WR250X アチェルビスのバーパッド装着

Acerbis Bar Pad WR250Xには剛性を高めるために「ハンドルブレースバー」が一体となったハンドルが装着されています。

 だ・か・ら・・・。

 みんなも付けたくなりますよね!バーパッド!

 だから付ける!バーパッド! その記録!


▼バーパッドとは


 バーパッドというパーツは、本来は派手なパフォーマンスを必要とするレース車両などの補強パーツである「ハンドルブレース」に装着し、そのハンドルブレースに顔面などを強打してしまうケースを考慮して取り付けられる緩衝パーツです。

 まぁ、公道でジャンプするわけでもないので、私の場合は専らドレスアップ目的ですね。

 ちなみに、WRシリーズはテーパードなどの社外ハンドルに交換することも多いかと思われる車種ですが、冒頭の通り、私はハンドルブレース一体型の純正ハンドルそのままなので、バーパッド単体の用意のみで事足ります。


▼バーパッドを選ぶ


 バイクがWRなのでYAMAHAのバーパッドでも良かったのですが、色がヤマハのレースカラーであるブルーしか見当たらなかったので、どうにもWRはWRでもXには似合わなさそうでした。

 で、物色の結果、アチェルビスのバーパッドを使うことに決めました。

 特にアチェルビスのパーツやアパレルを使っていたりするわけではないのですが、バーパッドにしては落ち着いたデザインですし、何より車体色とマッチしそうだったので、縁もゆかりも無いアチェルビスのバーパッドをチョイス!


▼装着してみる


Acerbis Bar Pad Installing!

 うん、良い感じ。全くと言って良い程に主張が無く、車体色と相まって程好く同化してくれているのです。

 ちなみに、バーパッドのサイズは5.5cm×24cm。


▼少し誤算だったこと


 基本的には究極のポン付けパーツであるために、ものの五秒とも掛からずに装着できるバーパッドなのですが、私の場合は少し誤算がありアホみたいに時間を食ってしまいました。

Acerbis Bar Pad コイツです。電源としてサインハウスの「5V6A」というパーツを使っているのですが、がっつりと干渉してしまったのです。

 超コンパクトなデバイスなので大丈夫だろうと高をくくっていたら、ちょっと厳しい様相と相成りましたね。

 とは言え「ちょっと厳しい」という表現の通り、5V6Aの金属筐体に甘えてゴリ押しで解決しましたが。


▼結局の感想


 ハンドル周りに程好く肉感というか色気が加わったので、良い感じなのです。「メーターの視認性が悪くなるかな」とか懸念していたこともありましたが特に障ることもなく、そもそもメーターなんてロクに見ないことに気が付きましたよ。

 何はともあれ、本来の役割を果たす日が来ないよう、安全運転で。

 ふんばります///


▼あわせて他記事どうぞ▼
小目録「Motorbike & Accessories Logs」へ戻る
大目録「Motorbike」へ戻る