Winston XS Sparkling Menthol 8 Box を吸ってみた

Winston XS Sparkling Menthol 8 BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 新生ウィンストンのラインナップに追加された「スイート系」を謳うメンソールシガレット。

 「ウィンストン・XS・スパークリングメンソール・8・ボックス」を吸ってみた。

 キャスターやキャビンを傘下にするようにサブブランド化し、既存のラインナップもリニューアルや拡張にと中々に賑やかになったウィンストンファミリー。先に「ビター系」と謳うスピリッツメンソールなるシリーズをリリースしたばかりなウィンストンのメンソールラインナップですが、今度は対極とも言える「スイート系」を謳うスパークリングメンソールというシリーズが新たに追加されたのですね。

 世界第二位のグローバルブランドでありながら中々に日本ではヒットに恵まれず陰日向な存在感であったウィンストンファミリーなのですが、遂に国内最大ブランドであるメビウスとの二大看板となるべく本気のテコ入れが行われた一連の流れの一段落とも言えるシリーズが、このスパークリングメンソールなるシリーズとなっています。

 そんなスパークリングメンソールはメンソールシガレットにしては珍しい印象であったスピリッツ・メンソールの「ビター系」とは打って変わり、わりと王道のようにも思える「スイート系」というキャラクターです。スピリッツメンソールと同じくフィルターにフレーバーカプセルが搭載されたタイプのシガレットとなっているのですが、何やら「新感覚!シュワっと爽快、贅沢な甘み」という売り文句から察するに、スピリッツメンソールと同様、中々に新しい何かを挺してくれそうな気配は満々なのです。

Winston XS Sparkling Menthol 8 Box Winston XS Sparkling Menthol 8 Box

Winston XS Sparkling Menthol 8 Box パッケージの各所には、特殊巻紙により燃焼速度を遅めた「ロングテイスト」の説明やら、新生ウィンストンに割り当てられている味わいのキャラクター性を示す「スイート」の表示やらが配され、インサーターでは「シュワっと爽快」なんて珍しい製品説明がされていました。

 先に「芳醇ビター系」と謳ってリリースされたスピリッツメンソールに比べれば、少し新鮮味に欠くかも知れないのですが、これはこれで中々に新しい感じはしますね。

Winston XS Sparkling Menthol 8 Box スピリッツメンソールに引き続き、インナーカットと中包装紙は品の良いシャンパンゴールドカラーで統一されているのです。

 高級銘柄としてリリースされたピースのアロマシリーズと似ている、とっても高級感のある中包装紙ですね。

 最近は、煙草も価格の高騰に合わせてパッケージ関連に力を注いでいる感じ。

Winston XS Sparkling Menthol 8 Box スピリッツメンソールはコルク柄のフィルターチップでしたが、スパークリングメンソールフィルターチップは白色基調のものとなっているのです。

 流行りなのでしょうか、これまたカプセルは非常に口元側といった位置に配されていますね。

 空気穴はカプセルの間近に小さめが間隔を広く1列で配されています。


喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、中々にスイート感の際立つ煙草となっています。

 まず、シガレットの香りですが、妙な甘さは含むものの、わりと青臭さに傾倒したメンソールシガレットらしい香りとなっていますね。スイート系と謳うわりに青臭さが強いという香りには、何だか意外性を覚えるような気がしなくもなくも。

 そして、カプセルを潰して喫する喫味の方はというと、なるほど確かに「スイート系」と謳うに納得な「フンワリとした質感の甘さ」が際立っているメンソールシガレットとなっています。シガレットの香りで一際に目立っていた青臭さは、喫味となると確かに感じられはするものの、強めのメンソールによる清涼感とフンワリとした甘さにより隠される感じで鳴りを潜めているのです。

 ちなみに、皆さん気になるだろうフレーバーのキャラクターなのですが、強いて例えるならば「メロンフレーバー」と言えるように思える喫味となっています。

 メビウスのオプションシリーズのような「明らかにベリー系」とか「どう考えても柑橘系」みたいな分かりやすさは無いですし、清涼感が強いためにピールのスイートメロンのように「至極メロン」と言うわけでもないのですが、独特なフンワリとした質感の甘さに添えられた香りは、正にメロンを想像させるものとなっているのです。この「スイート系」と言うに偽りの無い甘さと、フルーティーなメロンフレーバーによるコンビネーションは、私的にクリームメロンソーダを思わせる味わいだったりなんだり。

 そんなこんなで、メーカーの宣伝文句に含まれる「シュワッと」という件に関しても、クリームメロンソーダを想像する味わいである手前、確かにメンソールによる清涼感が何となく炭酸感を覚えさせてくれるような気はしますね。あまり注視はしないかも知れませんが、確かに「新感覚!シュワっと爽快、贅沢な甘み」と言うのは中々に的確な表現だと思えるでしょう。

 先のスピリッツメンソールのように「ビターなメンソールシガレット」と言うに物珍しい感じはしないかも知れない「スイートなメンソールシガレット」なのですが、やはりJTと言うのか、中々に「やってくれた感」というものがあります。見事に平凡に収まらず、それでいて没個性を感じさせない新しいシガレットとなっている点は非常に好印象。

 よくよく考えてみると、ここ最近の短期間で、ものすごくフレーバー系に強さを見せるメーカーとなりましたよね、日本たばこ産業って。

 フレーバー系らしく個性は爆発していながら、外国製品のソレらよりも落とし所が妙で親しみやすいものが多い点も、しっかりとスパークリングメンソールに反映されていますし良い感じ。

 総じて、メロンフレーバーがアクセントとなった非常にスイートなメンソールシガレットとなっています。そういうのが大好きな方や、ピールのスイートメロンが没して困っている方なんかは、是非ともオススメな煙草なのでした。

 ちなみに、カプセルを潰さないで喫すると、メンソールシガレットらしい香ばしさが際立ち、これはこれで良い味わいなのですが、特徴的なフンワリとした甘さとメロンフレーバーは存在感も無く、ややピリッと辛味の目立つメンソールシガレットとなるため、正に対極なキャラクターとなります。

 主喫するなら「たまに」は良いかと思いますが、基本的にカプセルは潰して喫した方が良い感じですね。ロングテイストと謳うように喫煙時間も飽きない程度に長めですし、味わいにハマれば機能的にも優れたベストシガレットとなるのでしょう。


Tar8mg Nicotine0.6mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る