Winston XS 6 100’s Box を吸ってみた

Winston XS 6 100s BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 100’sシガレットへ成りを改めたウィンストンのTar6mg。

 「ウィンストン・XS・6・100’s・ボックス」を吸ってみた。

 さぁ、Tar6mgのウィンストンと言えば短期的に何度も装いや名称に味わいなどを改めてを繰り返していた忙しない煙草でもあったのですが、そこそこ細々に長いことラインナップされているタールバリエーションではあります。今回の大規模なウィンストンファミリーの改革により、またまた仕様やらを改めることとなったのですが、そんなこんなで今までキングサイズであったシガレットは100’sシガレットとなり、他の新生ウィンストンと揃えるように「LONG TASTE」と銘打つ燃焼時間の増加という機能性を実装しました。

 また、Tar3mgやTar8mgにTar10mgという新たなタールバリエーションも同時に追加されたため、もうTar1mgと陰陽のような関係で孤軍奮闘しなくてもいいといった救済フラグ感。

 果たして、挽回することが叶うのでしょうか。

Winston XS 6 100s Box Winston XS 6 100s Box

 他のタールバリエーションと同じく、ブルーカラーを基調としたラウンドボックスなパケージなのですが、このTar6mgは垢抜けた印象が強い色合いですね。

Winston XS 6 100s Box シリーズで共通のデザインとなっているメタリックブルーで「XS」と意匠が施されたフィルターチップ。

 100’sシガレットとなったことでフィルターこそ少し長くなったもののキングサイズのTar8mgやTar10mgと比べても受ける印象に大きな差異は感じないのです。

 ちなみに、空気穴は小さめが2列でレイアウトされていて、フィルターにはチャコールフィルターが使用されています。


喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、タールバリエーションの中でもミドルポジションということもあってか、個性も程好く香りとボディ感が拮抗したような味わいに仕上っているのです。

 喫味の方は、Tar6mgというスーパーライトなシガレットらしく空気量の増加により口当たりに少しだけ刺々しさを含み始めてはいますが、これは特に気になるような程度でもなく謳い文句の「スッキリ系」と言うに相応しい軽快な吸い心地となっています。量感こそ相応に抑えられてはいるものの心地の良い程度に新生ウィンストンらしい豊かな甘さが味わいにて際立ち、このタールクラスらしい空気量の増加による比較的シャープな輪郭により軽快ながら中々の吸い応えを持ち合わせてもいるのです。

 また、空気量の増加によるのか高タール版と比べて香気が抑えられている分だけ煙草らしいタール感が浮き立っているため、香りとボディ感とのバランスが五分五分な印象は程好く甘さを楽しみたいような偏りを苦手とする中庸派には打ってつけに思えます。

 良い塩梅に時間をかけて燃えてくれる長めな燃焼時間の設定も、過不足の無い感じで好印象。

 多くの銘柄に「もう少し長く楽しめたら良いのに」とか、アメリカンスピリット銘柄に「長いのは良いけど長すぎは鬱陶しい」と思う方なんかには、非常にマッチしていそうです。

 総じて、以前のTar6mgと比べると100’sシガレットとなり火種が遠退きフィルターが長くなったためか味わいや質感の密度は減ったように思えますが、それが良い塩梅に今までの野暮ったさを解消して軽快さを打ち出したような感じなので、ある意味で試行錯誤の終着点に思える仕上がりの煙草なのでした。また、スッキリ系らしく軽快な吸い心地ではありますが、味わいが軽いながら香り豊かに甘さの効いた非常に濃いものなので、よっぽどリッチなテイストとなっているのです。

いや、良い良い。


Tar6mg Nicotine0.5mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る