MEVIUS Premium Menthol Option Red 8 を吸ってみた

MEVIUS Premium Menthol Option Red 8

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 メビウスのプレミアムメンソールはオプションの第三弾。

 「メビウス・プレミアム・メンソール・オプション・レッド・8」を吸ってみた。

 毎度のこと出たとこ勝負のように話題を集めるメビウスはオプションシリーズ。カプセルによるキテレツなフレーバーが特徴的なシリーズも、もはや定番化していますね。

 そんなオプションシリーズですが、直近で一旦はプレミアムメンソールシリーズを離れ、初のノンフレーバー&カプセルとして「リッチ」というシリーズがリリースされたことは記憶に新しいかと。今後は、そのジャンルに注力するのかと思わせておいて、まさかの新たなオプションはプレミアムメンソールよりリリースされました。

 プレミアムメンソールでのオプションシリーズも第三弾ということで、今回は「レッド」と称し「林檎」をキャラクターに満を持する登場です。シガレットのアップル系といえば、既にキスやアークローヤルにてリリースされているフレーバーではありますが、さて、どのような仕上がりにて攻めてくるのか、非常にワクワクですね。

MEVIUS Premium Menthol Option Red 8 MEVIUS Premium Menthol Option Red 8

 初めのベリー系フレーバーを採用した無印のオプションから、早くも第三弾とは。あのオプションを喫した時の衝撃は未だに超える銘柄も無いように思えます。他社も追従はしていますがイマイチであったり二番煎じであったりと、このジャンルでは未だにトップリーダーであるようなシリーズですよね。

MEVIUS Premium Menthol Option Red 8 相変わらず製品名やインサーターではカプセルについての具体的な内容は語られていませんね。メーカーは「フレッシュな香り」とアナウンスしているようで、インサーターでは「カプセルをつぶすと、みずみずしく紅く香る」とコピーが打たれているのです。この色だけだとリンゴかチェリーかストロベリーあたりを想定しますよね。

 ちなみに、メーカー曰く「無印オプションは華やかな香り」で「イエローはスッキリとした香り」であるとか。そこに、今回の「レッドはフレッシュな香り」が追加されたという構図。

MEVIUS Premium Menthol Option Red 8 先のオプションシリーズを踏襲したシンプルなフィルターチップですが、もはやワクワクしか覚えないデザインなのです。空気穴は小さめが1列で配され、日本たばこ製品らしくカプセルは極口元側に埋め込まれていますね。カプセル効果が最大限に発揮されるだろうので、私的にカプセルは当該の位置がベストに思えますね。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、プレミアムメンソールのオプションシリーズにしては意外にもバランスの良さを窺わせる、まとまりの良い仕上がりとなっているのです。

 まずはシガレットの香りですが、何だか黒糖のような濃い甘さが強い香りには思えます。しかしながら、特段に何かのフレーバーかと言われると、特に何も思い浮かばない香りではありますね。メンソールらしい清涼感や青臭さも強めに、わりとメンソールシガレットらしい香りといったところでしょう。

 この時点では、このレッドと銘打つオプションは得体の知れない謎な煙草といった感じかな。

 そして、とりあえず火は点けずにカプセルを潰して喫してみると、これはアレだ、確かに林檎だ。何回か吸うまで「?」といった感じだったのですが、途中でピンと来ました。これは飴玉のような感じです。それの林檎味。というか、林檎風味。

 火を点けて喫する喫味も、それに準じて林檎フレーバーなメンソールシガレットですね。ただし、何だか今までのプレミアムメンソールシリーズにしてはメンソール感は少し控え目であり、オプションシリーズにしてはフレーバーの分かりやすさも控え目な感じかな。全体的にバランス重視といったように穏やかな印象の味わいとなっていて、わりと香ばしい煙草感がプレミアムメンソールシリーズにしてもオプションシリーズにしても、ちょっと珍しいバランス感となっています。どちらかと言うと、オプションでもプレミアムメンソールと言うよりは、先のオプション・リッチのようなバランス感ではないでしょうか。

 この林檎なカプセルフレーバーは、あまり強いメンソール感とのマッチでは負けてしまうのかと、何だか勘繰ってしまう感じ。今までの破天荒なフレーバーバランスのオプションとは、まるで一線を画する仕上がりですね。フレーバーは支配的な要素ではなく、あくまで煙草らしいメンソールテイストにフレーバーが添えられているような味わいなのです。

 何だ、JT。ここに来て、ようやく丸くなったのか。みたいな。

 しかしながら、控え目にして林檎の風味は存在感も抜群で、非常に妙と言った仕上がりには魅せてくれます。林檎もといアップルという、これまた数も少ないニッチであったキャラクターを持ち合わせながら、それが分かりやすくも煙草感が豊かという、不思議なオプションですね。

 総じて、強メンソールに全力傾倒でもなければフレーバーが味わいを支配する味わいでもないというね。プレミアムメンソールにしては煙草感を豊かに個性的な林檎のフレーバーが添えられた仕上がりとなっています。何だか「逆に」と言ったように珍しさを覚えてしまう煙草なのです。

 シガレットでアップルというと、冒頭の通りキスのフレッシュアップルやアークローヤルのアップルミントなんかが既存の商品としてリリースされていますね。しかし、それらはベースとなる喫味も非常に甘く癖のあるものであるため、比べてオプション・レッドは親しみやすいアップルなシガレットとなっているのです。アップル系シガレットの中では抜群のバランスを持ち合わせる喫味となっていますので、既存のアップル系で度を超えるような印象を覚えていた方なんかも、是非とも邪見にせず試されたい煙草なのでした。

 取り分け、Tar8mgでは煙草らしさも豊かに感じられるため、フレーバー過多を避けたい方はTar8mgが宜しいかと。

 うん、やはりJTのカプセル系は落としどころが妙で優秀な仕上がりですね。

 ちなみに、カプセルを潰さないとフレーバー感は特に無く、ひんやりとした清涼感と苦味が目立つメンソールテイストとなります。決して悪くはないのですが、今回のレッドはカプセルのフレーバーも比べて穏やかですし、カプセルは常時使用が好ましいような気がします。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar8mg Nicotine0.5mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る