Premier One Box を吸ってみた

Premier One BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

元々はRJRが擁していた「低臭気」を謳う銘柄のTar1mg。

「プレミア・ワン・ボックス」を吸ってみた。

アメリカのRJRというメーカーがピアニッシモブランドにて「プレミア・ピアニッシモ」という名称で発売した煙草なのですが、同社がJTに買収されてからはピアニッシモブランドと決別し「プレミア・ワン・ボックス」という改型となり販売されている煙草。

変わってしまったのは銘柄だけでなく、実際には移管やD-specなどの仕様変更もあり喫味も変わってしまったそうな。

後に色々と製品改良を重ねて落ちた人気も少しは回復したらしいのですが、同じような特性の製品が他で台頭してきたこともあり、終いには廃止となってしまいましたね。

ちなみに、RJRの頃より「臭いの少なさ」を謳う先駆けのようなブランドであり、JTへ移管した後もD-specでTar1mgという組み合わせの走りだったりする扱いのブランドなので、中々に時代を先行した煙草だったのでしょうね。

結果的に「先行」ではなく「潜行」してしまった感じですけれど。


喫煙の感想・味・香り

喫味の方は、私は末期のプレミア・ワン・ボックスしか吸ったことがないので、以前と比べて云々ということは分からないのですが、そんなに悪い煙草だったという印象はありません。

煙量に関しては印象に残っていないために相応であったと思うのですが、ねちっこい質感が辛味にも思える独特の甘味を含んでいて、Tar1mgという仕様のわりに吸い応えは中々に高かったように記憶しています。

ほのかに甘い香気も心地の良い煙草でした。

ただ、個人的には移管前にラインナップされていた唯一のタールバリエーションであるTar5mgのプレミア・ピアニッシモ・スーパーライトの方が気になっていしまいます。

プレミア・ピアニッシモがTar1mgで、プレミア・ピアニッシモ・スーパーライトがTar5mgって、なんだかチグハグな気がしませんか。


Tar1mg Nicotine0.1mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る