Popular Reserva 吸ってみた

Popular Reserva

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 キューバリーフ100%なシガー系のシガレット。

 「ポプラール・レセルバ」を吸ってみた。

 紙巻煙草ながら葉巻の聖地でもあるキューバのシガーリーフのみを使用した珍しいシガレットです。これまたシガーブランドの大御所である「コイーバ」が擁するシガレットと同じようなキャラクターの製品ですね。管理や趣み方に守るべき作法が多いシガーとは異なり、そこそこラフに楽しめるので、より気軽にシガーテイストを楽しめることを特徴としたような製品なのです。いわゆる「オルタナティブ」ってやつです。

 ちなみに、この煙草は「チェ・ゲバラ」がキューバ政府で公務に就いていた際に考案したシガレットなのだそうな。銘柄名になっている「ポプラール」は、キューバの公用語であるスペイン語であるらしく、英語で言うところの「ポピュラー」と同じ意味なのだそう。なるほど「大衆向け」と言うに相応しい、シガー大国なキューバらしいシガレットということですね。

 また、どちらでも構わないのでしょうけれど、代理店は「RESERVA」のカタカナ表記を「レセルバ」と表記しているようですね。セなのかゼなのか、はたまたバなのかヴァなのか、ややこしいことこの上なし。

Popular Reserva Popular Reserva

Popular Reserva パッケージは落ち着いた雰囲気のデザインとなっています。製品特性からの先入観と相まって、中々にシガーっぽい印象のデザインにも見えてくるのです。とっても外国製品らしいデザインは、あまり日本人のセンスには無いものが感じられて非常に新鮮ですね。

 ちなみに、銘柄名にも冠されパッケージにも表記されている「RESERVA」ですが、これはワインの規格なんかで目にする表現です。しかしながら、これには特に深い意味は無さそうで、この煙草においては単に「上物です」という意味で使われているような気がします。

Popular Reserva Popular Reserva

Popular Reserva パッケージには厳封証も兼ねて、キューバ製品に多く見られる「REPUBLICA DE CUBA」というキューバ共和国の認定証が取り付けられているのです。やはり、価値ある煙草製品を多く送り出すキューバの製品は偽物も多いのでしょうね。きちんとした輸入代理経由品ですが、このような証は安心感を覚えさせてくれます。

Popular Reserva 白基調のフィルターチップではあるものの、やはり多くのシガレットとは異なる印象のチップデザイン。空気穴は同じくキューバリーフを使用した無添加煙草である「チェ」と同じく、ランダムな配置の空気穴となっています。葉巻志向としては当然と言わんばかりに、チャコールなどは使用しないプレーンフィルター製品です。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、正に葉巻な味わいのシガレットとなっているのです。

 まず、シガレットの香りですが、まるでシガレット要素の無い「葉巻の香り」となっていて、香料は全く加えられていないことを察することが出来ます。葉巻として見ても、憂いなんてものは感じないでしょう香り。

 喫味の方は、それこそシガレットらしく肺喫煙も可能なほどにライトな吸い心地となってはいます。しかし、味わいは正しく「葉巻」のソレ以外の何物でもないため、中々にキツいと言うか、かなり濃い味わいは多くのシガレットとは一線を画していますね。優しく喫すれば適度なコクに甘味を感じられますが、多くのシガレットのようにスパスパと喫してしまうと途端に辛味ばかりが目立つ刺々しい味わいと質感になってしまうため要注意です。

 また、同じくシガーのオルタナティブとしてキューバリーフ100%で展開している「コイーバ」と比べると、質感に丸みや軽さといった柔和な要素があるため吸いやすさを覚えると思います。コクも感じやすいのではないかな。葉巻っぽく口腔喫煙をしてもフィルターチップに空気穴がある分は煙も密度に劣るものの、中々に葉巻らしく楽しめる感じ。

 何はともあれ、カタチこそシガレットながら、その実は完全に葉巻な煙草なのです。余計なフレーバーも一切が加えられていないためにリトルシガーとも一線を画す、超本格派と言ったところ。それでいて、価格は並みのシガレットと同等という破格な様は、多くの葉巻党にとって中々の朗報的銘柄となりそうです。コイーバのシガレットは、そこそこに価格設定が高めですしね。

 ちなみに、私は完全に紙巻党なので、この煙草は少し苦手なのです。葉巻らしいカッチリとした濃い味わいや質感が好みであれば、間違いなくマッチする煙草なのですが、やはり本格派なだけに紙巻党には不向きかな。質感こそ吸いやすいものなのですが、味わいが濃いためにグロッキーになってしまうのです。日頃から本格的な葉巻に親しんでいる方や、シガレットならフランス銘柄の黒煙草が好みの方なんかこそ、是非とも試してもらいたい煙草なのでした。

 私的には、実用にしても趣味にしても、手軽なことって何よりも正義だと思うので、この煙草は新機軸になりそうな予感です。かなり現代的に昇華された、正しく「攻めてる葉巻」ではないでしょうか。

 紙巻だけどね。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar11mg Nicotine0.7mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「OTHER Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る