Black Devil Ice Vanilla を吸ってみた

Black Devil Ice Vanilla

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 久し振りにブラックデビルへ新規追加されたバニラシリーズの煙草。

 「ブラックデビル・アイスバニラ」を吸ってみた。

 ブラックデビルは「Heupink & Bloemen Tabak」というオランダの煙草会社の銘柄で、最近はシャグの新製品こそ投入されていたものの、この煙草はシガレットのラインナップでは久し振りとなる新製品なのです。それが「アイスバニラ」と「カフェバニラ」と謳う煙草たちで、それぞれの銘柄名から察するように「バニラフレーバー」を基本としたシリーズのようなラインナップとなっています。

 煙草における「バニラフレーバー」というのは、わりとスタンダードなフレーバーなのですが、ココナッツやらローズやらと変わり種なフレーバーをラインナップしておきながら今になってバニラフレーバーというのは、何だかブラックデビルらしい愛嬌のように感じてしまいますね。しかも、単にバニラフレーバーと銘打つのではなく、これまた素性の掴みにくい「アイスバニラ」に「カフェバニラ」と来たもんですから。どちらも名称だけならイメージしやすい感じなのですが、何故かブラックデビルというだけでイメージが涌かないというのは、もはやブラックデビルのマジックなのです。

 ちなみに、このバニラシリーズが発売される少し前に、ブラックデビルは全ラインナップをTar10mgからTar8mgへタール数値を変更したのですが、この煙草も例に倣ってTar8mgという仕様で発売されました。全体的にボディをマイルドにして香り立ちを際立たせるような結果となるマイナーチェンジでしたね。

Black Devil Ice Vanilla パッケージデザインは他と同じように、大まかにはカラーリングが異なる程度となっています。しかし、ブラックデビルのラインナップでは非常に垢抜けた印象が強いカラーリングのパッケージですね。どこかレトロチックなポップアートをイメージさせるデザインが中々にキャッチーなデザインとなっているのです。

Black Devil Ice Vanilla Black Devil Ice Vanilla

Black Devil Ice Vanilla ほとんどの面に「BLACK DEVIL」の殴り書き風ロゴがレイアウトされているのは他のブラックデビルと同様ですね。中々に主張が激しい仕様なのですが、このアイスバニラではカラーリングの作用もあり、そこそこにポップな演出に一役を買っているのです。また、真面目にポイ捨て禁止のマークも印刷されています。

Black Devil Ice Vanilla 中包装紙も毎度おなじみな殴り書き風ロゴをデザインした銀紙となっています。このブラックデビルの中包装紙って、デザインなのか素材なのかは分かりませんが、妙に「意図的なチープ感」といった雰囲気を漂わせていますよね。ブラックデビルというキャラクター性なのか、全く違和感が無いというのも不思議ですけれど。

Black Devil Ice Vanilla 私だけではないだろう「パッケージみたいなパステルグリーンかなぁ~」という期待をよそに、シガレットはブラックデビルらしく真っ黒な装いでした。正直なところ「なんだよ、ピンクローズと同じ系統ではないのか」と。このパッケージカラーで真っ黒なシガレットというのは、非常にミスマッチな感じがしますね。

 ちなみに、仕様としては極小の空気穴が3列で、他のブラックデビルと同じようにプレーンフィルターが使用されているのですが、このアイスバニラはチョコレートと同様にシロップが付いた甘いフィルターチップとなっています。

喫煙の感想・味・香り

 まず、先に述べておくと、この煙草に興味のある方が一番に気にすることと言えば「どれくらいメンソールなのか」ということではないかと思われますが、それに関して端的に言えば「メンソールの添加を察する程度にメンソールらしい青臭さを含む喫味」なため、この煙草はメンソールシガレットであると言っても良いでしょう。しかし、その青臭さこそ適量と感じる程度に含まれてはいますが、スースーするような清涼感や刺激感は極めて控え目なので、一概にメンソールと言うには語弊があるかも知れません。

 このメンソールの程度は非常に微妙な加減なので、日頃からメンソールシガレットしか吸わないような方にとっては、まるでメンソールシガレットには思えないでしょう。また、あまりメンソールシガレットに親しみも無い方なんかにとっても、控え目ながらハッキリと感じる青臭さに違和感を覚えそうな気もします。何とも微妙な感じなのですが、正に隠し味のような様はメンソール云々で何と決めるような煙草ではないかなといった感じなのです。

 と言うか、メンソール云々よりも先にツッコミを入れるべき要素が多い上に目立つのです。

 ちなみに、フィルターチップに塗布された甘いシロップも、控え目な清涼感にマスキングされる感じなので、比べて程度は控え目な甘さに感じると思います。

 で、煙草の方ですが、シガレットの香りは安定のブラックデビル感というのか、ややメンソールの香りを含むものの、それ以上にココナッツの香りの芳香剤のようなゴッテリとした甘さの香りが目立ちますね。メンソールの香りによる少しのイレギュラーさはありますが、ブラックデビルらしい甘い香りを強めに感じることが出来るのです。ただ、バニラっぽい要素は甘い香りという他に殆ど感じることは出来ず、スペシャルフレーバーと大きな違いも感じないような香りではあります。それにより、やはりココナッツミルクフレーバーのブラックデビルがベースとなっているような気さえしますね。この香りは、とっても好き。

 喫味の方は、意外にも煙草らしい豊かなコクがありますね。それに負けんばかりに量感の豊かな優しい甘さのフレーバーがフワッと広がりも強く包み込んでくるような味わいで、何だか全ての要素が程度も大袈裟ながら非常に心地の良い喫味となっているのです。フンワリとした質感と味わいでありながら、メンソールによる青臭さが少々のアクセントとなり、少しだけリトルシガーのような硬質感を持つ芯の固さも感じられる味わいです。ただのユルいだけな味わいには成り下がらず、ボディに適度な締まりが感じられる点は好印象。

 Tar8mgのプレーンフィルター製品らしからぬ吸いやすさも、多くの日本人の嗜好性にとっては魅力的な要素でしょう。下手に有名な洋モクよりも、より日本人に向いている気さえする柔らかな質感なのです。

 柔らかでありながら決して薄さを感じさせない豊かな味わいには、ブラックデビルという一見のイメージから持つ偏見に反していて、見事に感服してしまいます。そういえばブラックデビルって意外と良い煙草だったな、とか再認識させてくれましたね。似たようなポジションでフレーバーシガレットを多くラインナップしている「アークローヤル」なんかは、シガレットでありながらリトルシガーに近い質感に傾倒している感じが少し日本人の嗜好性にはミスマッチな気もするので、比べても締まりがありながら硬質すぎない質感のブラックデビルには親しみも覚えやすいと思うのです。

 ちなみに、紫煙の香りもブラックデビルらしさ全開な甘い香りが強いために、周囲に許容の無い者しかいない状況では肩身の狭い思いをするだろう点も、ブラックデビルならでは。この香りは、キャスターとか旧フィリップモリスなんかと比べても、香りがコッテリと濃厚なために強く甘い香りが周囲を満たします。

 また、余韻にはメンソールの青臭さをと甘いバタートーストのような風味が穏やかながら強めに残り、その奥にシナモンのような甘味を感じる少し独特なものとなっています。更には唇に残る甘いシロップが味覚として甘味を呈するため、喫煙中よりも喫煙後の方がスイート感を覚えるかも知れません。

 総じて、メンソールによる少しの青臭さの加味したアクセント感と、それによる少しの軽快さを与えられたボディ感、これらがアイスバニラの特徴となっています。そして、やはりベースとなる味わいとしては姉妹品のカフェバニラと同じようなものとなっていますね。このバニラシリーズは、黒いパッケージのスペシャルフレーバーよりも質感に柔らかさがあり、バニラと謳うとこによるのか意外にもコクの際立つリッチな味わいが何とも心地の良い煙草です。

 チョコレートフレーバーは柔らかすぎて少し淡白に物足りなかったり、スペシャルフレーバーでは少しカッチリ気味な吸い心地に不満を覚えるようなら一先ずバニラシリーズを。そしてカフェバニラの味わいが好きだけれど少しアクセントに欠けると思ったらカフェバニラを、と言ったような感じですかね。

 ブラックデビルというブランドは強烈な看板により本質を捉えにくい感じですが、これらは各々の差異が意外と小さく、まるで一連のようなラインナップに思えるあたりは、子供だましのようで何気に面倒見の良い気さくなラインナップなのかも知れませんね。もちろん、ローズとゴールドは一連の外ですよ。

 何はともあれ、全く「アイス」な感じのしない、ブラックデビルらしく斜め上に良質な煙草なのでした。今は亡きキャスターのメンソールなんかが好きだった方は、アイスでバニラな煙草ということで試してみるのもアリかも。

 あまり似ていないけれどね。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar8mg Nicotine0.5mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「OTHER Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る