Sometime Lights を吸ってみた

Sometime LightsInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 独特なメンソールフレーバーが特徴となっているサムタイムのライトバージョン。

 「サムタイム・ライト」を吸ってみた。

 サムタイムは国産メンソールシガレットの黎明期に登場した中々に歴史のあるブランドで、ウィキペディアの編集さんによると国産初のフィルター付きメンソールシガレットである「エムエフ」というメンソールシガレットの後継ブランドであるらしいのですが・・・。

 なんだ、エムエフって。

 最初期は「わかば」なんかと同じフィルターロングシガレットでデビューし、その後も着々とメンソールシガレットブランドとしてラインナップを増やしていったものの、最後の最後はサムタイム・ライトを残すのみとなり、それも東日本大震災による銘柄削減の対象となったために2011年でブランドの幕は閉じてしまいました。

Sometime Lights フォントによるところなのか分かりませんが、パッケージなどの印象も込みで、中々にレトロな浪漫を感じさせてくれるフィルターチップなのです。

 古臭い空気が、何とも妙な雰囲気を演出していて良い感じですね。

 ちなみに、空気穴は小さいものが2列となっていて、多くのメンソールシガレットの例に漏れずプレーンフィルター仕様となっています。


喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、ここ最近の主流でもあるスペアミントに傾倒したメンソールシガレットとは異なり、ペパーミントによる独特のメンソールフレーバーが印象的なメンソールシガレットとなっています。そのメンソールフレーバーにはスースーする清涼感や刺激などは殆ど含まれておらず、独特の苦味と青臭さが「メンソール」というよりも「ミント」と言った様の味わいとなっているのです。

 多くのメンソールシガレットとは異なり、酸味のようなものが強い味わいですね。これが独特の「フレッシュ感」を演出している肝なのだと思います。フィリップモリスのメンソールなんかが好きならば、かなり近い味わいであるためにマッチするのではないでしょうか。

 あ、プロネックス仕様になる以前のフィリップモリスのメンソールシガレットの方ですよ。

 総じて、独特ながらメンソールのフレーバーが弱めということもあり、豊富な煙量で煙草らしい味わいと拮抗している様は、メンソールシガレットでも「煙草感」を求めるユーザーに好まれるような煙草なのでした。


Tar8mg Nicotine0.7mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る