Hope Menthol を吸ってみた

Hope MentholInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

しれっと人知れずにラインナップされているホープのメンソールシガレット。

「ホープ・メンソール」を吸ってみた。

ショートホープことホープ(10)より長い間を空けて発売されたホープ・ライトよりも間を空けて発売されたホープのメンソールシガレット。

1957年に発売されたホープ(10)に対して、このメンソール版は2003年に愛知県にて限定発売後、一年のテスト販売を経た2004年に全国拡販と、経歴だけなら中々に新しい煙草な印象。

まぁ、今となっては全く新しい印象も無いけれど。

むしろ、然も古くからラインナップされているような面構え。

そんなホープ・メンソールは、少し太めのレギュラーサイズという短いシガレットと、小振りな10本詰めのパッケージが特徴的な見た目であるホープ銘柄の1つですね。

このサイズのメンソールシガレットというのは、かなり稀少な存在ではないでしょうか。

ちなみに、先に述べてしまうと、同時期に発売されたハイライトのメンソールと同様に、最近のメンソール時勢に置いていかれている感じは否めない「メンソール感は控え目」なメンソールシガレットとなっていますので、イマドキ・メンソールフリークは要注意。

Hope Menthol Hope Menthol

Hope Menthol小振りなスライド型パッケージに収められた10本のシガレットは、エコーなんかと同じように長さこそ短いながらも、太さは少し太めとなっているのです。

空気穴は小さなものが間隔を広めに一列で配され、メンソール製品ということでプレーンフィルターとなっています。

Hope Menthol Hope Menthol

ちなみに、このホープ・メンソールも画像のように、スーパーライトやライトと同じくクラフト調のパッケージデザインへ装いを改めていた時期がありました。

中々に素敵なデザインであったとは思うのですが、オリジナルのホープだけ仲間外れにしておくわけにもいかず、だからといってオリジナルのホープもクラフト調へとは叶わず、結局はオリジナル寄りに統一感を演出するために再び改められてしまった感じなのです。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、今時では単なるメンソールシガレットと言うに足らない感じのメンソールシガレットとなっているのです。

まず、シガレットの香りではメンソールの爽快感は殆ど感じられず、ほんのり甘い香りと青臭さに一辺倒なメンソールの香りとなっています。

この時点で、メンソールの加減は弱めであることを察しますね。

喫味の方は、どことなく「クレテック系」のメンソールシガレットに近いかも。

清涼感や爽快感には乏しいものの、独特で強めの甘味とメンソールの青臭さによるハーモニーが、何ともクレテック系メンソールシガレットと似たような喫味を挺しているのです。

清涼感は非常に控え目なのですが、単に清涼感が弱いというよりは、味わいが豊かなために清涼感が相殺されているような感じなので、弱めのメンソールなれど下手にメンソールが中途半端に味わいをスカスカにしていない点は非常に好印象。

かなり青臭さと甘味に傾倒したパワーバランスとなっていて、スースーする清涼感や刺激感が弱いために、非常に味わいが豊かなメンソールシガレットとなっているのです。

地味ながら、かなり高いポテンシャルにて仕上がっています。

何より、メンソールシガレットとなれどホープらしく甘味が心地の好い味わいで、メンソールが支配的になることもなく青臭さと少しの清涼感を添える良好な関係性。

メンソールの程度は弱いながらスカスカにならず豊かな味わい。

そんな二枚目なメンソールによる青臭さとのギャップで、もしかするとオリジナルのホープよりも甘さの際立つ煙草と思えるかも知れませんよ。

総じて、今時の多くのメンソールシガレットのようにメンソールの刺激感や付け足しフレーバーに依存することもなく「しっかりと味わえるメンソールシガレット」となっているので、中々に「ホープらしさ」が踏襲されていると思われます。

正に、ホープってメンソールを足しても美味いんだ、と言ったところ。

確かに、ブレンドによる甘味は決して分かりやすい味わいではないかも知れませんが、下手にフレーバーでビビッドな甘さを打ち出すより、私的には印象が良いですね。

この手のオリジナルの存在感が強い古株なブランドでは邪険にされがちなメンソール版ですが、確かにメンソールによりホープらしさは大なり小なりとスポイルされているものの、これはこれで個性的でありながら味わい深いメンソールシガレット。

私的には非常に気に入っているメンソールシガレットなのでした。

と言うか、蜂蜜とミントでしょ?

どちらも嗜好品の名脇役じゃありませんか。

合わないわけがない。


Tar8mg Nicotine0.6mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る