Hope (10) を吸ってみた

Hope 10Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

ショートホープの愛称で親しまれるホープのオリジナル的ポジション。

「ホープ(10)」を吸ってみた。

あまり呼ばれることも少ないでしょうけれど、正しくは「ホープ(10)」という製品名の煙草。

おおよそ単に「ホープ」と呼ばれるか、愛称の「ショートホープ」もしくは略称である「ショッポ」と呼ばれるため、字面を除いて「ホープ(10)」と示されることは無いでしょうね。

板前でないのに「アガリ」とか言っちゃうのと同じような感じで、お前は内々の者か、と。

そんなホープ銘柄は、一部を除いて少し太めのレギュラーサイズという特徴的なシガレットと、かなり小振りな10本詰めパッケージとが特徴のブランド。

ブレンドとしては甘味の強い黄色種を主体に蜂蜜由来の香料を使用した「セミアメリカン」なるブレンドを採用しているらしく、こちらも巷では特徴的と謳われていたりなんだり。

ちなみに、既にメンソールを除くバリエーションはチャコールフィルターを採用していますが、このホープ(10)は一貫してプレーンフィルター仕様を採用し続けているのです。

ホープの枠を超えても古株な銘柄であり、未だに人気もラインナップの中では断トツなので、これからも安易に仕様などの変更はしないのでしょう。

下手に媚びると煩いからね、この手の煙草は。

Hope 10 Hope 10

Hope 10小振りで特殊な開閉方法のスライドボックスには、画像のように太く短めのシガレットが10本詰めになっています。

ところで、ホープって大好きな銘柄ではあるのですが、この銀紙って少し取り払いにくかったりで、中包装ごと、すっぽり抜けてしまうのですよね・・・。

Hope 10 Hope 10

通常の巻きのKSシガレットと比べると、長さこそは短いものの巻きは太めとなっていることが分かりますし、詰められた葉の色も他の多くのシガレットとは異なり明るい色の葉が目立つ感じ。

ちなみに、使われているフィルターはプレーンフィルターとなっていて、空気穴は特に見当たりませんでした。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、吸い方の次第で良くも悪くもなる、正に煙草らしい煙草と言った特性を感じさせてくれる仕上がりとなっています。

まず、シガレットの香りですが、何だか不思議な甘さの香りですね。

確かに、ねっとりとした突き刺さるような甘さには「蜂蜜らしさ」を覚える香りもするのですが、何だか酒っぽい香りもしますし、妙に草っぽい香りもしたりと、量感こそ控え目なながら何だか色々と賑やかな香り。

喫味の方は、中々に分かりにくいながら非常に奥深い味わいとなっているのです。

思っていたよりも誇張の無い甘味は決して分かりやすいものではないのですが、ゆっくりと丁寧に喫した時には小さくも存在感を確かに感じることが出来ます。

この間髪も無く立て続けに口を運んだときに感じやすい粘着質な甘味は、非常に独特な味わい。

口腔内を広げ気味に、ゆっくりと口と鼻から煙を吐き出すと、何とも言えない濃厚な甘味を体感することが出来るのです。

これには「なるほど蜂蜜由来の香料なのか」と言ったところ。

黄色種が主体というブレンドによる少し野暮ったく特徴的な甘さの味わいに、蜂蜜のような濃厚でシャープな甘さを添えて補完されているような印象。

ボディのベースには何とも野暮ったいものを感じるのですが、蜂蜜由来の香料が程好く指し色となって輪郭という華を添えているのです。

同じホープでも、他のバリエーションとは明らかに違うバランス感の味わいであり、これこそがホープのオリジナルな味わいなのでしょう。

また、短く太いシガレットにプレーンフィルターで高タールという仕様のわりにはシャープになりすぎない柔らかさを含む質感も、吸い疲れを程好く回避することが出来るため好印象。

もちろん、この点は丁寧に喫することが前提です。

総じて、丁寧に喫した時の粘着質ながら穏やかな独特の甘味が何とも言えない心地の好さを覚えさせてくれる煙草。

ライトバリエーションのように「如何様に吸っても良し」と言うわけではない気難しさは孕んでいますが、正しく達すれば応えるように本領を発揮してくれる良き煙草なのです。

何より、喫煙が後半に進むに従い広がりと豊かさを増す甘味は、同ブランドのバリエーションですら成せない他に代えがたい唯一の個性となっています。

何度も言うように、決して分かりやすい個性ではないのですが、正しく喫煙すれば必ず気が付くと言った様の味わいには、正に奥深さを感じる煙草なのでした。

より甘さに一辺倒な気持ちならスーパーライト、甘さ控え目に香ばしさにウェイトを据えたければライト、搦め手で青臭さと苦味によるギャップで甘さを際立たせたければメンソール、と少数精鋭なバリエーションも魅力的。

ただ、バリエーションの方の甘さは、蜂蜜と言うより糖蜜のような感じなので、このホープ(10)のような生々しさは欠く点には御留意を。


Tar14mg Nicotine1.1mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る