Winston XS 8 Box を吸ってみた

Winston XS 8 BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 ウィンストンは新生ラインナップの「スッキリ系」を謳うシリーズのタールバリエーションでTar8mg。

 「ウィンストン・XS・8・ボックス」を吸ってみた。

 キャスターとキャビンをウィンストンブランドへ統合し、ウィンストンラインナップの本体も過去に無い勢いでラインナップを拡張し、急に賑やかになったウィンストンファミリー。「スイート系」と謳う旧キャスターや「ビター系」と謳う旧キャビンのように、この煙草のシリーズは「スッキリ系」と謳われていますね。スイートやビターという表現と比べれば「スッキリ」というのは中々に要領を得ない表現ではありますが、詰まるところ「スタンダード」という特性をアピールしたいのでしょう。価格帯や展開の内容を見るに、外国主要銘柄のラークやケントを意識している様を嫌でも察しますしね。

 オマエラの相手はメビウスじゃねぇ、ウィンストンじゃ、みたいな。

 ちなみに、この「スッキリ系」のTar8mgとTar10mgはキングサイズでの展開となっていますが、高タール製品を好む方々って100’sサイズよりキングサイズの方が好きなのでしょうか?

 逆に、ライトな煙草を好む方々は100’sサイズが好きなのでしょうか?

 同社のメビウスなんかも、Tar10mgとTar8mgに100’sシガレットのバリエーションが追加されたのは遅れてのことだったと思いますし。どうなんでしょう。

Winston XS 8 Box パッケージはラウンドボックスとなっていて、かなりメビウスを意識したようなデザインに仕上げられているのです。

 JTは将来的にウィンストンブランドをメビウスとの二大看板に仕立てたいようなので、意図的に近いイメージに仕上げたのだと思われます。

 中々の大騒動でもあるため、今後の外国煙草の反応も気になるところ。

Winston XS 8 Box これらの新生ウィンストンから実装された「ロングテイスト」という機能は「特別な巻紙により長く煙草を楽しめる」と謳われています。

 これは「要するに燃焼時間が長くなったから喫煙時間も長いよ」というような機能である様子。

 ちなみに「ブランド変更にあたって味や香りの変化はない」というアナウンスの旧キャスターやキャビンにも、ウィンストンブランドへの統合と同時にロングテイスト機能は実装されているので、喫味に作用するような仕掛けではないようですね。

Winston XS 8 Box Winston XS 8 Box

 インサーターでも大々的に「ロングテイスト」がアピールされているのですが、これはトータルコストで良好な一面に支持を集めるアメリカンスピリットの伸張を意識していたりするのでしょうか。

Winston XS 8 Box Tar10mgと比べても殆ど差の無いフィルターチップのデザインは、比べると空気穴の感覚が少しだけ詰められているものの一見では違いにも気が付きません。

 私的に、このフィルターチップのデザインって非常に好みなのですよね。

 ちなみに、国内向けウィンストンらしくチャコールフィルターが使用されています。


喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、まぁ、順当にライト化した煙草といった感じで、シガレットの香りは香料を効かせた国産シガレットらしい甘い香りではあるもののTar10mgと比べれば少し香りの量感は抑え気味に感じられます。

 喫味の方も、それこそTar10mgを喫した直後に比べると味わいの全体的なトーンダウンは確かに感じられ、少しのヤニっぽさや気持ち紙臭さを感じなくもありません。単体で楽しめば差し障りなくリニューアルウィンストンの甘さに際立つ味わいを楽しめるかと。

 また、ライト化により軽快さには磨きが掛かり、キレの良さも感じられますね。新生ラインナップにて「スッキリ系」と謳うバリエーションなだけあり、程好い味わいの濃さと量感がありながら、決して嫌に感じるものを残さない仕上がりは正しくスッキリ系。

 ただ、先述の通り味わいのトーンダウンは否めないために「豊かなのに軽い」といったようなギャップ感も薄く、そういった意味では「順当にスッキリ系」と落ち着いている感じ。

 総じて、やはりTar10mgより味わいが少し抑えられてはいますが、その分だけ「煙草らしいキツさ」という面が相対するように浮き立っているために、単純な充足感という点に関しては大差もないように思えることはライト主義の方にとっては嬉しいファクターなのかも。

 曲者が多いフレーバーシガレットは苦手だけど煙草は豊かな甘さこそが正義で、現代的喫煙者らしさも至極と口当たりや質感は軽やかに多分な充足感を得たい、という肥えた喫煙者にとっては非常にピッタリな煙草なのでした。

 ちなみに、個人的には量感による煙草らしいキツさよりは豊かな味わいや風味を楽しみたいので、比べるとTar10mgの方がマッチしているのです。

 と言うよりも、Tar10mgで感動した要素が少しだけトーンダウンしているにも関わらずキツさは差も少なく据え置きな感じなので、それならTar10mgで良いかなと思ってしまう感じ。ほんと、このウィンストンシリーズは甘さに際立つ味わいで大好き。

 ロングテイスト機能による燃焼速度も、あからさまに遅いわけではないのですが確かに程好く遅めと、中々に良い感じで一服の時間を稼ぐことが出来ますよ。


Tar8mg Nicotine0.7mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る