Hope Hot Black を吸ってみた

Hope Hot BlackInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

日本初フィルターシガレットブランドのホープから期間限定味の第二弾。

「ホープ・ホットブラック」を吸ってみた。

ホープの期間限定味のサワーレッドとドライゴールドが記憶に新しい内に、第二弾として期間限定発売されたホープのホットブラック。

「ピリッと心地の良い喫味とスッキリ後味」がウリとなっているホープ・ホットブラックは「ほんのりとした甘味と豊かなコク」をウリとしているホープ・パッションイエローとコンビで発売されています。

愛嬌を振りまくようなパッションイエローとは対に、どこか情熱的な印象を受けるパッケージデザイン。

第一弾が「梅風味」と「生姜風味」の足並みを揃えたコンビだったのに対し、今回はギャップを意識したコンビとなっているのが特徴で、タール値もTar9mgのホットブラックとTar6mgのパッションイエローで、第一弾の時よりライト志向になっているのです。

今回は、特に何風味とは謳われていないのですが、まぁ、どちらも見た目で何となく風味を謳っている感じなのですかね。

ちなみに、第一弾と同様に「期間限定味」と謳われていますが、実際のところは「数量限定」といった内容で販売されている点は、第一弾の時と変わらない模様。

Hope Hot Black真っ黒な地の色に真っ赤な木彫を模したデザインなどが、ワイルドでエキゾチックな雰囲気を演出しています。

ジュラシックパークのような、クラッシュ・バンディクーのような、そんな印象を受ける配色のデザインが、ジャパニーズクラシカルなホープらしからぬ新鮮さ。

私的には、ND期のクラッシュ・バンディクーかな。

Hope Hot Black Hope Hot Black

ホープでは「遊び」に多用されるインナーパーツ部分に、今回はホープの特徴を説明した言葉が記載されています。

短いけれど太いから美味い、みたいな。

Hope Hot Blackいつもの小箱には短くて少し太いシガレットが10本詰めにされています。

内箱にレイアウトされたメッセージは第一弾と同じで、この煙草はTar9㎎ですが、シガレットの見た目はTar6mgのホープ・スーパーライトに準拠している様子。

空気穴は見た目では分かりづらい程度に設けられていて、フィルターにはチャコールフィルターが採用されています。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、香辛料の効いた東南アジアの甘辛い料理のようなシガレットの香りが非常に印象的なのです。

こんな匂いのする料理を作ったことあるような気がするのですが、はて、どんな料理だったのかが思い出せません・・・。

適当に香辛料を混ぜまくったラーメンスープだったかなぁ・・・。

とにかく、シガレットの香りとしては非常に珍しいという印象を受ける香りなのです。

シガレットというより「何かの料理」のような香り。

喫味の方は「ピリ辛」というカレーやキムチ鍋のような謳い文句なのですが、その実、かなりブワッと広がりのある「コク&ピリッと甘辛」みたいな喫味となっています。

煙量や味わいの豊かさに、ブワッと広がりを以って攻めてくるタイプなので、喫煙中の「ピリッとスパイシー感」は感じ難いのですが、確かに喫煙後は心地の良い「ピリッと感」が後味として残るのです。

お陰で、かなり色々と含んだブワッとしている喫味のわりに、ネッチョリはしていますが後味のキレは非常に良好。

逆に、喫煙中はボンワリとした広がりの強い甘さと、キレを全く感じさせないネットリとした辛味の個性的なハーモニーが良い意味で何とも言えません。

このテイストは、ホープというよりもセブンスターに近い気がして、以前に販売されていたセブンスターのブラックインパクトに粘り気をプラスしたような内容となっているのです。

セブンスターのブラックインパクトは好きだったけれど、どうもインパクトだけで味気がなかったんだよなぁ・・・、とか思っていた方には嬉しい味わいの煙草かも知れません。

特にシナモンらしさもコーヒーらしさも無いので語弊がある例えかも知れませんが、ピリピリする感じが出てきてしまう程にシナモンを足した濃厚ミルク系コーヒーのようなキャラクターとなっています。

軽快なのに吸い応え抜群、なぜなら、ねちょねちょ&ピリピリ。

アタックが強いというわけではないのですが、満遍なくガッツリとしている様は、コンプレッサーというよりはサスティナーのような感じなのです。

「これぞ日本たばこ」みたいな王道感を感じながらも、ばっちりと異国情緒を感じられるテイストは非常にクオリティが高いと言えるのではないでしょうか。

特に何も謳われていない紫煙の方は、ほんのりと甘い香りとなっていますが、これまた特に何の香りというものでもありません。

相方のパッションイエローの方が日中の南国的イメージであるのに対し、このホットブラックは、松明の炎を明かりに民族の踊りでも見ながら楽しむ南国のディナータイムのようなイメージの煙草となっているのです。

ということで、吸ってみると分かる、パッションイエローと同じく「パッケージデザインが説明書」のような煙草なのでした。

私的には、今のところの期間限定味の中では、最も好みのテイスト。

それと同時に、どうしても「甘辛い鶏肉料理」をイメージしてしまう煙草。

目を瞑って吸えば、間違いなく初喫の感想は「セブンスター」の系統。


Tar9mg Nicotine0.8mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る