Winston XS Spirits Menthol 5 Box を吸ってみた

Winston XS Spirits Menthol 5 BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 スピリッツと謳うビターテイストが特徴な新シリーズはタールバリエーションのTar5mg。

 「ウィンストン・XS・スピリッツメンソール・5・ボックス」を吸ってみた。

 本腰を入れて拡張されたウィンストンファミリーに加えられた、最近の流行りでもある「フレーバー系メンソールシガレット」に当てはまるタイプの煙草で、このTar5mgの他にも上下にTar8mgとTar1mgのタールバリエーションが揃えられた「スピリッツメンソール」なるシリーズ。

 メンソールシガレットの新ラインナップもノンメンソールの新ラインナップと同じように役割分担があり、このシリーズは「ビター系」なメンソールシガレットとのことですが、今までのメンソールシガレットでは中々に類を見ないキャラクターはブリティッシュグリーンカラーが古典的な渋さを印象付けるパッケージデザインとは裏腹に、内容としては非常に新鮮な印象のシリーズですね。

 ちなみに、ハイライトのイナズマメンソールからの引き継ぎである旧来のウィンストンのメンソールラインナップは「ストレート系」と謳われ、続いて「スイート系」と謳う新シリーズのリリースも予定されています。ノンメンソールの新ラインナップと同じように、メンソールの新ラインナップも中々の本気を察する構成となるのですね。

 最近は喧嘩を売られっぱなしというか、他所様には目を向けずな独走状態であったJTでしたが、ここに来てのウィンストン騒動は、ようやく外国煙草にアタックを仕掛けた構図の現れにも思えますし、最近の市場を見るに長期戦は必至でしょうが、じわじわと来ると思いますよ。振り幅も広く良い煙草が揃ってますから、新生ウィンストンのラインナップは。

Winston XS Spirits Menthol 5 Box Winston XS Spirits Menthol 5 Box

Winston XS Spirits Menthol 5 Box 蒸留酒という意の「スピリッツ」という冠もあってか、パッケージには中々に濃密そうな液体のイメージがデザインされているのですが、私的には芳醇だとかコクだとかって蒸留酒より醸造酒の方が向いた表現だと思う反面で、だからと醸造酒って至極端的に全般を示してくれるような単語が思い付きませんよね。

 ちなみに、特殊な巻紙により燃焼速度を遅くする「ロングテイスト機能」を搭載しています。これにより、シガレット一本あたりの喫煙時間を少し長めにすることが出来すのです。

Winston XS Spirits Menthol 5 Box どちらかと言うとクラシカルなイメージを意識した煙草であるのか、昨今では珍しくフィルターチップにコルク柄のものを使用しているのです。

 さりげないラインや色の使い方など、中々に嫌味なく凝ったデザインとなっていますね。

 ちなみに、空気穴は小さめが1列で、最近のJTの主流となっているのかカプセルは最近に多い極口元側の配置となっています。


喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、タールバリエーションの中でもパワーバランスが良い感じの、正に中間ポジションといった煙草に仕上がっています。

 まず、シガレットの香りは「スピリッツ」なるほどな酒らしさが心地の良い香りとなっていて、柑橘系エキスを使用したスピリッツみたいな香りなのです。ただ、最近のフレーバー系メンソールシガレットと比べると少し量感は控え目な印象で、酒らしさや柑橘系らしさは誇張も無く奥の方に佇んでいる感じとなっています。

 喫味の方は、確かに「ビター」なる文句も納得な、ほろ苦さを感じるメンソールシガレットという、何とも独特な味わいの煙草となっているのです。

 これがまた、今までのシガレットには無かったと思える味わいであり、中々に面白いものとなっていますね。ビターテイストと言っても、その「ほろ苦さ」が味わいを先行するようなものではなく、あくまで甘味やメンソールの清涼感とともに含まれるという様なので、非常に協調性の高いビターテイストに仕上げられているのです。最近のメンソールシガレットらしい強めな清涼感と心地の良い甘味を基本に、オレンジピールのような苦味を含む柑橘系フレーバーがアクセントとなっている感じ。

 ほろ苦さを挺するフレーバーも、独特ながらフレーバー感の加減は控え目と思えるように、メンソールシガレットらしい味わいも多分に感じるバランス感は、何とも良い落としどころで好印象。

 最近の「この手のもの」 に多かったような「フレーバーが全てで支配的」というキャラクターとは異なり、あくまでメンソールシガレットらしさを尊重する志向性のもと、引き立て役として配されたようなフレーバー感は、最近のフレーバー系メンソールシガレットに対して「やりすぎ」と思う方なんかには非常に好ましいと思ってもらえそうかな。

 オトナな、さじ加減。

 最近のJTのメンソールシガレットにしては、メンソールの青臭さも強めに感じるような気がしますが、それすら計算の内と思えるくらい、ビターなフレーバー感とマッチしています。Tar8mgと比べて空気量が増えたことによるのか、Tar8mgで感じた「塊感」という感じの濃さも程好く薄まり、よりメンソールシガレットらしい清涼感が際立っている点も中々に差異があり良いように思えるのです。

タールバリエーションの中でも、ビターなキャラクターは確かに活かされながら、最も「爽快感」 を感じられる仕上がりとなっているので、メンソールシガレットとしても中々に楽しめますし。

 総じて、独特の柑橘系ピールのようなビターフレーバーとメンソールシガレットらしい味わいを程好いバランス感で楽しめる仕上がりは、正しく中間タールというバリエーションを全うしている煙草となっているのです。

 私的には、この軽快な吸い心地の加減は据え置いて、もう少しメンソールの清涼感が弱いとベストなのですが、今はメンソールシガレットと言えば「強メンソール」が当たり前の御時世ですからね。仕方ありません。

 ちなみに、カプセルを潰さないで吸っても他銘柄のような大きすぎる差というものは無く、全体的にトーンダウンはするものの、ボディ感が増して甘味にスポットされた喫味となり、これはこれで中々に良い感じ。

 フレーバー感やメンソールの清涼感が薄らぐことは賛否両論かも知れませんが、そのフレーバーやメンソールの清涼感に疲れを覚えた時や、少し濃い煙草感を味わいたい時なんかは、カプセルを潰さないで吸うのもアリかも知れませんね。

 あ、ロングテイストなる機能も確かに実感することが出来るくらいに、燃焼時間は少し長めに感じるものとなっていますよ。


Tar5mg Nicotine0.4mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る