Winston XS Sparkling Menthol 5 Box を吸ってみた

Winston XS Sparkling Menthol 5 BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 新たに「スイート系」としてウィンストンファミリーに追加されたシリーズのタールバリエーションはTar5mg。

 「ウィンストン・XS・スパークリングメンソール・5・ボックス」を吸ってみた。

 メンソールシガレットにしては珍しい印象の「ビター系」というキャラクターが特徴的であったスピリッツメンソールに続き、新たに「スイート系」というキャラクターを持して追加されたスパークリングメンソールというシリーズのタールバリエーションです。

 他のウィンストンのメンソールシリーズと同じく、Tar8mg/Tar5mg/Tar1mgのタールバリエーションで構成されていて、こちらは中間バリエーションであるTar5mgとなっています。

 先のスピリッツメンソールと同様にフレーバーカプセルを搭載したメンソールシガレットとなっていて、メーカーによると「新感覚!シュワっと爽快、贅沢な甘み」というメンソールシガレットとなっているそうなのです。

Winston XS Sparkling Menthol 5 Box Winston XS Sparkling Menthol 5 Box

 現行のウィンストン銘柄に漏れ無く搭載されることとなった、特殊巻紙により燃焼速度を遅めて喫煙時間を延長させた「ロングテイスト」の説明は、相変わらずビニール包装にて実施されていすのです。

 また、インサーターではフレーバーについてのアピールが実施されています。

Winston XS Sparkling Menthol 5 Box 先のスピリッツメンソールとは異なり、フィルターチップのデザインは白基調となっています。

 ただ、カプセルマークや銘柄ロゴといった情報の他にも差し色などが配されているため、中々に賑やかなデザインとなってはいるのです。

 空気穴は小さめのものが1列で配されていて、それよりもカプセルは口元寄りに配されているため、この見てくれだけでもカプセルによるフレーバーにウェイトを置いていることが察せたり出来ますね。


喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、端的にタールバリエーションとは言っても、どちらかと言えばTar8mgの味わいに近い「順当なライト仕様」と言った仕上がりとなっています。

 まず、シガレットの香りですが、青臭さが意外にも強いといった印象のスパークリングメンソールにしては、その青臭さは不思議と控え目に思える程度となっていて、だからと言って甘い香りが際立っているかと言うと、そうでもないという。要するに、Tar8mgのトーンダウン版みたいな。

 カプセルを潰して喫する喫味の方は、やはりビター系なるスピリッツメンソールに続き、中々の独特な個性に溢れる味わいであり、ありふれた「スイート」なる味わいの体現ながら、きちんと新しさを感じさせてくれる煙草に仕上がっているのです。

 何と言うのか、これは「スイート」に収まりきらず「極スイート」と思えるように、かなりスイート感に溢れる味わいとなっている感じ。この落とし所が妙であり、まとまりが良いために親しみやすさを覚える味わいではあるものの、よくよく考えてみれば非常にブッ飛んだ仕上がりとなっていますね。完全にJT節が全開です。

 イマドキなメンソールシガレットらしい強めの清涼感に、真逆の性質とも思えるフンワリとした質感の甘さ、そしてメロンを思わせるようなフレーバーと、これこそがスパークリングメンソールの特徴だと思われます。

 Tar5mgの単体の感想としては、ライト化によりボディ感が適度に薄まっていて、それに併せるように特徴的な「フンワリとした質感の甘さ」も幾分は濃度が薄まってはいるものの、その代わりにスースーする清涼感がTar8mgよりもクリアなものとなっているため、それによる刺激感がボディ感の薄まりよるパンチの減衰を補っている感じです。濃密な味わいや独特な質感にて吸い応えを覚えさせていたTar8mgとは少し毛色が異なり、それらによるボディ感ではなくメンソールシガレットらしい清涼感や刺激感で吸い応えを挺しているため、タールバリエーションの中では最もパワーバランスに普遍性を感じる味わい。

 とっても中間タールバリエーションらしい感じ。

 Tar8mgほど個性的な味わいに重量感が無いため吸い心地に軽快さを覚え、Tar1mgほど個性的な味わいのスポイルも無いために程好くスパークリングメンソールらしさを満喫することが出来るという、何ともなバランス感。

 ただ、適度な空気量の増大に伴い、スースーする清涼感がタールバリエーションの中では最も強いため、そこには好みにより評価が別れそうかも。

 総じて、確かなスパークリングメンソールらしさを感じられながらも、タールバリエーションの中では清涼感の強さとフレーバー感やフンワリとした甘さの味わいが拮抗していているため、そこに親しみやすさを覚えるタールバリエーションとなっています。Tar8mgではフンワリ感にクドさを覚えて少しグロッキーになってしまうという方や、Tar1mgでは個性が薄まりすぎてツマラナイという方なんかは、是非とも中間タールバリエーションのTar5mgが良いと思われるのです。

 フレーバーも楽しみたいけれど、強めの清涼感も捨て難いと言うような方にもマッチしそうですが、私的には強い清涼感へ傾倒したバランスは好まないので、Tar8mgの方が好みかな。

 何はともあれ、地味に新手なビター系なるスピリッツメンソールとは打って変わり、新手ながら先のメビウスのオプションに通ずる破天荒さに満ちた煙草なのでした。


Tar5mg Nicotine0.4mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る