Winston XS Spirits Menthol One 100’s Box を吸ってみた

Winston XS Spirits Menthol 1 100s BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 メンソールシガレットにしては珍しく「ビター」を謳うシリーズはタールバリエーションのTar1mg。

 「ウィンストン・XS・スピリッツメンソール・ワン・100’s・ボックス」を吸ってみた。

 メビウスとの二大巨頭になるべくファミリーを勢いよく拡張しているウィンストンブランドは、ノンメンソールのラインナップ拡張に一区切りをつけたと思いきや、今度は間髪も入れずにメンソールラインナップへ手を加えた模様。その一弾として、この「スピリッツ」と冠するシリーズのメンソールシガレットが新たにラインナップされ、この煙草はタールバリエーションの1つであるTar1mgとなっています。

 シリーズのタールバリエーションは、このTar1mgの他にTar8mgとTar5mgが同時にラインナップされたという抜かりの無さもあり、メンソールラインナップも中々に意気込みが伝わってくる様となっているのです。

 ちなみに、ノンメンソールのラインナップと同じく、メンソールのラインナップにも「~系」という役割分担があるようで、このスピリッツシリーズは「ビター系」を担当しています。メンソールシガレットで「ビター系」と言うのは、中々に新鮮な感じに思えたりなんだり。

Winston XS Spirits Menthol 1 100s Box 新生ウィンストンファミリーの特徴でもある「ロングタイム」という機能は、メンソールラインナップにも搭載されています。

 特別な巻紙を使用することによって燃焼を遅くしているようで、要するに「燃えるのが遅い」という嬉しい特徴。

 ついにソフトパックのウィンストンにも搭載されるようなので、漏れ無く搭載されている機能となる様子。

Winston XS Spirits Menthol 1 100s Box メンソールシガレットなのに「芳醇」と言うのは、リニューアルしたセブンスターのメンソールラインナップと似たような謳い文句にも思えますね。

しかし、それよりも注目すべきなのは「ビター系」と謳っている点かも知れません。

 これは中々に他のメンソールシガレットでは見かけることも無かった謳い文句ですし、今までの製品を見るに両立するのかすら怪しく思えてならない、とても気になる製品特徴ですよね。

Winston XS Spirits Menthol 1 100s Box このTar1mgも他のタールバリエーションと同じく、フィルターチップには製品傾向を意識してかコルク柄のものが使用されています。

 パッケージデザインと同様にモダンビンテージのように素敵な雰囲気を漂わせているのです。

 ちなみに、空気穴はTar1mgにしては量も控えめに感じる程度となっていて、小さめのものが1列だけ設けられているに留められています。


喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、ビターテイストを謳うスピリッツメンソールのタールバリエーションの中でも、取り分け「甘味」が目立つ味わいに仕上がっているのです。

 まず、シガレットの香りは他のタールバリエーションと同じく、強めにメンソールの香りが立つために気が付きにくいのですが、奥の方にグレープフルーツの果肉のような香りや、スピリッツと言うに相応しい酒臭さが感じられます。酒を効かせた菓子類のように、大人な嗜好品といった様が何とも素敵。

 カプセルを潰して楽しむ喫味の方も、なるほど「ビター」が言い得て妙な、心地の良い苦味を含む喫味となっていることはシリーズに共通の印象となっています。ざっくりと例えると、このシリーズは先のオプション・イエローに近い柑橘系を思わせるフレーバー感でありながら、あちらはレモンキャンディーのような酸っぱさにスポットしたフレーバーであることに対し、こちらは果皮のような素材感をビターテイストとして昇華したようなフレーバーとなっていますね。

 やはり、オトナな印象。

 ですが、空気量の増大によるのか、タールバリエーションの中では軽快さに伴い質感に柔らかさが感じられ、爽やかな甘味がビターテイストに拮抗する感じとなっているため、中々に高タール版とはパワーバランスに差異を感じる味わいとなっています。ビターテイストなる苦味も際立つけれど、甘味も負けずに力添えしている感じは、タールバリエーションの中でも中庸的なバランスの良さを感じる味わいであるために、Tar1mgという仕様と相まって非常に取っ付きの良い感じなのです。

 紫煙の香りが独特の甘い香りとなっている点は好き嫌いが別れそうですが、LONG TASTEを実装した新生ウィンストンのラインナップの例に漏れず、程好く長めな燃焼時間は多くに良いと思われそう。

 ちなみに、カプセルを潰さないで吸うと更に苦味が際立ち、キレの良さと引き換えに甘味は失せてフレーバー感も鳴りを潜めるのですが、こちらも中々に良い感じ。これは、カプセルの有り無しでコントラストを楽しめるし、何となく一石二鳥かな。

 と言うか、カプセルを潰さない方が「ビターに一辺倒」な気がしないでもなのです。

 総じて、ビターテイストという基本的なキャラクターはタールバリエーションと共通しながら、高タール版で感じる「塊感」が空気量により程好くほぐされていて、メンソールの清涼感が澄んだ印象となり甘味が増した味わいは、個性こそ薄まりを感じるものの程好いパワーバランスに落とし込まれています。

 ビターな中にもスイートが欲しい方は、軽すぎると敬遠せずにTar1mgを試すのもアリではないでしょうか。


Tar1mg Nicotine0.1mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る