Lark Royal Blend 1mg 100’s Box を吸ってみた

Lark Royal Blend 1mg 100s Box

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 久し振りに「Tar1mgでも吸い応え」が売りのTar1mg。

 「ラーク・ロイヤル・ブレンド・1mg・100’s・ボックス」を吸ってみた。

 ラークにラインナップされている「Tar1mgだけどリッチな吸い応え」といったコンセプトの製品ですね。コンセプトを同じくとした製品といえば、同社ではフィルター部分に煙草葉を詰めて味わいを強化しているマールボロのフィルター・プラス・ワン(現フレーバー・ワン)が先発かも知れません。他社製品でもバーレー葉のブレンド比率を高めにして喫味にパンチを持たせたインパクト・ワンという銘柄がメビウスにラインナップされていたりと、ある程度に確立されたジャンルだったりします。

 ちなみに、このロイヤル・ブレンドは厳選した高級葉をブレンドし、フィルターに旨味を強調するためのテイストコードを搭載することでコクと深みのある味わいに仕上げているそうです。前者の「高級葉を云々」は定番の謳い文句なので置いておくとして、味わいを強化する糸をフィルターに搭載して吸い応えを高めるという手法は、過去にケントのHDというシリーズを彷彿させるのではないでしょうか。

 そう、あのケント迷走期も末期にリリースされた超短命シリーズです。

Lark Royal Blend 1mg 100s Box パッケージデザインはラークの新パッケージデザインを踏襲していて、シャンパンゴールドの色合いが高級感を覚えさせるパッケージなのです。Tar1mgだからということなのでしょうか、パッケージ形状はラークのTar1mgらしくラウンドボックスを採用していますね。雰囲気だけならクラシック・マイルドと相通じる素敵なデザインでしょう。

 また、フリップトップのTASTE CORDの表記部分に「LESS SMELL TECHNOLOGY」と記載されているのです、何か特別な低臭気仕様なのかも知れません。フィリップモリスも他社と同じように低臭気仕様を謳う銘柄は数種類ほどラインナップしていますから、具体的な内容としては文字だけでの判断が出来ませんね。

Lark Royal Blend 1mg 100s Box 中包装もパッケージと合わせてシャンパンゴールドカラーとなっているのです。 どちらかと言うとシルバーを多用するラークでは、このゴールドカラーは中々に珍しく新鮮な印象ですね。飲んメンソールのラインナップで共通となっている中包装紙の「PREMIUM QUALITY TOBACCOS」という表記でさえ、何だか凄みが増しているように思えます。

Lark Royal Blend 1mg 100s Box フィルターチップは現代らしく白色基調で、ロイヤルとは謳うものの懐古な雰囲気は全く感じられません。シンプルに仕上げられていながら、ゴールドとシルバーのラインが程良くアクセントですね。Tar1mg製品としては極めて珍しく、空気穴は中くらいの穴が1列のみの配置となっているのです。吸い応えを謳う銘柄であるだけにワクワクしてしまいます。

Lark Royal Blend 1mg 100s Box テイストコードのカラーはオレンジ色のような暖色系で、主にメンソール製品で多用される仕掛けであるだけに緑や青ではない糸は見た目も新鮮なのです。各社とも呼称は違えど、テイストコードのような仕様の製品をラインナップはしていますが、ノンメンソール製品では今でも珍しいと言える仕様ではないでしょうか。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、しれっと大きなアピールも無く売り出されましたが、謳い文句の通りに吸い応えが抜群の煙草なのです。

 まず、とても驚いた点は吸い応えです。シガレットの香りこそ取り立てて強いものではなく、並と感じるか、あるいは他よりも弱めと感じる程度の微香となっています。個性的な味わいのわりにはシガレットの香りが穏やかであるラークの傾向を、何となしに踏襲しているかのような感じですね。

 それが打って変わり、火を点けて一服を始めれば目を見張ることとなりました。まるでTar1mgの、それも100’sシガレットであるとは到底として思えないほどの非常に豊かな味わいと煙量が攻めてくるのです。このロイヤル・ブレンドは先までの通りTar1mg製品となっていますが、Tar6mgあたりのスーパーライトクラスを主喫している方でも満足できるのではないかと思うほどです。

 ちなみに、多くの方が「せいぜいTar3mg程度までだろ大げさだな」などと思うかも知れませんが、そこまで大げさな表現ではないと私的には思います。実際としては、この煙草を喫する直前までTar6mgであるパーラメント・ライトを喫煙していたのですが、そのタールクラスの差が障ることもなく試すことが出来ましたから。

 具体的なところだと、吸い応えが高いと一言で表現しても、それはメビウスのインパクト・ワンのようにアタック感がある喫味とは異なるキャラクターとなっています。どちらかと言えば、Tar1mgと言うには嘘だろうと思うほどの煙量が豊かな吸い応えを覚えさせてくれる感じです。パッケージや銘柄から感じる雰囲気とのギャップも無く、物腰の落ち着いた上品な味わいなのに充足感は非常に高めなのです。

 また、吸い込みが強くなりがちなTar1mgなので、それなりに少しの渋味を感じることはありますが、マールボロのフィルター・プラス・ワンのように嫌な味が極端に目立つということはありません。どことなく再現されたような胡散臭い味わいな気もしますが、本当にビックリするぐらいの勢いで豊富な煙量が攻めてくるので「Tar1mg=超薄味」という印象を覆してくれるのです。

 良いことか悪いことか、後味ですらガッツリと残りますからね。

 総じて、絶対にTar1mgで吸い応えはスポイルしたくないという無茶苦茶な方に是非とも勧めたい銘柄なのです。本当にTar1mgなのかと疑ってしまうほどですから。

 ちなみに、パッケージにLESS SMELLといった記載はありますが、特に臭いが少ないといった印象は無く、その点に関しては他の多くと同様だと思いました。

 ここまで書いて、ふと気づいたことが一点。ほとんどのTar1mg製品はニコチン値が0.1mgであるにも関わらず、この煙草はTar1mgなのにニコチン値が0.2mgなのです。このニコチン値が何か吸い応えに関係しているのかなと思いましたが、味わいにはニコチンらしい辛味は特に感じられませんし、何より煙量の豊富さが直接的に吸い応えを高めていると思うので、大した意味は無いのかな。

 吸い心地はスムースですが、ラークらしいモッサリな甘味は感じられません。ちょっと煙草臭さというか、癖のある味わいなので、その点を受け入れられれば間違いなくTar1mg製品ではトップクラスの製品なのです。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar1mg Nicotine0.2mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「PM Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る