MEVIUS Option Rich Plus 10 を吸ってみた

MEVIUS Option Rich Plus 10Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

ノンメンソール×フレーバーカプセルという新ジャンルはオプション・リッチプラスなるシリーズのトップタール。

「メビウス・オプション・リッチプラス・10」を吸ってみた。

ブルーベリーのようなフレーバーにレモンのようなフレーバーと、かなりフレーバーに振り切った超個性派でムーブメントを巻き起こすメビウスのオプションシリーズ。

その突拍子もないキャラクター性により一連のカプセルブームの火付け役ともなったシリーズであり、それは後にカプセルを使用したシガレットがメーカーを問わず桁違いに数を増やした現状からも察するに容易かと。

しかしながら、それらのフレーバーカプセルブームに倣ったカプセルシガレットは、何故か漏れ無く全てがメンソールシガレットであったわけです。

初期の「メンソール強化系」から始まり、後に続く「フレーバー追加系」や「メンソール切り換え系」などなど、詳細や意図は異なれど結局はメンソールシガレットの範疇でしたから。

そこでマンネリ化や転換期を迎えたのか、この「リッチプラス」なる新たなシリーズはカプセルによりスタンダードなメビウステイストへ「キャラメルマキアートのようなフレーバー」を付加するという「ノンメンソール&フレーバーカプセル」な新ジャンルとなっているのです。

もちろん、メビウスにおけるカプセル系なので銘柄には「オプション」と冠されてはいますが、メンソール製品ではないために「プレミアムメンソール」のラインではありません。

ノンメンソールのカプセルシガレットはリッチシリーズとして展開することを見据えていたりするのでしょうかね。

タールバリエーションもTar10mgに続いてTar6mgにTar1mgとプレミアムメンソールのラインナップとは異なりを見せ、メビウスのスタンダードラインナップを踏襲したバリエーション構成となっています。

まぁ、云々はさておき、出たとこ話題ばかりなオプションシリーズです。

中々に期待値は斜め上に突き抜けて高いのです。

MEVIUS Option Rich Plus 10 MEVIUS Option Rich Plus 10

MEVIUS Option Rich Plus 10初回のパッケージではビニール包装にて新製品である旨と製品特性がプリントにてアピールされています。

カプセル入りでありながらノンメンソールという新たな試みということで、パッケージデザインはノンメンソールのメビウスラインナップと非常に似ていますね。

製品特性的にベースは共有のプラスアルファがキモな製品と思われますので、特に買い間違えても困るようなことはないはずですが、自販機での購入はケントのシトリックメンソールと同じくらいミステイクを頻発しそうな予感。

MEVIUS Option Rich Plus 10 MEVIUS Option Rich Plus 10

カプセルに気が付かないと「普通にメビウス」という何も始まらない製品であるために、余念なくインサーターでも製品特性が説明されています。

また、従来のメビウスとは異なり内装はゴールドカラーで統一されていて、メビウスのテーマカラーであるブルーと相まって中々に宝飾のような深い高級感を演出しているのです。

MEVIUS Option Rich Plus 10フィルターチップもメビウスらしからぬ暖色系のデザインを配したホワイトカラーのものとなっています。

何だかリッチと言うには少し寂しい気もしますが、メビウスというキャラクターや需要を鑑みれば順当にして妥当なデザインなのかも知れません。

ちなみに、ここ最近のJTのカプセルシガレットと同様にカプセルはダイレクトな香りが楽しめる極口元側に配されていて、空気穴は小さめのものが間隔を広めに1列の配置。

もちろん、今回はカプセル入りながらノンメンソールということもあり、フィルターにはメビウスらしくチャコールフィルターが充てられています。

よくよく考えて見れば、フレーバーカプセルにチャコールフィルターという組み合わせもリッチプラスシリーズが初ではないでしょうか。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、従来のオプションシリーズの特性を覆すような印象が「むしろ印象的」な仕上がりの煙草となっているのです。

まず、シガレットの香りはスタンダードのメビウスと特に大きな違いは無いような印象で、この時点では特別にフレーバー感があるわけではないため、フレーバーはカプセル依存型。

とりあえず、まずはカプセルを潰さないで喫してみると、これは「カプセルを潰さないとスムース&マイルド」という通りに至ってスタンダードなメビウスらしい喫味。

ただし、比べると何となく淡白傾向な味わいに感じられ、メビウスらしい甘味に香りなどが少し抑えられたような喫味に感じられますが、それでも大きくは印象も異なりません。

カプセル無しでは喫味にもフレーバー感は全くありませんし、アリナシなら決してナシではないけれど、せっかくならカプセルを潰したい感じ。

そして、いまだに慣れない手つきながらカプセルを潰して喫してみると、これが驚くくらいにハッキリとした輪郭にてフレーバーがミックスされるのですが、量感としては少し控え目にも思えるあたりに従来のオプションシリーズとは異なりを感じる次第。

しかしながら、かなり印象へのインパクトは強烈ですけれど。

そのフレーバーも確かに案内の通りといった感じで、キャラメルマキアートのような「ロースト感に香ばしいキャラメル」といったフレーバーなのですが、Tar10mgというメビウスのベーステイストが濃い仕様であるためか極端に目立って感じられることはなく、至って調和性に富んだ量感にてフレーバーがミックスされるようです。

ただ、まぁ、キャラメルすげぇなという印象は強烈。

キャラメルのようなフレーバーに重きを置いてを楽しむにはTar1mgやTar6mgの方が断トツで分かりやすいバランスであるため、そのタールバリエーションのように「全体的にキャラメル」という華やかなリッチ感ではなく、このTar10mgは「それとなくキャラメル」な余裕あるリッチ感かな。

でもね、このTar10mgも十二分にキャラメルが強烈。

キャラメルフレーバーの再現度の非常に高く、焦がしのように輪郭をハッキリとさせる感じと相まって中々の「リッチ感」を覚えさせてくれますね。

また、フレーバーモノでありながら紫煙の香りはスタンダードなので、メビウスというブランドに求められるだろう扱いやすさが踏襲されているという点は良きところ。

総じて、ベースとなる喫味と質感にはメビウスらしさが確かに踏襲され、そこにキャラメルマキアートのようなオトナスイート感がシャープな質感にてミックスされてはいますが、このTar10mgでは量感は相対的に穏やか。

重点を「分かりやすさ」に置かれるフレーバーシガレットとしては非常に奥深さがあります。

今までの振り切り如実な支配系のオプションシリーズとは異なり、かなり「煙草らしい」と言った寄り添い系の新オプションなのです。

コーヒーなどの嗜好品との相性は言うまでもなく抜群に、ベースとなる部分がメビウスらしくスムース&マイルドなので、下手にリトルシガーなどとでドリンクを合わせるよりも格段に協調性は高いのです。

と言うか「一人二役」な煙草なので、あまりドリンクなんて必要としないのかも。

決して主張が強すぎない良き塩梅なフレーバーはメビウスらしい親しみやすさを覚えさせてくれますし、その甘い風味が不相応なシーンではカプセルを潰さないで喫すれば良いという協調性もありと、中々に優れたシガレット。

特徴的なキャラメルフレーバーには、メープル系リトルシガーとチョコレート系ドライシガーのようなテイストも同時に楽しめるという、とっても面白いシリーズ。

そう、ちょっとだけフレーバーシガー要素を盛り込んだ様が印象的なシリーズなのです。

いやはや、またオプションシリーズから新たな定番ジャンルが生まれると面白いですね。


Tar10mg Nicotine0.8mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る