Winston Mini Sweet White One を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻:「ウィンストン・ミニ・スイート・ホワイト・ワン」の喫煙感想



 ウィンストンブランドへ加えられたレギュラーサイズシガレットはホワイトと冠するTar1mg。紙巻「ウィンストン・ミニ・スイート・ホワイト・ワン」を吸ってみた。


 旧三級品などで御馴染みのフィルターレギュラーシガレットを採用する、少し安い価格も売りとなっているシリーズですね。そのミニシリーズのTar1mgはホワイトと冠する、旧キャスター系に倣う煙草なのです。

 ちなみに、このミニシリーズにはタールバリエーションも用意されていますが、Tar8mgのブルーとTar12mgのレッドはキャラクターも異なる煙草となっています。日本たばこ産業にしては珍しく、ラインナップが膨らむことを避けたようにも思えるため、もしかすると試験的なシリーズなのかも知れませんね。



 塗りつぶしのビビッドカラーが映えるレッドとブルーと比べれば、柔らかさを覚えさせる落ち着いた色合いのパッケージとなっていますね。目を引く小振りなパッケージと相まって、中々に素敵な印象なのです。
 


 一般的なキングサイズのシガレットと比較すると、やはり短いですね。全長は70mmほどとなっています。

 また、この煙草はTar1mgのシガレットですが、他のミニシリーズと同様にフィルターはチャコールを使用しないプレーンタイプとなっています。フィルター部分の短いレギュラーサイズのシガレットでは、フィルターをセパレート化しなければならないチャコールフィルターは技術的に使用が難しいのだとか。

 そのため、この煙草はミニシリーズの中でも、取り分け中々に苦労があったそうな。
  

[✓] 喫煙の感想・味・香り
 
 この煙草は、最軽量のTar1mgながら中々に吸い応えのある煙草となっているのです。

 まず、特徴的であるのはシガレットの香りです。旧キャスターから引き継いだウィンストン・ホワイトのキャラクターを踏襲していると見せかけながら、シガレットの香りからして異なる味わいであることを察するものとなっているのです。

 何と言うのか、香料感に溢れる甘い香りが豊かな点にはスタンダードのホワイトと同様のスイートキャラクターを覚えさせてくれるでしょう。しかしながら、その甘い香りの内容がスタンダードなホワイトとは異なるものとなっていますね。

 ふわっとリアリティに富むバニラエッセンスの香りが印象的であるスタンダードなホワイトとは異なり、このミニシリーズのホワイトは「ミルクキャラメル」を思わせる甘い香りを漂わせていますから。受ける印象こそ同様のものでありながら、その香りは異なりを見せているといったところなのです。

 ちなみに、フィルターにチャコールを使用することが出来ないという制限のあるレギュラーサイズのシガレットにおいて、さらにはTar1mgという仕様の上では、あのキャスターの「ふわっとしたスイート感」は再現も困難であるそうです。それゆえのアレンジが、このようにシガレットの香りに表れているのでしょう。

 実際にも、このミニシリーズのホワイトにはキャスターならではのバニラよりも、キャラメル系の香料を意識して使用しているそうですから。

 そして喫味の方はというと、こちらもスタンダードなホワイトとは少しキャラクターの異なるものとなっているようですね。やはりバニラというよりはキャラメルを思わせる香りであり、スイート感という共通のキャラクターながら味わいの異なる仕上がりっとなっているのです。

 これは、近いところだと先にリリースされているメビウスのリッチプラスシリーズを彷彿とさせる味わいに思えます。そのリッチプラスのキャラメルマキアートのようなフレーバーに、ふわっとスイートなキャスターのキャラクターを織り交ぜた味わいとでも言ったところでしょうか。

 また、フィルターの短いノンチャコールなレギュラーサイズシガレットということもあり、Tar1mgにしては中々のボディ感となっていますね。この煙草もホワイトシリーズらしく柔らかな質感が喫しやすさを覚えさせるものですが、同時にパワフルな印象も覚えさせてくれるのです。このパワフル感がキャラメルらしいフレーバーと非常にマッチしていて、まるで濃厚なミルクキャラメルを思わせる味わいとなっているのですよ。

 リッチプラスのようにフレーバーの輪郭が目立つことも無く、ホワイトシリーズらしく調和を意識したバランスとなっています。このように、あまりフレーバーばかりが目立つこともない点も特筆すべきでしょう。

 総じて、旧キャスターのホワイトシリーズかと言われれば具体的な内容は少し異なります。あちらが「ふんわりスイート」ならば、こちらは「濃厚スイート」といったようなキャラクターですね。価格も控え目にTar1mgで吸い応えもありの香りも良しと、かわいいパッケージも相まって私的には中々に良い感じなのです。

 ミニシリーズは、どれも個性が豊かで良いですね。この煙草はというと、しれっと様々なセグメントに対応する素敵な煙草なのでした。

 あと、今回のウィンストンのレギュラーサイズシガレットを採用したミニシリーズを喫して思ったのですが、煙草って長さが短い方が個性が際立つのではないかと思ってしまいました。取り分け日本ではマイルドな味わいが好まれる傾向も理解はしていますし、フィルターの長い100'sサイズは喫しやすいことも分かています。それでも、やはり少なからず個性もマイルドになってしまっているのだなと思ったのです。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar1mg Nicotine0.1mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る