MEVIUS Premium Menthol Option Yellow 8 を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻「メビウス・プレミアムメンソール・オプション・イエロー・8」の喫煙感想

MEVIUS Premium Menthol Option Yellow 8


 どぎついフレーバーが特徴的なメビウスはオプションシリーズの新派生製品。紙巻「メビウス・プレミアムメンソール・オプション・イエロー・8」を吸ってみた。


 芳香剤のような、ブルーベリーのような、そんな強烈なフレーバーが衝撃的であったメビウスのオプションシリーズ。そのオプションシリーズへ新たに加えられた、イエローと謳うバリエーションのTar8mgなのです。

 パープルカラーを配色したスタンダードのオプションは「ブルーベリー」を彷彿させる中々に強烈なフレーバーでしたが、こちらのイエローは名の通りイエローカラーを配色し「柑橘系の果実」を彷彿させるフレーバーである様子。詰まるところ、それはレモンでしょうか。

 また、ピアニッシモのヴィヴと同じように、喫煙後の口腔に嫌な感じが残らないという特徴も謳われています。この点においてヴィヴは確かな検証結果が無かったのに対し、今回は確かな検証結果があるそうですね。

 先に述べておきますが、ヴィヴとは全く喫味が異なりますので、あしからず。

MEVIUS Premium Menthol Option Yellow 8


 パッケージ背面背面のプリントやインサーターでは「天然メンソールの新しい楽しみ方」と題して、カプセルで香りをチェンジさせることを提案しているのです。色味からしても、レモンやライムといった「柑橘系」を意識下に擦りこむような感じでしょうか。

 この仕様そのものは珍しいものではなくなりましたが、万人向けのメビウスブランドなのに破壊力の高いシリーズですよね、オプションシリーズって。



MEVIUS Premium Menthol Option Yellow 8


 インサーターでは「香りの新提案」と謳うものの、紫のオプションは撃沈するか虜となるかの二極様相な煙草でした。果たして、このイエローシリーズは如何に。

MEVIUS Premium Menthol Option Yellow 8


 カプセルイメージが爽やかなイエローカラーというだけで、こうも毒々しさが抜けるとは少し驚きですね。もちろん、パープルがイメージカラーのオプションと比べての話なのです。

 また、ご覧の通りカプセルは口元に近く配置されていて、カプセルの香気と空気のブレンド効率のためか空気穴も微妙な位置に配置されています。深く咥え込む方は、唇で空気穴を塞いでしまわないように注意した方が良さそうなのです。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、やはりオプションシリーズの名に恥じない「フレーバー系メンソールシガレット」に仕上げられていて、先に発売した元祖オプションと同様にメンソールシガレットというよりはフレーバードシガレットといったような仕上がりなのです。

 まず、カプセルを潰して火を点けずに吸ってみると、まるでC1000キャンディーを彷彿させる香気が口の中に広がりますね。概ねの喫味が想像することが出来るほどに、煙草としては中々に独特な香気なのです。

 火を点けて楽しむ喫味の方も、メンソールは強めの清涼感を与えることを主としているように感じられます。注意して味わえばメンソールシガレットらい青臭さなどを感じることも出来るのですが、ほとんど強烈な柑橘系フレーバーでマスキングされているバランスの味わいなのです。

 喫味においては、何よりもビタミンC系の嗜好品のような爽やかなフレーバーが猛プッシュされていますね。シリーズの中ではTar8mgというトップタールということもあり、やや苦味と青臭さは控え目な甘味よりも強いように感じますが、このパワーバランスは柑橘系のフレーバーの絶妙なアクセントとなっているのです。

 何と言うのか、果実というよりは「柑橘果実の皮」のような印象のフレーバーでもありますね。ピールごと食べる調理物の独特な苦味をアクセントとしているような感じとでも言えば良いのでしょうか。お陰様で、至極スッキリ路線のフレーバーでありながら味わいに少しのパンチもあります。

 ちなみに、少し強めの苦味に関しては、煙草やメンソールによるものというよりはフレーバーに由来するような苦味に感じますね。この苦味も強烈なフレーバーの支配下といった具合なのです。

 総じて、Tar8mgと煙量も十分に確保されているので充足感も高く仕上げられています。それでいてメンソールやフレーバーといった軽快な吸い心地のために働く要素が強烈に盛り込まれているのため、全く吸い疲れもありません。謳い文句の「後味」も、メンソールシガレットらしい苦味が多少は残るものの、喫煙後に口腔がモチャクチャする感じは確かに少なく、より吸いやすさに拍車を掛けています。

 喫煙後の口のモチャクチャが嫌なら、間違い無い煙草でしょう。

 オプションシリーズらしくブッ飛んだ仕上がりを見せながらも、爽やか路線を地で行く様は破壊力こそ控え目なので、いくらか万人向けと思えます。一度はオプションシリーズで撃沈した方も「オプションかぁ」と敬遠せず、是非とも味わっていただきたい煙草なのでした。

 あ、カプセルを潰さずに吸うと、何てこともない清涼感と苦味が強めのメンソールシガレットとなり、お口スッキリ効果やフレーバーテイストは得られません。カプセルを潰さないと製品特性を発揮させることが出来ないこともあり、2in1のような使い方は向かないように思います。

 また、吸いやすいからスパスパと吸ってしまいがちになると思われる煙草ですが、JT製品にしては珍しく、そのような野暮な吸い方だと火種が近づくにつれピリピリとした鋭い辛味が目立つので注意して下さいね。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar8mg Nicotine0.7mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る