Winston XS Sparkling Menthol One 100’s Box を吸ってみた

Winston XS Sparkling Menthol One 100's BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 ウィンストン騒動の一段落とも言えるシリーズのTar1mg。

 「ウィンストン・XS・スパークリングメンソール・ワン・100’s・ボックス」を吸ってみた。

 急に賑やかになったウィンストンファミリーの一連の流れの一段落とも言えるようにラインナップされたスパークリングメンソールなるシリーズのTar1mg。流行りのフレーバーカプセルを搭載したメンソールシガレットとなっていて、メーカーは「新感覚!シュワっと爽快、贅沢な甘み」というキャラクターを謳っていたりなんだりなシリーズなのです。

 そんなこんなで、イナズマメンソールの「ストレート系」やスピリッツメンソールの「ビター系」というキャラクター付けに倣い、このスパークリングメンソールは「スイート系」と判を捺されていますね。

 ちなみに、定番のようにTar1mgだけは100’sシガレットでリリースされています。

Winston XS Sparkling Menthol One 100's Box Winston XS Sparkling Menthol One 100's Box

Winston XS Sparkling Menthol One 100's Box 特殊な巻紙により喫煙時間を長めにした「ロングテイスト」の説明は、ここ最近では毎度の通りなビニール包装にて実施されていて、インサーターでは製品特性の説明ですね。

 このあたりに関しては、他のタールバリエーションと変わらない構成となっているのです。

Winston XS Sparkling Menthol One 100's Box フィルターチップもタールバリエーションと変わらない白色を基調としたデザインとなっているのです。

ただ、フィルターパートの長い100’sシガレットということで、やや余白感のある印象は受け取れますね。

 空気穴はTar1mgという仕様にしては控え目にも見て取れる感じで、大きくも小さくもないサイズのものが1列で配されているのです。


喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、至ってTar1mgらしい軽量化による作用が味わいに影響しているような仕上がりとなっています。

 まず、スイート系と謳うには裏腹と言ったように、相変わらず青臭さの強めなシガレットの香りなのですが、何となしにTar8mgやTar5mgと比べるとフンワリとした甘い香りも強めに感じられます。

 カプセルを潰して喫する喫味の方は、ほんのりとメロンを思わせるようなフレーバー感と、そのフレーバーに由来するような独特の甘味といったスパークリングメンソール特有のキャラクターが、比較的ストレートなメンソールの清涼感に添えられているような味わいとなっているのです。

 ただ、空気量が最大まで増量したため清々しいと言うのか、悪く言えば「空気感」が強いため、このスパークリングメンソールの特徴でもあるメロンを思わせるようなフレーバー感や「フンワリとした質感の甘い味わい」はタールバリエーションの中でも最も存在感は薄めとなっています。タールバリエーションの中ではメンソールシガレットらしい青臭さと清涼感へのウェイトが大きく、スパークリングメンソール特有のフレーバー感やフンワリとした甘さは強めな青臭さと清涼感に掻き消されている感じは否めませんね。

 わりとスタンダードなTar1mgのメンソールシガレットらしさをベースに、スパークリングメンソールの特徴を添えているようなパワーバランスとなっているため、高タール版と比べると少し面白味には欠くかも知れません。

 総じて、空気量の増大に伴う個性の減衰は否めないものの、それでも確かにスパークリングメンソールらしい個性は感じられる程度に残されていて、キャラクターに傾倒しすぎないメンソールテイストとのバランス感は人によっては好ましいと思える程度なのかも知れないのです。

 このスパークリングメンソールの個性的な味わいは、ここまで薄くなってしまうと先に発売されたラークのトロピカルシリーズと似通った味わいと思えてしまうため、特別にTar1mgという仕様に執着しないのであれば、素直に高タール版を選んだ方が良いように思えたりなんだり。

 メンソールテイストにストレートさを含むから比べては良いものの、フレーバーやらの個性に「掴み所」が無くなってしまったような感じが、何だかトロピカルシリーズに通ずる気持ち悪さを覚える要因となってしまっているのです。

 ちなみに、カプセルを潰さないで喫するとメンソールシガレットらしい香ばしさと煙草らしい甘味がメインな味わいとなるものの、やや空気感が強すぎて紙臭い点が難点。

 また、ロングテイストと謳う通りに喫煙時間は長めであり、更にはTar1mgと言う空気量の多い仕様と相まってタールバリエーションの中でも断トツで喫煙時間は長めとなっているため、経済的にはエコな煙草かも。


Tar1mg Nicotine0.1mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る