼を感じさせる涼しげな印象のデザインとなっています。適度な色数と情報量が良い感じのデザインですね。

 仕様としては小さめの空気穴が1列で配され、カプセルはフィルターパートの中央に配されているのです。

Marlboro Ice Blast 8 Box Marlboro Ice Blast 8 Box

Marlboro Ice Blast 8 Box ちなみに、発売当初の画像も載せておきます。今よりもカプセル搭載のメンソールシガレットも数が少なかった発売当初では、インサーターにて「カプセルでメンソール感が1.5倍」なんて宣伝されていたりしましたね。パッケージやフィルターチップのデザインなんかも、今とは異なり当時らしい趣を感じるデザインだったようです。

 ふと気が付いたのですが、このアイスブラストは発売当初と現行の品とではフィルターチップの空気穴やカプセルの配置がマイナーチェンジされているようですね。いつ頃からかは記憶も定かではありませんが、いつの間にかカプセルと空気穴の位置が入れ替わっていることが画像から分かりました。最近のカプセル搭載メンソールシガレットはというと、カプセル効果を体感しやすいのか口元側へカプセルを配することが多いように思えますし、さり気なく仕様変更したのかな。メーカーによる仕様や味わいの変更はアナウンスされていなかったように思えますが、確実に味わいは変わっているのでしょうね。

 このことに関して具体的に考察すると、カプセルが空気穴より口元側に配置されることで空気流入より後にカプセルフレーバーが発生しますよね。それにより、カプセルフレーバーは空気で薄まることも無くダイレクトに吸入されるため、よりカプセルフレーバーが強く感じられるようになっているはずなのです。

 うろ覚えですが、このようにカプセルを口元側に寄せて配置をし始めたのって、確か日本たばこのメビウスにラインナップされているオプションシリーズが皮切りでしたよね。それまでは、カプセルはフィルター部分のセンターであることが多かったように思えますから。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、端的に例えてしまうなら先に発売したクールのミックスシリーズと同じように、スペアミントの爽やかな甘味が特徴的なメンソールシガレットとなっています。

 まず、シガレットの香りはスタンダードなメンソールシガレットといった香りなので、やはりクールのミックスシリーズと同じような感じとなっていますね。あくまで巻きはスタンダードなメンソールフレーバーに仕上げて置き、スペアミント系のメンソールフレーバーはカプセルに依存しているようなのです。

 喫味の方も既知を感じるものとなっていますが、そのクールのミックスなんかと比べると清涼感の突出により甘味は抑えられている印象ではあるため、いわゆる「歯磨き粉」みたいな感じは控え目となっています。それにより、わりとスペアミントに傾倒したメンソールシガレットの中では取っ付きは良いように思えるのです。端的に個性的なのはと言われれば、それはクールのミックスに軍配が上がりそうかな。

 マールボロのメンソールシガレットとして見ても独特の酸味が控え目なので、強めにスースーする清涼感が爽やかな甘味とともに楽しめる、何ともバランスの良い仕上がりです。メンソールカプセルにより適度な個性が付加されながら、癖を感じない親しみやすい味わいが特徴的な煙草ですね。

 メンソール感もスースーと強めに冷涼感を感じさせてくれながら、ヒリヒリするような刺激は抑えられているためにクリアな質感です。これにはアイスブラストというネーミングにも納得ではないでしょうか。涼を取るのに打って付けの煙草かも。

 ただ、喫煙も後半になるとカプセルによるミント感も薄れてきて、マールボロらしい酸味が突出してはきます。それでも、先の冷涼感が鼻孔やらと確かに残るために適度なマスキング効果で酸味は比べると控え目なのです。

 ちなみに、カプセルを潰さないと最初からマールボロらしい酸味が目立つ印象ですし、ひんやりスースーなアイスブラスト感も無くツマラナイですので、カプセルは是非とも潰しつて喫したいところ。そのノンカプセルも、ほんのりと香ばしいメンソールシガレットとして楽しめるため、全くダメというわけではないですけれどね。

 総じて、スペアミント系らしい歯磨き粉テイストも控え目で程好く、何よりスースーする清涼感がクリアで軽快なアイスブラストというに妙な煙草なのです。クールのミックスほど癖は無く、ラークのミントスプラッシュほど味わいに弱々しい印象も無いため、非常にバランス志向で現代嗜好な仕上がりではないでしょうか。

 冬は寒さに拍車を掛けるでしょうけれど、暑い夏には打って付けな煙草なのでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar8mg Nicotine0.6mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「PM Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る