Winston Compact Blue 1 Box を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻「ウィンストン・コンパクト・ブルー・1・ボックス」の喫煙感想



 コンパクトになったウィンストンのブルーシリーズはTar1mg。紙巻「ウィンストン・コンパクト・ブルー・1・ボックス」を吸ってみた。


 意外や、何気にウィンストンのTar1mgは他のバリエーションとは異なり、安定して支持を得ている印象が強いですよね。

 しかしながら、これまた意外や、何気に仕様変更に激しい銘柄であったりとするのです。

 この煙草は、そんなウィンストンのTar1mgで、またもや仕様変更された製品なのです。



 このコンパクトシリーズに改められてからはタールバリエーションごとのカラーリングの差異が目立たないものとなったので、以前のものよりもTar1mgらしさは感じないかも知れませんね。

 どこが異なるのかというと、さり気なく「XS」の部分の色が異なる程度ですね。あとはタール数値を示す数字くらいなものです。

 最近は、どうやらシリーズのタールバリエーションごとの色分けを控えめにする傾向が強いように思えるのですが、いかがでしょうか。



 小振りなパッケージは、一般的なキングサイズシガレットのパッケージと比べると少しだけコンパクト。丈は同様にキングサイズなので変わりもありませんが、胴回りは適度にコンパクトですね。



 同封物として「細いシガレットでも損はさせませんよ」といったようなニュアンスを含む「ロングテイスト」のインサーター。恐らく、小さいと損した気持ちになるといった人が多いのでしょう。いわゆる、食べ放題で元を取ろうと必死になって最終的に苦しい思いをする微妙な人達への配慮でしょうね。

 そういえば、JTはウィンストンブランドにて「味で選ぼう」と喫煙者へ問いかけるキャンペーンを行っていましたよね。嗜好品なのだから安いものを我慢して選んだりするのではなく、きちんと味で選びましょうという美学を展開していたのです。

 確かに、当時は私もケントのエスシリーズなどを喫している方を見ては「あれ、あまり美味しいとは思わないけれど、あの人は美味しいと思って喫しているのかな」などと思ったりしていましたからね。



 小振りなパッケージで格安な銘柄ではありますが、多くの他社銘柄とは異なり20本詰めとなっています。




 ミディアムスリムという少しだけ細身のシガレットですが、私的には違和感も覚えません。細すぎるという印象は全く無く、むしろピシッとタイトな印象を覚える太さのように思えますね。

 それよりも、共通化されたシガレットデザインによりタールバリエーションであるTar6mgやTar3mgと見分けがつきにくいことの方に驚きなのです。流石にTar1mgともなれば空気穴の配置などで見分けがつきやすいかと思いきや、似たような間隔で配置されているため、ぱっと見では区別がつきません。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、わりとスタンダードにTar1mgらしい製品となっていますね。

 何と言うのか、ここ最近はTar1mgでも吸い応えなどの味わいへ付加価値を与えた製品が多かったように思えますが、この煙草は特に何事も無くTar1mgらしい製品となっているのです。Tar1mgらしく軽快で、ほんのりと甘い香りがウィンストンのブルーシリーズらしいものとなっています。

 ただし、しっかりと機能面では付加価値を感じることが出来ますね。搭載されたロングテイスト機能により、スリムなキングサイズシガレットにしては喫煙時間が長めと感じられるのですから。その手の最大手ブランドであるアメリカンスピリットとは異なり、決して長過ぎるという印象は与えないだろう絶妙な延長加減なのです。

 総じて、確かにTar1mgらしく吸い応えには欠く印象も否めませんが、それは恩恵として軽快さと甘い香りの際立ちに一役を買っているとも思えます。後味も非常にスッキリとしていますし、ライトなスモーカーには程よい煙草ではないでしょうか。

 旧来のスタンダードな太さの100'sと比べると、少し細く短くなったことにより輪郭がシャープになったので、Tar1mgの弱点を補うようで良い感じです。

 Tar1mgは、正に香り重視といった感じの仕上がりなのでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar1mg Nicotine0.1mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る